Making Destiny

思いを込めすぎるな!

以前に歌手の方鑑定をしたことが
ありまして。

今はあまり表舞台には出てきていないのですが
ご相談いただいた当初は
結構テレビに出ていたように感じます。

その人とちょっとお話をしたことがありまして
その話は僕にもいろんな気づきを与えてくれました。

彼は、当時のプロデューサーから
よくこんなことを言われていたそうです。

「思いを込めすぎるな」

このプロデューサーがおっしゃるには
メロディーにしっかり思いが入ってるから
そこに歌い手の思いをプラスしてしまうと
厚かましくなってしまう。

聞いていて疲れてしまう。

だからお前は淡々と丁寧に
メロディをなぞることを考えなさい。

そう言われたそうなんですね。

このアドバイスをもとに
彼も歌うコツをつかんだそうで。

ヒットを出せるようになったのは
その後だったそうです。

僕は音楽的なことはよくわかりませんが
ヒット曲がなかなか出ない競争の激しい世界で
結果として彼はヒット曲を出しました。

そういう意味で
このプロデューサーがおっしゃったことは
ある意味正しいのかなと思います。

鑑定をしていて似たようなケースが
実はあります。

それは「感情過多」

これで、苦しんでいるケース
失敗してしまうケースというのは
本当によくあるのです。

特に恋愛に関してですね。

こんなにあなたのことを想っているの
どうして私に好意を向けてくれないの。

こんなに君のことを大切にしてるのに
どうしてそんなに自由奔放なんだ。

こんなに君のことを好きなのに
どうして俺のことを好きになってくれないんだ。

よくあるケースです。

でも冷静に考えてください。

自分がどれほどの思いを持っているかということと
相手がそれを受け入れてくれるかどうかというのは
全く別次元の話なのです。

そして、熱すぎる思いは
迷惑に感じられることもよくあるのです。

僕は決して人の感情や思いというのを
無視しろという風に
言ってるのではありません。

感情がなければロボットになります。
そんな人間、誰も求めてはくれません。

かといって思いが強すぎるというのも
よくないものなのです。

思いが強すぎる人というのは
必ずリターンを求めます。

そしてリターンがないことに
(これはある意味当然のことなのですが)
イライラし始めます。

どんなに美しく素晴らしいものも
過剰になると毒にもなるのです。

自分の思いを過剰に
相手に押し付けないこと。

運勢が良くても、
なかなかそれをつかめない人の
一つの特徴がここにあります。

ピックアップ記事

  1. あ、また1位になってる!
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. セミナーを開催しました

関連記事

  1. Making Destiny

    実は別の問題

     最近またテストステロン社長の…

  2. Making Destiny

    見栄とプライドは違う

    【見栄とプライドは違う】そろそろ受験シーズンも佳境を迎えて…

  3. Making Destiny

    手を動かせば運が開ける

    10年ぐらい前に読んだ、村上春樹さんのエッセイに「手書きの頃は…

  4. Making Destiny

    Intelligence活動

    僕の本棚の上から2段目は特別な場所となっていて。僕にとって…

  5. Making Destiny

    0.1%確率を上げる

    あったかくなってきたから今日は海辺のレストランで打ち合わせをしよう…

  6. Making Destiny

    着れなくなったスーツ

    筋トレを始めて、胸板は厚くなるし、お尻も締まってくるし、いいこ…

  1. Making Destiny

    資格をたくさんとっても、仕事が取れないワケ
  2. Podcast

    【第248回】運力をパワーアップさせよう!
  3. Podcast

    【第57回】大切なあなたへ ~トレバーからのクリスマスメッセージ~
  4. Making Destiny

    華々しい世界は本当にあるの?
  5. Podcast

    【第163回】180点の取り方
PAGE TOP