Talk to myself

意地悪な人の深層心理。感情的な人への対処法。

人のストレスの中で
人間関係におけるストレスが
一番厄介だと思うのは
僕だけではないはずです。

幸いなことに
僕自身はそれほど
パワハラだったりモラハラだったり
モラハラいじめやいじわるをする人と
仕事をするなんて言うことは
ほとんどないのですが。

ただどうしてもそういう人と
仕事をしなくてはいけない時も
やっぱりありますよね。

こういう時は、ただひたすら耐えるのではなく
やっぱりなんでそういう人たちが
いじわるをするのか知ろうとする姿勢が
必要なのかなと思うんです。

相手だって人間です。
理由もなくイライラしたりだとか
人にぶち当たるなんてことはないと思うんですよ。

もしそうだとしたら
かなりの強者です。。。

なぜ人に意地悪をするのか。
そのことが理解できれば、一歩進んで
どういうふうに対応すればよいのか
見えてくると思うんです。

なので僕なりの
意地悪な人の心理や特徴を
そして適切な対応の仕方と付き合い方を
今日はお話ししたいと思います。

意地悪で攻撃的な人の特徴

意地悪な人というのは
世界の中心を自分だと捉えて
そして理性的ではなく感情的に行動をしているようです。

どちらかと言うと
自分を見失って不機嫌なことが多く
顔つきを見ても愛想が悪い人が多いです。

ただこういう人たちも本音では
人間関係が苦手だったりします。

ですから本当は心のどこかで
みんなと仲良くしたいと思っているもの。

ただしやはり引き寄せの法則なのか
意地悪な人というのは、
やっぱり意地悪な人と仲良くしてしまいます。

留守から集団で個人に意地悪なことをすることもあり
本人としてはその意地悪が正しい行為かのように
認識してしまうこともあります。

そして先ほどお話ししたように
愛想が悪いことがほとんどなので、
どうしても世の中を歪んで見てしまいます。

つまり人の人格を否定してしまったり
そのような態度や行動をとってしまいがち。

自分がされたら嫌な思いをするのに
そんなことは想像することもできません。

心が安定していないので
常にイライラしていたり。

ちょっとしたことでも
すぐに腹を立て切れてしまったり。

自分の失敗には甘い曲に
人の失敗をひどく攻撃したり
馬鹿にしてしまったり。

人は優しくないと不誠実さを攻撃する一方で
自分の至らなさは認めない。

また自分の話はたくさんするくせに
人の話を聞かないのも特徴です。

それから結構僕が見ていて思うのは
ゴシップが好きな人も意地悪な人には多いです。

反対意見だとか文句がとにかく大好きなんです。

とまあこんな感じであげればきりがないですが
意地悪な方というのはどうしても
攻撃的でネガティブな行動を取ってしまいますし。

そんな人があなたの近くにいたら
正直迷惑ですよね。

またこういう人たちほど
マイナスのエネルギー値が非常に高く
とてもしつこくパワフルに攻撃してくるので
ポジティブなエネルギーを持っている人ですら
引き込まれてしまいそうになるものです。

しかしそもそもなぜこんな行動を
とってしまうようになってしまうのでしょうか。

意地悪な人の深層心理。なぜあの人は意地悪なの?

ではそもそもなぜそういう人たちが
意地悪をしたりだとか自己中心的な行動を取り
意地悪をする感情を持ってしまうのでしょうか。

もちろん全てをひとくくりにすることはできませんが
僕が見てきた中で感じるのは
意地悪のモチベーションは「怒り」だということです。

自分の中にある
どうしようもない怒りを、
どんな形でもいいから吐き出したい。

或いはこの怒りが
ゆがんだ形のモチベーションになってしまっている。

それが意地悪となって
表現されているのです。

あなたの周りにもいませんか。

なぜかイライラしたりだとか
周りを振り回してしまう人が。

そういう人の行動の動機というのは
本人も気づいていないかもしれませんが
やっぱり怒りのように感じるのです。

でもそもそもその怒りという感情は
どういうところから沸き起こるものなのでしょうか。

そこに一歩踏み込むことができれば
そのような人たちの理解が深まり
また上手に対応することができそうです。

実は意外かもしれませんが
強い怒りを持っている人というのは
ある意味深く傷ついてきた人とも言えるのです。

過去に心に深く傷を負う出来事があったりだとか
長時間繰り返し傷つけられたりだとか

何とかしたいけどもどうしようもできない。

そんな辛い経験をずっとしてきた人。

ずっと傷ついて
どんどん傷口が深くなって言って
気がついたら中身がどんどん皮肉れてしまって
不満や怒りがたまっていく。

そうやってた待ってきたフラストレーションが
怒りとなって表に出てくるのです。

するとどうなるんでしょうか。

怒りの感情を行動に起こしてしまえば
やはりそれは望まの結果を産みます。

犯罪に走ってしまったり
暴力や虐待をしてしまったりだとか
非行に走るケースもあれば
いじめ、誹謗中傷に走る方もいらっしゃいます。

また怒りを他人や社会にぶつけると
人の攻撃ではなく
自分自身を傷つける結果を飲むこともあります。

自己中心的な行動や
身勝手な行動
出世や商品への執拗なまでの固執や
社会に対する批判を繰り返し
ゆがんだ正義感振りかざしてしまう。

もちろんこのような行動のすべてが
怒りをモチベーションにしているわけではありませんが
怒りという感情が背景にあると
このような行動が生まれやすいということは言えるので。

人に対して攻撃を繰り返してしまったり
しかし一方で自分は全く悪いとは思わない。

そのように考えてしまう方が
世の中にいるのは確かで、
その背景にはこのような感情が
潜んでいることが多いのです。

このようなタイプの方々は
自分が悪いとは絶対に思っていません。

そればかりか悪いのは
周りの人間や世の中だと思っています。

なぜならばこのような感情を持つようになったのは
自分自身が深く傷つき
心にダメージを受けた経験から来る
不満や寂しさや憤りからくる
人間不信が原因だということも言えるからです。

強い怒りを持っている人は
そもそも心の根っこに人間不信があるため
他人の心の中も自分と同じように
非常に複雑で、また怒りに満ちていて
そもそも信用できるものではないとは思っています。

目の前にいる相手は出来事に怒っているようで
実は心の中で怒りの衝動が沸き立っているような
状態になっているのです

一つの怒りがさらなる怒りを生み出してしまう。

この悪いスパイラルに入ってしまうと
どんどんどんどん自分も他人も
傷つけるような人になってしまいます

子供(学校)のいじめと大人(職場)のいじめ

占星術のリーディングをしていると
お子様のご相談を受けることも結構あります。

それは被害者の方のみならず
子供が他人をいじめてしまうという
ご相談も実はあるのです。

この場合原因を追求していくと
実はイジメッ子がなぜいじめをするかというと
やはり心に傷を負っているケースが多いのです。

傷ついた心の原因というのは
子供によって全く違います。

家庭環境の中が不調和に満ちていて
それが故に傷ついてしまったのか。

もしくは突発的な事故や事件に巻き込まれて
何らかのトラウマを持ってしまったのか。

もちろん学校内の生活の中で
心に傷を負うケースもあります。

原因は何であるこのような心の傷を持つことによって
子供の心が荒れてしまい
結果としていじめという問題行動を起こしている。

そのようなケースが非常に多いのです。

もちろんいじめという行為そのものは絶対に
許されるものではありません。

いじめを容認するということは
誰にもできないことのはずです。

しかし一方でいじめっ子を見つめた時に
しっかりその子の心のケアをしてあげて
いじめという問題行動を起こさなくなるような
優しい対応の仕方を周りの大人がしてあげることも
非常に重要なケースが多いのです。

特に子供の心の傷というのは
ケアのタイミングが遅くなるが遅くなるほど
修復がこんなになるケースがほとんどです。

つまり子供の頃におったトラウマを
大人になっても解決されずにいた場合。

犯罪者事件になるまで発展するかとか
被害者の立場になってしまう可能性もあるので。

またそこまで極端にならずとも
職場内でいじめの原因を作ってしまったり
組織の中の問題児としてなかなか
周りの人とコミュニケーションを取れなかったり。

このようなケースを産む可能性が
非常に高まってくるということが言えるのです。

「適切な指導や注意」と「パワハラ」との違い

あなたがもし職場で
上司や先輩の立場になった場合。

しっかり部下や後輩を
指導しなくてはなりません。

しかしこれも行き過ぎると
パワハラだという風に捉えられることも
時としてはあります。

指導とパワハラの境目には
どういった違いがあるのでしょうか。

そもそも指導するということは
その人の誤った行動や問題の行動に対して
改善を指摘する行為だという風に言えます。

つまり感情的ではなく
具体的に伝えるべきことですし
ただ怒りをぶつけて叱りつけるのではなく
改善案を伝えることが非常に重要です。

一方パワハラというのは
アルスの人格否定とも言えます。

非常に感情的で反応的になり
また抽象的に相手を攻撃してしまいます

「お前はダメなんだ」とか
「どうしてこんなこともできないんだ」など

非常に抽象的に人格否定をするのが
パワハラの一つの特徴です。

つまり抽象的ではなく
上司や先輩の立場からしっかりと
具体案を提示してあげる。

本当はどういう風にすれば良いのか
理性的に伝えてあげる。

これがパワハラではなく指導ということが
言えるわけです。

また感情的なパワハラと違って
指導や注意というのは具体的かつ
簡潔に伝えるべきことということも言えます。

出来る限り感情的要素を排除し
理性的で具体的に、そして簡潔に伝えるということが
正しい指導法ということが言えるわけです。

攻撃をしてくる意地悪な人への対応の仕方と付き合い方

では非常に感情的で
攻撃をしてくるようなタイプの人には
つまり意地悪な人には
どのように対応すれば良いのでしょうか。

一番適切なのは
相手を変えようとせずに
出来る限り関わらないことです。
上手に距離を設けることです。

相手を変えようだとか
必要以上に関わることは
望ましい結果を得ることができません。

意地悪な人から好かれようだとか
何とか改善をして行こうという風に思っていても
まずは一旦距離を置くことの方が
一番良い結果を産みやすいのです。

つまり意地悪な人からは
嫌われて相手にされないぐらいが
ちょうど良いポジショニングということが言えるので。

しかし大人の世界では
そうも言ってられないこともありますよね。

どうしても嫌な人と付き合わなければならないことも
たくさんあることは百も承知です。

その場合は出来る限り
事務的な付き合いをするよう心がけてみてください。

最小限のやり取りを
簡潔に理性的にそして事務的に行う。

どうしても人を攻撃したりいじめたりする人は
平気で無神経なことを相手に伝えてたり
人を傷つけたりしてしまいます。

ですから適切な距離感を持って
深く関わらないことがそもそも重要なのです。

人間不信の心理を持っている人と
なんとか仲良くしようと優しい気持ちを持っても
プロのカウンセラーでない限り
なかなか望まない結果を生むことがほとんどです。

そういう意味でそもそも
誰とでも仲良くしましょうという考え方は
ちょっと無理があるとも言えますね。

攻撃的な人というのは
どうしてもいらっしゃるわけですから
そういう人とは深く関わらない方が
正解ということが言えるのです。

一人で悩まないで

意地悪な人と職場が一緒になる。
意地悪な人とどうしても付き合わなければならない。

こういった状況に陥ってしまうと
どうしても一人で落ち込みやすくなってしまいます。

特に日本人は真面目な方が多いので
どうしようもできない自分のことを
責めてしまうケースも多いのです。

しかしそんな時は是非
一人で悩まないで
信頼できる人や機関に相談してみてください。

もちろん今回こちらの記事で伝えたように
意地悪な人に理性的で事務的に付き合うということも
できなくはありません。

しかしそれは
なかなか難しいことも事実。

そして周りにいる人が
余計なストレスを抱えてしまうことも
ある意味事実なのです。

自分一人で対応が難しい時は
是非専門家に相談してみてください。

何らかのヒントを
与えてくれて少しでも心が軽くなれば
それは良いことなのです。

期間限定・無料鑑定のお知らせ

現在、期間限定キャンペーンにつき、無料鑑定を受け付けております。

ご希望の場合は、以下のリンクよりお申し込みください。

なお、こちらは期間限定でのキャンペーンとなります。

予告無く終了することがございますのであらかじめご了承ください。

期間限定・無料鑑定はこちらから

ピックアップ記事

  1. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  4. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~

関連記事

  1. Talk to myself

    匂い

    コーヒーメーカーが我が家にやってきてから僕が毎日コーヒーを入れるの…

  2. Talk to myself

    欲望ってのは、大事なガソリン

    僕の印象というのは人によってだいぶ違うようで。ある人には…

  3. Talk to myself

    小さくても喜べる人が運がいい

    知らない人も多いかもしれませんが。実はうちの会社で今年から…

  4. Talk to myself

    勇気を失ったら、 生きている値打ちがない。

    昨日、僕としては珍しく高校時代の友人達と晩御飯を一…

  5. Talk to myself

    正しいかどうかは、目的じゃない

    そんなふうにガチガチに定義しても何も得られるものはないよ、ってな話…

  6. Talk to myself

    何をやってもうまくいかない時の対処法

    やたらめったらうまくいかない時。なんだか運に見放されたなあだと…

  1. Podcast

    【第143回】金運が劇的に下がるインテリア!?
  2. For you

    ダメ人間にならなきゃ、開運できない!?
  3. For you

    『ぼん、きゅっ、ぼん』で上手くいく!?
  4. いて座

    2019年の運勢 星座別

    2019年いて座(射手座)の運勢を占いました
  5. Talk to myself

    【第109回】器用貧乏って悪いこと?
PAGE TOP