Making Destiny

地図を作った人

昨日はご招待をいただきまして
青山のおしゃれなレストランで
お食事をさせていただいたんですが。

本当今の時代は
とても便利になりましたよね。

何が便利になったかって。

スマホに住所を入力すれば
勝手にナビをしてくれるわけですから。

これはもう本当に
革命的なことだと思うんです。

あの、青山の細かい裏路地なんて
スマホなしじゃ絶対に
お店にたどり着きません。。。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが
僕は、もともと飛び込みの
営業マンをやってたわけで。

その後独立してからも
その仕事では食べて行くことができず
家庭教師の営業マンをやっていたわけで。

どちらの仕事にしても
当時は紙の地図を持って

「あれ?こっちか???」
「いや?こっちか???」

なんてことをしながら
思いっきり遅刻をしてしまったり(笑)

そんなことが懐かしいくらい
いま本当に便利になりました。

なんやかんや
地図とにらめっこすることが多かった僕は
その都度思うんです

「こんな細い道まで記して
地図を作った人はほんとすごいな」と。

やっぱり地図を使う人よりも
地図を作った人の方がすごいなーって。

どんな小道も見逃すことなく
しっかりそれを記してしてるわけでしょ?

それを作った労力を
とんでもないものと思うんです。

ただ同時にね。

それを作り上げたことによって
ゲスい話ではありますが
結構儲かったんじゃないかと(笑)

だって地図のない世界なんて
想像できないじゃないですか。

スマホにはアプリとして
常駐されているわけですし

一番最初の地図を作り上げた人は
ものすごい莫大な利益を
得たんじゃないかなって。

僕らもこうありたいですよね。

作り手が一番良い。
ユーザーじゃなくて。

でもそれは非常にめんどくさく
非常に労力がかかるもの。

だからこそ多くの人は
そのめんどくささに耐えきれず
出来上がった地図を手に取るわけですが。

その時点でもう完全に
作り手の手の上で転がされているようなもの。

特に僕はインターネット業界にいるから
後発組というのが
どれぐらいビハインドを負っているか
痛いくらいにわかるのです。

もうね。

世の中に出回ってるノウハウだとか
すでにマスコミが取り上げている流行なんて
先行者が圧倒的にリードしてるから
絶対に追いつかないんですよ。

それに、旨味もほとんどないんです。

楽チンなことを選ぶから
結局、損をしてしまう。

地図を作る人になりましょう。

それは確かに骨の折れる作業かもしれないし
答えのないところに道を作るというのは
失敗も多いかもしれないけれど。

それが実は一番美味しいのです^^;

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. セミナーを開催しました

関連記事

  1. Making Destiny

    カルボナーラ開運法?

    週に2回は、僕が料理担当になっておりまして。昨日は、カ…

  2. Making Destiny

    才能が開花しない1番の原因

    最近才能ってやつにほとんど興味が持てなくなったのはね。…

  3. Making Destiny

    開運法はひとつでいい

    【 開運法はひとつでいい 】以前にも最近はあまり占いの教室…

  4. Making Destiny

    テクニックを求めているうちは、恋愛の初心者

    以前、小説家の石田衣良さんがインターネット番組でこんなことをお…

  5. Making Destiny

    名刺入れをなくしてしまった。。。

    残念なことに名刺入れをなくしてしまった。。。ものには執着が…

  6. Making Destiny

    事実を直視する

    運をつかむという言葉を使った時に、人それぞれ見えてる景色は全く違うと思…

  1. Mail For You

    お墓参り その前に
  2. 頂いたご感想

    M様
  3. さそり座

    2020年の運勢 星座別

    2020年やぎ座(山羊座)の運勢を占いました
  4. Making Destiny

    溜め込むとダイナマイトになる?
  5. Making Destiny

    悪い癖は自分では気づかない
PAGE TOP