Making Destiny

その汗、百害あって一利なし!?

時間がないので単刀直入に言います。
間違った努力は百害あって一利なしなのです。。

先日、あるビジネス系のセミナーに
行ってきました。

参加者は約70名。

こんな時、僕はいつも別の目的を持って
セミナーに参加するのですが。。。

それは、参加者の中で
一番綺麗な女性を見つけて
その方の隣の席をゲットすること^^;

どうせセミナーを受講するなら
楽しく受講したいし、ワークも
おっさんより女性がいいでしょw

ということで、下心丸出しの僕は
受付時間を10分過ぎた頃を狙って
会場に入り、真っ先に
素敵な女性がいないか目を光らせました。

幸運なことに、、、いました!

中村アンそっくりの
とても素敵な女性が。。。

当然僕は、その方の隣に
座りたかったのですが。

現実はそう甘いわけなくw

別の男性が、がっちり席を確保していたので
仕方がなく僕は別の席に座りました。

しかしここでとても面白いことが起こりまして。

諦めて座った僕の席の隣に
見るからにボディメイクをされている
かっこいい男性が座ってきたのです。

お話を伺うと、見た目そのまんまw

その方はパーソナルトレーナーを
お仕事にされていました。

つまり、筋トレ専門家ですね。

大胸筋も上腕二頭筋も
盛り上がって、見るからにマッチョw

出るとこ出て、凹むところ凹んでる。
スーツがバチッと似合うような
絵に描いたような逆三角形。

いやー、ほんと見事なんです。
惚れ惚れするってのはこのことかと。

僕は、彼に話しかけました。

「いやー、かっこいいですね」
「ぶっちゃけ、モテるでしょ?」

すると、彼はこう答えました

「はい、バリバリモテますよ!」
「しかも、、、男性に(涙)」

。。。え?

最初僕は意味がわからなかったのですが
よくよく話を聞くと
こういうことだったのです。

筋肉を鍛えると確かに
ものすごくかっこいい。

しかし、それは男性特有の価値観だそうで。

女性に対してはどうかというと
必ずしも体を鍛え、かっこいい体を手にすると
モテるかというと、そう単純なことじゃないらしいのです。

もちろん女性の中にもマッチョが好きな方は
いらっしゃると思います。

しかし、彼曰く、
人数的にはそれほど多いものではなく
やはり圧倒的に、男にモテてしまうそうで。

「筋トレをすれば女性にモテると思ったんですけどね。。。」

「頑張れば頑張るほど、
僕の目的からは離れて行ってしまい。。。」

「おしゃれでも勉強すればよかったですかね^^;」

彼は笑いを誘うように、
そして、ちょっぴり悲しそうに
おっしゃっていました。

同じような失敗を、あなたは犯していないでしょうか?

例えば。

僕は以前家庭教師の会社で働いて居ましたが。

その際、こんなご相談を受けたことがあります。
中学2年生のお子様を持つお母様からのご相談です。

「うちの子は数学の点数が悪いんです」
「一生懸命勉強しているみたいなんですが。。。」

よくよく話を聞いて見ると、
そのお子様は、確かに数学の勉強を
一生懸命していました。

しかし、定理を覚えたり、公式を暗記したり。
つまり「数学」の勉強をしていたのです。

一見正しいように思いますよね。

しかし、彼のテストを確認して見ると
理解の乏しさで点数を落としているのではなく
単純な計算ミスで点数を落としているんです。

つまり、彼が勉強すべきは
「数学」ではなく「算数」。

彼がすべきだったことは
「公式の暗記」ではなく「計算力の強化」
だったのです。

そんなこともあり、彼担当の先生には
中学2年生にも関わらず
毎日15分は小学6年生の計算ドリルを
ひたすら解いてもらうよう指示をしました。

中学生に、小学生向けの
ドリルをやってもらうんでしょ。

そんなこと本当に勉強って言えるのって思いますよね。

しかし、結果は、、、
もうお分かりですよね?

学年トップまで成績が上がったのです。

努力や勉強というのは
正しく行うことによって初めて
結果がついてきます。

間違った努力というのは
百害あって一利なしなのです。

子供もそう。
大人もそう。

間違った勉強をしていないでしょうか?

まずは、今やっていることが本当に正しいことなのか
確認することから始めて見るべきかもしれませんね。

ピックアップ記事

  1. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?
  4. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~

関連記事

  1. Making Destiny

    とにかく走ろう

    3月頃から始めたジョギング。1時間ジョギングも楽になりカン…

  2. Making Destiny

    ピックアップアーティスト

    昨日は渋谷で昔からの友人と会っていたのですが。彼は若い頃…

  3. Making Destiny

    25:25:50

    これが常に頭に入れておかなきゃいけない黄金期です。そして、…

  4. Making Destiny

    My Notebook

    「おうし座水星は紙に書いて、頭を整理する」昔西洋占星術を先生に…

  5. Making Destiny

    それって仕事になってないでしょ?

    もう本当にそろそろ目を覚まそうぜよ。勉強ばっかしてても、仕事にはならん…

  6. Making Destiny

    ぼくの”メンター”の定義

    正直なところ、僕は今まで「メンター」たる存在を求めた記憶が、ほとん…

  1. Podcast

    【第138回】ファミレス方式は、イライラの元凶?
  2. Podcast

    【第89回】エネルギーが枯渇しないように
  3. Making Destiny

    エネルギー配分
  4. 頂いたご感想

    K様
  5. Making Destiny

    過信は捨てなくちゃ
PAGE TOP