Mail For You

焼肉屋さんでお米を食す(自由になるための絶対条件)

『経済的自由になりたいです』
『時間的自由になりたいです』

最近のビジネス本や
自己啓発本にはこのような
『自由』という言葉が
大変多く見られます。

また僕のところのご相談でも
この手の質問は大変多く頂きます。

でも正直なことを言うと

『今のまま自由になると大変だよ』
『今の状態だから自由になれないんだよ』

なんて思うことがしょっちゅうあります。

今日はそんなお話です。

いきなり話が飛ぶようですが
僕はお米が大好きです(笑)

新米のシーズンになると
毎年ウキウキしちゃうんです。

最近流行りのグルテンフリーでしたっけ?
そんなこと知ったこっちゃありません(笑)

お米が食べられないくらいだったら
デブでいた方がまだマシです(笑)

こんなこと言うと
頭がおかしな奴と思われるんですけどね。。。

でね。

先日、知り合い数人と
焼肉屋さんに行ったわけなんですが。

みんなが次々とお肉を注文する中
僕は堂々とこう言ったんです。

『ライスを一つください』

いつものことなんですが
これを言うと周りの人に
不思議そうな顔をされます。

『焼肉に来たんだから、肉を食べるべきでしょう?』
『ご飯でお腹いっぱいになったら、もったいなくない?』

何度こんなこと言われたでしょうか(笑)

でも冒頭にお話ししたように
僕はお米が大好きなんです。

たとえそれが焼肉屋であろうが
僕は真っ先にお米を食べます。

こんなことをすると変人に思われます。

『焼肉に来たからには、お肉を食べるべきでしょ』
って、みんな思っているわけです。

でも僕から言わせると

『だから人生に迷うんだよ^^;』

とも思うんです。

冷静に考えてみてください。

僕はお米が大好きなんです。

焼肉屋で好きなお米を食べる。
何を間違っているんでしょうか?

焼肉屋に行ったらからには
肉ばかり食べなきゃいけないなんて
誰が決めたんでしょうか。?

焼肉屋で大好きなお米を我慢するというのが
本当に損をしているということなんでしょうか?

同じお金を払うんだったら
自分が食べたいものを食べたくないですか?

もちろん、それが誰かの迷惑になるんだったら
僕だって多少は考えます。

だけど、僕が何を食べても
誰かに迷惑かけるわけではありません。

むしろ焼肉に行って
ご飯を食べたら、料金は安くなります。

割り勘するとなったら
同席者はお得じゃないですか(笑)?

みんながハッピーじゃないですかね?

なんでこんな話をするかと言うとね。

『焼肉屋に行ったら、肉を食べるべき』
っていうのは、ただの思い込みなんです。

『 た だ の 思 い 込 み 』

にもかかわらず、どういうわけか
『焼肉屋に行ったら、肉を食べなきゃいけない』
って多くの人が、自動的に思っちゃうのです。

もっと言うと
『焼肉屋に行ったら、肉を食べなきゃ損だ』
っていう、思い込みがあるんです。

本当の損が何なのか考えてみてください。

食べたいお米を我慢する方が
よっぽど損をしてると思いませんか?

好きなお米を我慢して
必要以上にお肉を食べる方が
よっぽど自分の気持ちに嘘をついていると
そうは思いませんか?

僕が言いたいことは、こういうことなのです。

『経済的自由になりたいです』
『時間的自由になりたいです』

自由って何でしょう?

まあ言ってしまえば
自分勝手にできるって言う事ですよね?

でもね。

食事一つ自由に選べない人が
どうして人生で自由になれるんでしょうか?

『焼肉屋に行ったら、お肉を食べるべき』

そう思ってる人は絶対にこうもを持っています。

『社会人は●●であるべき』
『父親は●●であるべき』
『母親は●●であるべき』』
『男性は●●であるべき』』
『女性は●●であるべき』
『仕事は●●であるべき』
『恋愛は●●であるべき』
『結婚相手は●●であるべき』
『収入は●●であるべき』 などなど

『べき』『べき』『べき』
この連続です。

自分の感情よりも『●●であるべき』
を優先してしまうのです。

そしていつしか
『●●であるべき』と自分の感情が
一致してしまう。

みんなが良いというものが
自分にとっても良いものになってしまう。

果たして、そんな人が
自由になれるでしょうか?

『●●であるべき』のほとんどは
常識か他人の意見の刷り込みです。
単なる思い込みなんです。

『自由である』と、『●●であるべき』は
全く正反対のものなのですよ。

にもかかわらず、『●●であるべき』という
思い込みに支配されている人が
どうして自由になれるんでしょうか?

そんなこと無理に決まっていますよね。

そして、それ以上に怖いことがあります。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

『●●であるべき』を
意思判断の基準にしている人は
自分で判断することができません。

だって今まで
『●●であるべき』っていう基準のもと
意思判断をしてきたわけですから。

そういう思考回路の方が
自由を手にしたらどうなるでしょうか?

『私どうしたらいいかわからない。。。。』
『なんだか未来が怖い。。。』

そんな風になっちゃうんです。

いいですか?

自由になる心のコンディショニングができていない人が
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
自由を手にしてしまうと、迷子になるんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ある意味不幸になっちゃうんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

だからこそ、あなたを守るために
潜在意識は自由にさせまいと作用しているのです!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

だからあなたは自由になれないんですね。

それにね。

『●●であるべき』という考えに
無意識に支配されている人は
チャンスをつかむのが下手くそなんです。

『●●をしたら誰かに迷惑をかけるんじゃないか』
『●●をしたら他人から変な目で見られるんじゃないか』

ほら。全て視点が自分じゃなくて外でしょ?

他人の目と自分の感情。

あなたはどっちを大切にしたいんですか?
どっちが自分らしい生き方と言えるでしょうか?

『経済的自由になりたいです』
『時間的自由になりたいです』

もし心の底からそう願うのであれば
まずは生活の中の一つ一つの選択を
自分の心に従って行動に移せるように
トレーニングをしましょうよ。

正直なかなか難しいですよ。
今まで『●●であるべき』に縛られて
生きて来られた方にとっては。

日頃から『●●であるべき』に支配されて
生活してきた方にとって
自分で選ぶというのがどれほど難しいことか。

でも、自由って自分で選ぶっていうことです。

食事ひとつとっても
自分で選択できないような人が
人生の大きな選択をできるわけがないのです。

つまり自由になって
幸せになれるわけがないのです。

もし本当に自由になりたいのであれば
まずはここから始めてみてください。

あなたは、無意識のうちに
『●●であるべき』を基準に生きていませんか?

『●●であるべき』という蓋が
あなたの感情を押し殺してはいないでしょうか。

この傾向が末期まで来てしまったら

『自分の好きなことがわからない』
『自分のやりたいことがわからない』

そんな風になってしまいます。

そんな時は占星術などを使って
自分の青写真を見るというのも良いでしょう。

でもそれと同じぐらい大事なことは
『日常で自分の好きなようにジャッジをする』
ということなのです。

ちなみになんですが。

僕の周りの経営者の皆さんは
そりゃまあみんな自由です(笑)

自分勝手と言ってもいいかもしれませんね。

でもね。

冷静に判断をしても
その人が誰かに迷惑をかけているということは
ほとんどないのです。

むしろそういう人にほど
人は集まってきます。

やっぱり人は
『自由に生きている人』
に憧れを持っているのでしょう。

そういう人を魅力的に感じるのでしょう。

自由に生きている人というのは
周りの人に元気を与えるものなのです。

もっと気楽にいきましょうよ(笑)

『●●であるべき』という概念から解放されないと
あなたは絶対に自由になんてなれません。

どんなに努力をしたとしても。
どんなにたくさん本を読んでも。
どんなに高額セミナーを受けても。

そんなことする前に
日常のひとつひとつの選択を
自分の思い通りに表現するのです。

全てはそこから始まります。

ピックアップ記事

  1. あ、また1位になってる!
  2. セミナーを開催しました
  3. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. Mail For You

    我慢のしすぎが運気を下げる

    『自分に厳しくなくちゃいけない』『この試練は、きっと神から与え…

  2. Mail For You

    とあるスターのホロスコープ

    私の使っている占星術は大変精度の高いものなので生まれた時間が正…

  3. Mail For You

    目標設定の秘密~その1~

    年初めですね!去年イケイケゴーゴーだった人も、去年散々だった人…

  4. Mail For You

    自分を満たすのも努力の一つ

    最近のセッションでは『もっとリラックスしましょう』『もっと自分…

  5. Mail For You

    嫌いと言って投げてしまうのはもったいない。

    この前久しぶりにテレビをつけたんです。学校の問題を題材としたク…

  1. Making Destiny

    まずはリズムから
  2. Making Destiny

    勝負服
  3. Podcast

    【第69回】アーティストとして食べていけるか?
  4. Podcast

    【第178回】デフォルトの状態が人生を変える
  5. Podcast

    【第226回】好きなことを仕事にするのは、本当に幸せなことか?
PAGE TOP