For you

限界値のコントロール

仲の良いクライアントさんほど
ほとんど占いの話をしなくなる
変わった占い師のトレバーですw

ライフコーチングの方は
ほとんど個別に、
占いとは全然違う話をするし。

定期的に鑑定を申し込んでくださる方も

「占いとかは、もういいんで、
トレバーさんの意見を聞かせてください。」

何て言う、ちょっと変わった
ご依頼いただくこともw

しかも、一人や二人じゃないから
「僕の仕事っていうのは、こういうことなんだな」
って、思ったり。

あ、、、もちろん、、、

ちゃんと鑑定希望の方には
占いしますよ。

そこのところは、お間違いなく。。。

で。

これから、ちょっと旅に出る若者がいるので
メルマガを通じてメッセージを送ります。

彼は、何と!

大学一年生の時に
僕の鑑定受けてくださいまして。

それから何度となく
というか、半年に一度くらい?

定期的に鑑定を申し込んでくれて
僕のアドバイスを求めてくださる方です。

最初の頃は、自分に自信がないということで
そして大学生活が始まったものの
友達ができず、苦しんでいるということで。

どうしたらよいか?
というご相談でした。

彼とのやりとりも、冒頭の話のように
最初の頃は占いを使っていたのですが

いつの間にか、僕とのやり取りを気に入ってくれて。

定期的に僕の話が聞きたいということで
鑑定を申し込んでくれるようになったんです。

最初はすごく、しどろもどろした
そしてビクビクした印象の文章が
セッションを重ねるごとに、力強くなり

なんやかんやで大企業の内定をとってね。

本当、人っていうのは
変われるんだなぁと彼に教わった気がします。

でね。

内定も取り、後は卒論の準備というところなんだけれど
できれば大学の卒業前に
男としてもう一皮むけたい!
というね。。

なんだか意味のわからない
ご要望いただきましてね^^;

明日からだったかな?
彼はバンコクへ飛び立ちます。

なんと海外初体験ですw

しかも「一人で行って来い!」
と言ったので
僕のアドバイス通りであれば
一人で行ってると思います。

彼に限らず、若い人に関してはね
海外に行って来いっていうアドバイスは
よくするアドバイスなのです。

僕自身の経験を含め
また、クライアントさんの成長を見てきて
絶対的な方程式があるんです。

「未知 × ちょっとのヒント = 最強」

人間がどういう時に
一番力を発揮し、伸びるかっていうとね。

これは経験上なんですが
「先が見えない時」
何です。

意外でしょ?

でもこれ間違いないんです。

なぜかと言うとね。

先が見えない、、、
答えがない、、、
どうすればいいかわからない、、、
でも何かをしなくちゃいけない、、、

こういう時ってね、
むちゃくちゃ脳みそが動くんです。

脳みそがすごく活性化されて
「とにかく何とかしなくちゃ、、、」
って動き出す。

状況的に、動き出さざるを得ない状況にいるから
いやが応でも足が動く。

この感じが
すごく大事なんです。

はっきり言っちゃうとね。

社会に出ちゃうと、
答えのないことの方が
普通です。

パートやアルバイトならまだしも
起業家にならなくても
正社員であるならば

自分で考えて、自分で行動して
テストをしながら答えを作っていく。

家庭に入っても、次から次へとトラブルはやってくる。
ググっても答えは出てこない。

肝心なものほど
Googleで検索をしても
答えが出てこないじゃないですか。

だからね。

先のない森の中を
手探りで進まざるを得ない。

そういう環境に
【慣れておく】っていうのは
非常に重要なんです。

もう一度言いますね。

先のない森の中を
手探りで進まざるを得ない。

そういう環境に
【慣れておく】っていうのは
非常に重要なんです。

ただこれには注意が必要で。

ちょっとした工夫がないと
挫折してしまうのも確かなんです。

先の見えない環境に慣れなきゃいけない。

それは確かにそうなんだけれども
全く答えがヒントがないというのも
恐怖心が先行してしまって
足が止まるなんて言うことがあるわけです。

これは確かにちょっと
負荷が強すぎるということも言えますね。

だからこそなんです

「未知 × ちょっとのヒント = 最強」

この加減を上手に調整して
本人の危機対応本能を目覚めさせる。

それが、強い自分を作っていく。
結果の出せる自分を作っていく。

そういうことなのかなと
僕は思っているわけです。

まあぶっちゃけた話ね
知識的な話なんて
出てくる答えはみんないっしょですよ。

占いの世界に限って言えば
使っている技法や、経験などに差があっても
ちゃんとやっている占い師さんであれば
出てくる答えは同じなはずです。

いやいや、違かったらおかしい話でしょw?

だけど僕らのようなアドバイス業務は
答えを与える仕事じゃないんです。

それをやっちゃうと目の前の人が弱くなるから
余計苦しい状況に追い込まれてしまう。

そう、余計苦しくなっちゃって
ドツボにハマっちゃうんですよ。

だから、答えそのものをあげるんじゃなくて

「未知 × ちょっとのヒント = 最強」

この方程式のコントロールを調整してあげるのが
優秀なアドバイザーだと思うんですよね。

この按配が上手に好かれる人は
優秀なアドバイザーだと思うんですよね。

結果的に、クライアントが
一番化けるし、幸せになっていきますから。

話はそれました。

そんなこともあり、彼に対しては
海外に行けと言っておきました。

とはいえ、海外に行ったことがない彼は
何もかもわからないだろうから、比較的安全な

「バンコクに行っておいで」と
オススメを提示して。

おまけに優しい僕はw

・スワンナプームのタクシー乗り場と乗り方
(タイはメーター無視して、ボる運転手多いからね^^;)

・トンローの安全で、安くて、便の良いのホテル。

・初日の昼食のお店(多少日本人もいるお店)。

そのうえで、、、

「気合いを入れて、ソイカウボーイのCockatooに行ってこいd《´∀`●》ネ」

と、言っときましたwwww
(検索しなくていいですwww)

もちろん、優しい僕は

「むちゃくちゃ綺麗な人、たくさんいるけど
全員ついてるか、工事してるかのどっちかだから、
絶対手を出すなよ( ゚Д゚)ノ」

「チップせがまれるから、
100バーツを多めに持っておけよ。
1000バーツしかないっては、危険だぜ( ゚Д゚)ノ」

とも言っておきましたwww

なんて、いいひとだ!

きっとこれで彼は帰国したら
男友達の人気者だw

彼は、まだ若い男の子だから
これくらいやんちゃなことも
許容の範囲内になるけど、

要は、言いたいことはね、とにかく

「未知 × ちょっとのヒント = 最強」

これを意識すること。
これが一番伸びるから。

幸せになるための近道なんです。

未知数が全くないのもダメ。
かと言って、ヒントが全くないのもダメ。

この辺りがわかってないと
目の前の人を不幸にしてしまう可能性だってあるのです。

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?
  3. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  4. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~

関連記事

  1. For you

    苦悩に大小は存在しない

    東日本大震災が発生してから、かなりの月日が経ちました。原発問題…

  2. For you

    計画なんて立てるな!

    さて、2015年がスタートしました。今年は、なんと上海にディズ…

  3. For you

    運気が上がる『沸点』とは!?

    『いつまで頑張れば報われるんだろう。。。』そんな悩みは人生に常…

  4. For you

    わたしなんて、、

    実はこの動画を作りながら「こういう反応が来るかなぁ。。。」…

  1. Podcast

    【第116回】天職は危険?
  2. For you

    不安の取扱説明書
  3. For you

    自分自身を満たすのに罪悪感を感じます。。。
  4. Podcast

    【第151回】簡単なものほど難しい
  5. For you

    200m走から学ぶ開運法
PAGE TOP