キャンセルに厳しい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月分もすでに詳細鑑定の
締め切りをさせていただきました。
いつも多くのお申込みありがとうございます。

最近は1日で締め切ってしまうことも多く
ご迷惑をおかけしていることもあるかと思います。

申し訳ございません。

そんなこともあって最近
メルマガでキャンセル禁止のこと
強く書いています。

なかには、
「ちょっと言葉がきつくないですか?」
とおっしゃられる方がいらっしゃいます。

確かにその通りだと思いますが
これには二つ理由があるのです。

一つ目は現実的なお客様に迷惑がかかること。
本当にお申し込みされたい方が
キャンセル前提の方が席を一つ埋めてしまうことに
現実問題としてお申し込みできない
ということが起こるのです。

これはサービスを提供する側として
しっかり告知をしなければいけません。

それともう一つ。
こっちも、ものすごく大事なのですが。

僕はこのサービスをやるにあたり
「自分を運の良い状態に保つ」
というのを一番重要なポイントにおいています。

というのも運勢というのは伝播するので
僕が良い状態でないと
クライアントさんにも良い影響を与えられないという
僕自身のスタンスとしての大前提があるのです。

でね。 こういうこと言うと怒られますが(笑)

はっきり言ってキャンセルをする方って
運が悪いんですよ。

なぜかと言うとね
自分の意思決定よりも
その他の要因の方が影響力が強い。

つまり、状況によって
振り回されるってのを自分で
証明しているようなものだからです。

もちろん、いろんな事情があることは
僕も分かっています。

だったら初めから
申し込まなければ良いのです。

申し込みをしないというのも
一つの意思決定となります。

これであれば問題はありません。

一番問題なのは
申し込みをするという意思決定をしながら
いろんな理由をつけてキャンセルするということ。

これはね言い方を変えると
「自分は周りに振り回される」
ていう自己暗示を入れてるようなもんなんです。

自己啓発が大好きな彼にとっては
アファメーションだとか瞑想だとかっていう言葉は
とても馴染み深いかと思いますが。

別にトランス状態に入れて
自己暗示することだけがアファメーションじゃないんです。

行動の一つ一つが
暗示となってあなたの人生に影響を与えているんです。

そんなことに気づいていない方が
あまりにも多いような気がします。

そんなに周りに振り回される
いろんな事情を言い訳にして
自分の意思決定を覆す。

そんなことしてたら運だって巡って来ないって(笑)

先ほどお伝えしたように
僕はクライアントさんのためにも
自分自身のコンディショニングを
必要以上に気を使っています。

社会不適合者と呼ばれるかもしれませんが(笑)
僕は運の悪い人とはお付き合いはしません。

ですからむやみにキャンセルをするような人と
お付き合いはしないようにしています。

自分の意思決定を覆して
自分の運を避けてしまうなんてことは
そろそろやめた方が良いのではないでしょうか。

おそらく僕の鑑定をキャンセルされる方は
いろんな理由をつけて
一つの約束を簡単にキャンセルされる方です。

仕事を言い訳にしてキャンセルをする。
お金を言い訳にしてキャンセルする。

言い訳なんていくらでも出てくるんです。
でも、そんな方に運が巡ってくる理由はありません。

繰り返しになりますが
いろんな事情があることはわかっています。

だったら、初めから人と約束をしないという
意思決定をしましょう。

運を良くするという観点から見ても
そっちの方が百倍マシです。

関連記事