Making Destiny

思いを込めすぎるな!

以前に歌手の方鑑定をしたことが
ありまして。

今はあまり表舞台には出てきていないのですが
ご相談いただいた当初は
結構テレビに出ていたように感じます。

その人とちょっとお話をしたことがありまして
その話は僕にもいろんな気づきを与えてくれました。

彼は、当時のプロデューサーから
よくこんなことを言われていたそうです。

「思いを込めすぎるな」

このプロデューサーがおっしゃるには
メロディーにしっかり思いが入ってるから
そこに歌い手の思いをプラスしてしまうと
厚かましくなってしまう。

聞いていて疲れてしまう。

だからお前は淡々と丁寧に
メロディをなぞることを考えなさい。

そう言われたそうなんですね。

このアドバイスをもとに
彼も歌うコツをつかんだそうで。

ヒットを出せるようになったのは
その後だったそうです。

僕は音楽的なことはよくわかりませんが
ヒット曲がなかなか出ない競争の激しい世界で
結果として彼はヒット曲を出しました。

そういう意味で
このプロデューサーがおっしゃったことは
ある意味正しいのかなと思います。

鑑定をしていて似たようなケースが
実はあります。

それは「感情過多」

これで、苦しんでいるケース
失敗してしまうケースというのは
本当によくあるのです。

特に恋愛に関してですね。

こんなにあなたのことを想っているの
どうして私に好意を向けてくれないの。

こんなに君のことを大切にしてるのに
どうしてそんなに自由奔放なんだ。

こんなに君のことを好きなのに
どうして俺のことを好きになってくれないんだ。

よくあるケースです。

でも冷静に考えてください。

自分がどれほどの思いを持っているかということと
相手がそれを受け入れてくれるかどうかというのは
全く別次元の話なのです。

そして、熱すぎる思いは
迷惑に感じられることもよくあるのです。

僕は決して人の感情や思いというのを
無視しろという風に
言ってるのではありません。

感情がなければロボットになります。
そんな人間、誰も求めてはくれません。

かといって思いが強すぎるというのも
よくないものなのです。

思いが強すぎる人というのは
必ずリターンを求めます。

そしてリターンがないことに
(これはある意味当然のことなのですが)
イライラし始めます。

どんなに美しく素晴らしいものも
過剰になると毒にもなるのです。

自分の思いを過剰に
相手に押し付けないこと。

運勢が良くても、
なかなかそれをつかめない人の
一つの特徴がここにあります。

ピックアップ記事

  1. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  2. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~
  3. Podcastで一位頂きました!
  4. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?

関連記事

  1. Making Destiny

    エネルギーを確保する

    「何でお前ってそんなに仕事遅いの?」「何でお前ってそんなに行動遅い…

  2. Making Destiny

    テクニックを求めているうちは、恋愛の初心者

    以前、小説家の石田衣良さんがインターネット番組でこんなことをお…

  3. Making Destiny

    My Notebook

    「おうし座水星は紙に書いて、頭を整理する」昔西洋占星術を先生に…

  4. Making Destiny

    プロのジレンマ

    優秀な自分の脳みそで判断するからいつまでも正解にたどり着けない。…

  5. Making Destiny

    教養に走っても意味がない

    「教養に走っても、、、」僕には大好きな予備校の先生がいらっしゃ…

  6. Making Destiny

    霊感を鍛えたい?

    「霊感がないくせに占いなんかやってお前は詐欺師だよね」…

  1. Making Destiny

    即断、即決、即実行、、、しない(笑)
  2. 2019年の運勢 九星気学

    2019年 一白水星の運勢を占いました
  3. For you

    たまには燃える恋だって
  4. For you

    運を巻き込む正しいスタンス
  5. 2019年の運勢 ソウルナンバー

    2019年 ソウルナンバー7の運勢を占いました
PAGE TOP