For you

リア充の影

長年メルマガとかやっていると
本当にありがたいことなんですが
いろんなご返信をいただきます。

その中で、ここ最近(前からかな?)
本当によく思うことがあります。

それは

・自分は運が悪い

と思っている人が、本当に多いこと。

もうこれは、びっくりするほどいらっしゃいます。

・もっと輝きたいのにうまくいかない
・何故自分は苦労ばかりなのか

そうやって、自分の人生と運を嘆かれるんですね。

これって、やっぱりSNSをはじめとして
情報が入りすぎている証拠なんじゃないかと。

自分と向き合う時間が減って
否が応でも外の世界の情報が入ってくるので
それと自分を比べて

・ああ、なんて自分は惨めなんだろう

って思っちゃうんだと思うんですよね。

これ、自ら運を下げちゃう思考で
絶対にしてはいけないこと。

断言しますが、これをしちゃうと
どんどん運が下がります。

でもね。

仕方がないかなとも思うんです。

facebookひらけば
キラキラ輝いている人もうじゃうじゃいるい
本屋に行けば、自由にお金も困っていなさそうな人の本が
所狭しと並んでいます。

そんな人と自分を比べたら
惨めに思えちゃうのも仕方がないと思うんですね。

だから今日は、その魔力を
といちゃおうと思います(笑)

あなたは「リア充代行サービス」って
知っていますか?

簡単にいうと、SNSなどに
リア充(リアルが充実している)をアピールするために
お金を払って人を集めたり
演出をしてもらうサービスです。

これを使って、あたかも自分が
リア充であるかのように振る舞うんですね。

わかりますか?

あなたが羨ましいと思っている人の生活は
ただお金を払って、演出している偶像である
可能性も十分にあるんです。

それにね。

僕の周りにも残念ながらいますが(笑)

スピリチュアルカウンセラーとか
コンサルティングをやって
セミナーやるといつも人が集まり
綺麗な衣装を着てキラキラしている人
いますよね。

でもね。

まあ、事実なんで話すんですが
そういう人が経済的に成功しているって
限らないんです。

たとえセミナーに人が集まったとしても
集客のために広告費をバンバン使ったり
衣装代にお金を使うばかりに
まったく利益が出ていない人。

すごく多いんですよ。

たまり「高級レストランでランチしてます!」
なんて投稿している人もいますが
なんでそれができると思いますか?

実は、旦那さんのお金で生活しているから
なんです。

そう、自分で利益出していないんです!

自分は全く利益出さなくても
生活は旦那のお金でできてしまう。

だから、日本中、あちこち飛び回ったり
衣装代にお金を使うことができるんです。

でもね、そんな生活そう続くもんじゃありません。

当然のことながら、
旦那さんはそんな妻に不満を持ち始めます(笑)

だからいつしか、家庭環境がボロボロになったり
人によっては離婚に発展したり。

でも、今までの生活はやめられない。

だから、離婚を隠して
アパート暮らしをしながら
アルバイトをして、
それでも無理しながら、せっせとSNSで
リア充をアピールし続ける。

他にもいます。

仕事を取るため、写真を撮るために
いくつものコミュニティーに入って
その会費でいつまでも儲からない人。

外車の前で偉そうにポージングしているのに
その車が借り物で、自分は貯金ゼロの人。

ビーチサイドでシャンパンを傾けている写真を
投稿しているくせに、浮気が怖いお兄さんにバレて
いいように遊ばれている人。

仕事を取るために必死に枕営業を続けて
それなしでは仕事を回してもらえないから
いつまでも枕営業から抜け出せない美人。

儲かる儲かると嘘の情報を煽り続けて
全く会員から成功者がでず
ネットのあちこちに悪口を書かれている人。

そんな生活、あなたは本当に憧れますか?

SNSをはじめとして
表に出てくる情報は
その発信者にとって
都合のいいものしか出てきません。

都合の悪いものは表に出てこないんです。

そんな、上っ面ない情報に振り回されて

・自分はなんて運が悪いんだろう。。。

なんて落ち込むの、馬鹿馬鹿しくないですか?

もう一つ、爆弾を落としましょうか(笑)

数年前、僕も衝撃を受けたのですが
あるビジネス本で成功した出版社の社長が
飲み会の席でこんなことをおっしゃったんです。

「ビジネス本なんて、ファンタジーだから売れるんです」

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

嘘じゃないですよ?
出版社の社長が、こんなこと言っているんです。

本に書かれていることなんて
所詮ファンタジーなんだと。

ファンタジーですよ。夢物語です。

はっきり言っちゃうと嘘ってことです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

この出版社、今ではかなりメジャーになった出版社ですが
その社長ですら、ファンタジーを書かなきゃ
本は売れないってぶっちゃけちゃってるんです。

つまり、あなたが、羨ましがっている
あの著者も、みんなファンタジーである
可能性もあるんです。

いいですか?

今の日本は、超情報化社会です。

あなたが望まなくても
いろんな情報が飛んででます。

そして、キラキラした情報と自分を比べて
落ち込んでしまう気持ちもわかります。

でもね、闇の部分って
表には出てこないんです。

そんな闇の部分を見ないで
勝手に羨ましがって、自分の人生と比べて
落ち込むのって、そんじゃないですか?

ちなみにね、僕はこう言った
ファンタジーを本なりSNSで発信する人を
悪いとは思いません。

だってそれが仕事だもん。

そうやってお金を回して
せっせと税金払っているんです。

何もかも満たされた日本では
こうでもしないとお金が回らないことだって
僕は知っています。

だから、ファンタジーをばらまいている人
必死にリア充をアピールしている人を
悪いとは思いません。

みんな必死ですから。

僕が言いたいのは、そういう人の批判じゃなくて
そういう情報を真に受けて

・自分はこの人と比べてなんて運が悪いんだろう。。。

と、勝手に自分の運を落としても
何も良いことないですよってことなんです。

良いことないどころか、マイナスですよ。

情報に踊らされ
落ち込むのって、無駄じゃない?

って言いたいんですね。

まあ、人のことばかり書いても不公平なので
自分のことも書きますが。

僕もおかげさまで
人から羨ましいと思われることもあるし
トレバーさんみたいになりたいですって
言われることもありますよ。

事実、確かにサラリーマンやっているよりも
お金もありますし、旅行にも行けますし
ちょっとおしゃれなレストランで食事をする
なんてこともできます。

恥ずかしいから、僕はそんなこと
SNSにアップしないけどね(笑)

でも、現実は
毎日パソコンの前で
肩こりに悩まされながら、
長時間カタカタやっていますし。

スタッフを怒んなきゃいけないこともあるし
取引先に怒られることもあるし(笑)

日々、売り上げと経費のプレッシャーに苛まれているし
小さいことで落ち込んで、しゅんとしているんです(涙)

なにより、サラリーマンと違って明日の保証なんてないですから
時に恐怖心に襲われて、眠れなくなることだってあるんですよ。

そんなもんです。
別に、大したことないですよ。

リア充な人(そう見える人)と自分を比べて
落ち込むのはやめましょう。

そして、もし自分の人生を変えたいのであれば
情報に振り回されるんじゃなくて

・少しずつ正しい方向へ変化させていく
・運の上がる行動をとっていく

この二つに集中しましょう。

そうすれば、1年もすれば人生はかなり変わるはず。

陳腐な言葉ではありますが
やっぱり比べるのは他人ではなく
過去の自分です。

そう思えれば、人を見て落ち込んでいるなんて
バカバカしいと思えるはずですよ。

まずは、そこからです。

その上で、自分だけの、もっというと
^^^^^^^^^^^^^^^^^
自分の運勢にあった正しい努力をしていきましょう。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

それしかあなたの心を満たしてくれる
方法はありません。

ピックアップ記事

  1. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?
  2. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~
  3. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  4. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. For you

    人生を変える『自由力』

    『もっと、自分らしく生きたい』『収入も、仕事も、自分で決めたい…

  2. For you

    誰もどうしようもできないこと

    占い師として活動していて、目の前の方の開運のお手伝いをさせていただく一…

  3. For you

    大変より小変せよ

    「人生を大きく変えていきたい」現状に不満がある時って何かを…

  4. For you

    恋愛運を上げる簡単な方法

    『恋愛運を上げるコツを教えてください』『好きな人が振り向いてく…

  5. For you

    資格を取ると、貧乏になる!?

    『●●っていう、資格の勉強しています。これで将来うまくいきますか?』…

  6. For you

    必勝!バレンタイン大作戦!!

    皆さん、こんにちは、トレバー・ディフレーンです。もうすぐバレン…

  1. For you

    売れないのは、あなたの実力のせいじゃない!?
  2. For you

    結果の出せる土俵で戦う
  3. For you

    イライラから生まれた大発明
  4. Making Destiny

    意地悪な人の深層心理。感情的な人への対処法。
  5. For you

    大きい夢が叶わないワケ!?
PAGE TOP