Making Destiny

頭のいい人ほど運が悪い!?

【 助けてもらえない人 】

もっと運を上げたいと
そういうご相談は連日いただくのですが。

皆さん当たり前だけれども
大切なことが、結構抜けてましてね。

今日はそんなお話です。

今年は、ワールドカップもあり
冬のオリンピックもあり
アスリートの方のインタビューを
聞く機会も多いと思うのですが。

あのてのテレビインタビューって
すごく抽象的な質問が
多いとは思いませんか?

「あなたにとってスケートとは何ですか?」

みたいなw?

まあこれはこれで
なんだか高尚のクエスチョンだし。

テレビ局がやってるって言うことは
視聴者の方はこの手の質問が好きな理由で。

ちゃんと理由があって
そういう質問をしているのは分かるんですが。

ここで気をつけなきゃいけないこと
あるわけです。

それは何かと言うと

「抽象的な質問というのは
具体的な解決策があるわけじゃない」

もっと思い切ったことを言うと

「抽象的な質問というのは
そもそも答えなんて存在しない」

ということなんです。

でね。

この手の質問というのは
趣味だとか、自分の心を満足させるとか。
そういう目的でやるんだったらいいんです。

でもね。

運をあげようだとか
周りの力を巻き込もうと思った時は。。。

逆効果にしかならないということを
絶対に忘れちゃいけないんです。

だってね。
答えがないんですよ。

仮にあなたの大切な人が
抽象的な質問をあなたに投げかけたとして
「私に答えを教えてよ」
何て言われても・・・

答えてあげられないですよね?
力になってあげられないですよね?

だってそもそも答えがないわけですからw
何をしてあげればいいのか、わからないのですから。

あなたはどんなに力になってあげたいと思ったとしても
うまくいかないですよね?

ここなんです。

答えのない質問を投げかけられても
サポートしてあげたくてもできないのです。

つまりあなたは
周りの力を巻き込むことができないのです。

すら運だって落ちますぜ。。。

世の中が冷たいんじゃないんです。
周りの人が自己中なんじゃないんです。

助けたくても助けられない環境を
自分自身が作っちゃってるのです。

ここに運の悪さが露呈します。

運を上げていきたいのであれば
周りの力を巻き込んで行きたいのであれば
人があなたをサポートできる
具体的な質問を投げかけてください。

これをせずに運があげたいというのは
はっきり言って怠慢です。

それぐらいの気遣いが出来なければ
誰もあなたのことを助けてくれません

ピックアップ記事

  1. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  2. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~
  3. Podcastで一位頂きました!
  4. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?

関連記事

  1. Making Destiny

    ないものねだり

    昨日非常に面白い話を聞きまして。きっと時代の流れだと思うん…

  2. Making Destiny

    ほんとの”オリジナリティ”

    ビジネススクールの面談も佳境を迎えてきました。僕自身にとっ…

  3. Making Destiny

    「誰でもできる」と「あなたしかできない」

    昨日のショーンホワイトのパフォーマンス。半端なかっ…

  4. Making Destiny

    資格をたくさんとっても、仕事が取れないワケ

    難しそうな資格をたくさんとって自分の優秀さを一生懸命アピールしてい…

  5. Making Destiny

    無駄が多いのは、信頼されていないから?

    最近よく思うのだけれど時間術とか、生産性アップとか色々…

  6. Making Destiny

    ひとりぼっちを恥じるなよ

    [ ひとりぼっちを恥じるなよ 僕は基本的にコミュニケーショ…

  1. Making Destiny

    ストレスは悪者か?
  2. For you

    フォーカスサイド(実践編)
  3. Making Destiny

    [悩める営業マン「こんな商品売りたくない、、、」
  4. For you

    水曜日から始まるカレンダー
  5. For you

    絶好調な時ほど危険信号!?
PAGE TOP