Making Destiny

富裕層マーケティング???

「お金持ちと付き合いたい」

コンサルティングの仕事をしていると
特に実績もないのに
こんなことを要求される方がいらっしゃる

「富裕層向けのサービスを作りたいんです」
「お金持ちの方と取引したいんです」

。。。絶句である。。。。
(もやは、絶望でもある。。。)

いやいや別にね。

富裕層向けのサービスを作ること自体が
悪いんじゃないんです。

ただこういうことをおっしゃる人って
10人中10人が

・富裕層はお金持ってるでしょ?
・だから単価を上げることができるでしょう?
・労働時間少なくても儲けるができるでしょう?

ていうスケベ根性を持っているの。
もうありありと見えてくるわけ。

言っておきますが
富裕層ほど頭が良くて
そんじょそこらの商品が売れないですよ

富裕層の方々には、年がら年中
お金を狙ってくるハエみたいなやつが
いっつもいるから、
人を見る目も鋭いですよ。

ビジネス経験がなくて
売り上げが全く立ってなくて。

そんな状態で富裕層の方々を対象にしたところで
本当にその商品売れるのか?

っていう当たり前の単純な問いに
気づけないことが本当に不思議である。

(そもそも会うことすらできていない
証拠でもある。。。)

、、、、、とまあ愚痴ったところでw
今日言いたかったことはね。

これは仕事に限ったことじゃなくて
プライベートでも当然そうなんだけど。

結果が欲しい、結果が欲しいばかりになって
「相手のことが見えていない」
という心理状態になると
最悪の結末しか訪れないよってこと。

どんな仕事をしててもそうなんだけれども
顧客目線を持てるかどうかというのが
本当に重要なことで。

(当然ではありますが、お金を出してくださるの
お客様であるわけで。
その人から信頼してもらわないと
お金なんて出してもらえるわけないので)

自分勝手な欲望まるだしで
うまくいくなんていうことは
まずもってないわけです。

(欲望を肯定して気持ちよくしてくれるのが
あの手のセミナーでもある。。。)

逆の立場になって考えてみよう。

例えば目の前にいる営業マンが
自分のことしか考えていなくて

「いかに金を持ってるお前から
その金を奪い取ってやろうか」

なんてことを考えていたら
そんな奴にお金を払いたいなんて思うだろうか?

当たり前のことなんだけれども
一歩立場が変わると
そんなことも見えなくなってしまうの
人間の弱点なわけで。

ただ逆に言うと好きなのは
相手の立場になって考えるってのは
どんな状況においても実行できる
「意識の問題」だっていうこと。

目の前にお客様がいる営業マンだって
顧客のことを考えられない人もいれば。

カスタマーサポートみたい
遠くにお客様がいるのに
しっかりと顧客目線でしゃべれる人の意味。

意識の問題なんだよ。

なかなかサービスが売れないってのは
運勢の問題じゃないんだよwww

ということを言うと
また怒られてしまいますが。。。

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. セミナーを開催しました
  3. あ、また1位になってる!

関連記事

  1. Making Destiny

    劣等感は悪くない

    自分は素晴らしい人間だ自分はこのままで価値があるこんなフレ…

  2. Making Destiny

    僕の小指と、不都合と。

    頚椎のヘルニアになってほぼ一年。僕の左手の小指は満足が行く…

  3. Making Destiny

    Garmin ForeAthlete 35J

    ついに買ってしまいました.GPSウォッチ!ジョギング生活を…

  4. Making Destiny

    事実を直視する

    運をつかむという言葉を使った時に、人それぞれ見えてる景色は全く違うと思…

  5. Making Destiny

    優れている ≠ 必要とされている

    前にも書いたかもしれませんが正直僕は・オリジナル・自分…

  6. Making Destiny

    テクニックを求めているうちは、恋愛の初心者

    以前、小説家の石田衣良さんがインターネット番組でこんなことをお…

  1. Making Destiny

    Intelligence活動
  2. 今日の占い

    今日の占い(2021年6月28日)
  3. Podcast

    【第268回】魂が次のステージに上がる前に起こること
  4. 今日の占い

    今日の占い(2021年6月16日)
  5. Podcast

    今日の運勢・占い(2021年3月24日)
PAGE TOP