Making Destiny

現実を拒否すると、成長も変化もできない。

[ 現実を拒否すると、成長も変化もできない。 ]

以前広告関係の人がねこんなことをおっしゃっておられまして。

「基本的に大衆は、間違っている」
「正しさを正当化するな」と。

世の中アホで馬鹿げているようなプロモーションがそこら中に転がっていますが。

なんでこんなくらだないものががなくならないかと言うと、それを求めている人がいるからなんです。

ぶっちゃけた話。宝くじが当たる方法なんてものを必死こいて探すことなんて、時間の無駄だし、生産性のかけらもないとわかっているのに

「もしかしたら当たるかもしれないかな、、、」

何ていう淡い幻想をを消すことができないから、毎晩怪しい呪文を晩唱える、何ていうものにお金を払ったりする。

いやいや別にいいんです。本人がそれで喜んでいれば。
いやいや別にいいんです。本人がそれで納得できるのであれば。

ただ、もし仮に、あなたが、現状に満足していなくて、一皮も二皮も剥けたい思うのであれば、まずは受け入れなきゃいけないことがある。

それは何かと言うと

●現実を拒否すると、成長も変化もできない。

夢見てるだけの能天気になっちゃったら、何も形にならないよってこと。

さっき言ったように、宝くじが当たることが運がいいと思っている人もいるし、我慢することはいけないことだと本気で思っている人もいるし、わがまま勝手にやりたいことをだけをやっている方が年収が上がると本気で思っている人もいる。

それはそれでいいんです。個人の自由だから。

おそらく間違っているのは僕の方だから、偉そうな事言える立場ではない。

だけど、僕が見てきて、人生を好転んさせる人というのは、厳しい現実から目をそらさない人なんです。

そこに突破口を見出そうとする人なんです。

決してユートピアまで続くエスカレーターを探し求めている人じゃないんですよ。

これは空想や意見ではなくて、僕が見てきた事実なんです。

今やっているマーケティング講座・ベーシック編の中でも再三触れているように、現実から目をそらさない方が、結果は早く訪れるんです。

まずは、このことを受け入れられるかどうかが、運がいい人になるための第一歩だと、僕は考えています。

なかなか難しいですよ。正直なところ。
こういう当たり前のことがゆがめられているのが現在ですからね。

情報社会というのは怖いものです。

●現実を拒否すると、成長も変化もできない。

喧嘩に強くなりたけりゃ、まずはテメーが喧嘩に弱いことを認めろ。。。って、確かドラゴン桜に書いてあった気がする。

そういうことだと思うんです。

だからこそ 、僕は劣等感を持っている人が大好きです。

自分大好きくんって、、、、意外に脆いよね。

PS,今日までの限定募集です、以後、再放送の予定はございません。

https://bcfortune.site/1810basic

ピックアップ記事

  1. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~
  2. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  3. Podcastで一位頂きました!
  4. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?

関連記事

  1. Making Destiny

    バンコクの車事情

    僕は頻繁にバンコクに出張に行くのですがまだ水かけ祭りには参加したこ…

  2. Making Destiny

    1は最悪

    マーケティングの世界でよく言われていることなのですが。「1…

  3. Making Destiny

    人が嫌がることをする

    大変ありがたいことではあるのですが、この時期は多くのクライアントさんか…

  4. Making Destiny

    僕の小指と、不都合と。

    頚椎のヘルニアになってほぼ一年。僕の左手の小指は満足が行く…

  5. Making Destiny

    論拠が乏しすぎる

    【 願望実現しないわけ、、、 】ライフコーチングの直接面談も…

  6. Making Destiny

    タイミングを逃すと致命傷に!?

    この仕事をやっていて本当に難しいなと思うのが。シフトのタイ…

  1. For you

    運がいい人の考え方
  2. Making Destiny

    地図を作った人
  3. Making Destiny

    無駄なことをしなくなると。。。。
  4. For you

    気持ちの伝わるラブレター
  5. Podcast

    【第74回】玄関から始める、開運生活
PAGE TOP