Talk to myself

100点をとる必要なんてまったくない

尊敬するコンサルタントの方がいて
その方のオーディオセミナーを聞いていたのですが
なるほどなと思うことがありまして

「僕は毎晩必ず、将来のビジネスに対する
新しいアクションを一つ以上はとるようにしている」

この「将来のビジネス」ってのはすごく大事で
これは日常生活でも言えることだと思うんですね。

僕みたいな人間は^^;

どうしても日々の忙しさに
てんやわんやしてしまって
将来に対する時間の使い方ができません.

こういう風になっちゃうと
波が過ぎ去った時に
「あれ?何も残ってないや。。。」
なんてことになってしまうんです。

だから1日のうちで
必ず「将来のためのアクション時間」
を取る必要が出てきます。

さて,
今日の本題はまだですw

「将来のためのアクション時間」

多分頭では分かると思うんです。
確かに将来の対して、時間を使わなきゃいけないと。

でも私にはそんな時間がないと。
そう反発されるのが普通ではないでしょうか

おっしゃる通り
現代人の大多数の人は時間がありません。

日々やらなくてはいけないことで
てんやわんやになってしまってるのです。

だからこそ覚えてもらいたいことがあります

「100点を取る必要なんて全くない」

何か新しいことを始めとした時
人はなぜか100点を取りに行きます.。
完璧にやらないと意味がないという風に
勘違いをしてしまうんですね。

これは大きな間違いです。

ゼロか百ではなくて
10点でも20点でも取りに行く

そういういい意味でのいい加減さだったり
ライトのモチベーションというのが
すごく重要になってくるんです。

ビジネスなんて言うのをやってるとね
皆ホームランを狙う理由なんですが。

現実問題野球と一緒で
細い人を積み重ねないと
なかなか大きい製菓ていられないんです

ビジネスに限ったことではありません。

ホームランは確かにセクシーです。
しかし、ホームランだけで
リーグチャンピオンになった例は
いまだかつてないのです。

細かく刻むということ
一見意味に思えるという小さいことですら
おろそかにするひとつひとつつなげることが
やがて大きな成果を生み出します。

こういう地味なことができる人が
僕は「使命」をつかめる人だと思うのです。

頭で考えすぎてはいけません。

足で考えるのです。
手で考えるのです。

そうすれば自然と心が反応してきます。

ピックアップ記事

  1. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  2. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?
  3. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~
  4. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. Talk to myself

    魂をコピーする

    詳細鑑定を始めライフコーチプログラムなどではいろん…

  2. Talk to myself

    iPad革命

    【 ipad革命 】今年僕の中に起きた大きな変化としてはお…

  3. Talk to myself

    めんどくさいこと

    なんで、お金にもならない無料鑑定を未だにやっているんですかって…

  4. Talk to myself

    デトロイトメタルシティ

    昔デトロイトメタルシティという映画がありまして。何年前だっ…

  5. Talk to myself

    必要なものは人によって違う

    予備校に通っていた当時尊敬していた先生がおっしゃっ…

  6. Talk to myself

    殺気がある人

    僕はすごく人に恵まれていて尊敬する人がいつもついてくれているのです…

  1. Talk to myself

    正しさなんてどうでもいい
  2. For you

    誤解で人間関係を壊す前に
  3. For you

    人生を好転させる3ステップ
  4. Podcast

    【第102回】結果が欲しけりゃ、哲学するな
  5. For you

    思考が現実化しないワケ
PAGE TOP