Making Destiny

時間効率を上げる方法

最近ちょっと
仕事効率が落ちてきてしまいまして…

と言いますか。
やることが増えてしまって。

さてどうしようかなーという風に
思っていたわけです。

自分では効率よく仕事をしてるつもりでも
なかなかそれに気づいていないことがあります。

先日ある人の本を読んでいたら
時間を作るための最高の方法は
「コミュニケーションを遮断することだ」
という風に書かれていました。

現代は非常に
コミュニケーション過多な時代です。

メールもあれば
電話もあれば
LINEもあれば
Facebookもあれば
Twitterもあれば
インスタもあれば、、、

どんだけコミュニケーションツールがあるんだよw
っていう話なんです。

そして厄介なことが
これらって結構
気になっちゃうってことなんです。

自分の力で遮断しようと思っても
それは子供に
ゲームを我慢しなさいと言ってるようなもんで
結構難しい。

どうしようかなー、どうしようかなー。

そんなことを考えながら
夜ヨガをしていた時に
とても素晴らしいアイディアを思いつきました。

それは何かと言うと
「Macのアカウントをもう一つ作る」

僕はMacBookProを使っているのですが
ご存知の通りMacはアカウントを複数個作れます。

そしてその新しいアカウントには
Googleアカウントの紐付けない
Facebookアカウントを紐付けない
Twitterアカウントを紐付けない
インスタアカウントを紐付けない(やってないけどw)

そんな感じで
完全にコミュニケーションを遮断してしまうのです。

このアカウントで仕事をするのです。

まあびっくりw
どれだけ自分が無駄な時間を使っていたか。

本当に愕然とするほど
効率が上がったわけです。

時間がありません。忙しいんです。。。

現代人の口癖かもしれません。
確かにお勤めの方は
そもそも拘束時間がありますから
なかなかそうもいきませんよね。

でもね。

やっぱりコントロールできる部分は
たくさんあるんです。

たった一つアカウントを作るだけで
こんなにも効率が上がるんだったら
やった方がいいんじゃないですか?

僕の場合それなりにトレーニングをしてるので
「あーこれはどうしようかな?」
なんてぼんやり頭に投げかけておくと
結構な確率で答えが返ってきます。

いやいや別にチャネリングだとか
なんじゃらかんじゃらとか難しい話じゃないですw

トレーニングすれば
誰だってできるようになります。

だけどこういうすごく単純な
「時間効率を上げる方法」
すら思い浮かばなかったら・・・・

もっと抽象度の高い
「人生を豊かにする方法」
なんて思い浮かばはずないですよね。

もっと身近なところから
アプローチしましょう。

確かにテクニカルなやり方は
非常にセクシーでキャッチーかもしれませんが
その前にやんなきゃいけないこともあるんです。

以前お話ししたこともあるかと思います。

サブリミナル的にメッセージを送る方法を勉強しても
挨拶すらできなかったら全く無力なのです。

ピックアップ記事

  1. セミナーを開催しました
  2. あ、また1位になってる!
  3. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. Making Destiny

    言葉の影響力

    日頃浴びている言葉の影響力というのは、とんでもなく強いものがあってね。…

  2. Making Destiny

    運を改善する

    「何かいいことないかな」では運が巡ってこないことはもうすぐにご存知…

  3. Making Destiny

    損の定義

    人によって損の定義というのは随分違うんだなぁと思うわけ。もちろん…

  4. Making Destiny

    運が悪いんじゃなくて、不安を自ら煽ってるだけ

    手段と目的が混同するととても苦しい状況になってしまいます。…

  5. Making Destiny

    魂をコピーする

    詳細鑑定を始めライフコーチプログラムなどではいろん…

  6. Making Destiny

    本当に欲しいの?その願望???

    「あの人のような暮らしをしてみた、、、、」「仕事なんてしないで、毎…

  1. 2019年の運勢 ソウルナンバー

    2019年 ソウルナンバー1の運勢を占いました
  2. メルマガ

    売れないのは、あなたの実力のせいじゃない!?
  3. Making Destiny

    必要なものは人によって違う
  4. Making Destiny

    まずはリズムから
  5. Making Destiny

    あけましておめでとうございます
PAGE TOP