Making Destiny

[悩める営業マン「こんな商品売りたくない、、、」

とある営業マンから相談を受けたことがあります。

きっと誰もが一度は考えたことがある、重要な問題で、 これを無視して前に進めないフェーズが必ず来るので、 今日はそんなお話をしたいという風に思います。

その方からは、こんなふうに質問されました

「正直うちの商品を売ることに抵抗があるんです」
「自分の価値観と合わない商品を扱うのが苦痛なんです」

非常に深い悩みだと思いませんか?

サラリーマンの一番のお客様は誰かと言うと、 紛れもなく所属している会社です。 だって、そこからお金をもらっているわけですから。

つまり自分自身は会社に貢献をしなければいけない。 そして、会社にとって第一の目的は相続をしていくことであり、そのためには、ぶっちゃけた話、 キャッシュを生み出すということが とにかく必要になってきますから、 時に抵抗のある商品ですら販売しなければいけないということが出てきます。

もちろん、ある程度の希望をもってその会社に入社したと思います。 例えばこのアパレルのこの商品がいいなぁみたいな具合に。

だけれども現実問題、 どの会社さんも扱っている商品っていうのは多数あるわけで、 自分の好きなものだけ売ればいいなんてことは、まずないのです。

会社での成績を上げられないにもかかわらず、 自分の偏ったこだわりを貫き通せば、 会社に損を与えますし、それは結果として自分が損をすることになります。

あなたがもし家族を支えているのであれば、 その家族にも迷惑が被ることになります。

やりがいを持つ、 好きなことを貫く。

それ以前に、まずは人として生きていかなければならないわけですから、 その必要性を満たしていく必要が出てくるわけです。

しかしです。

この時期を過ぎたら途端に人間というのは、 人生に対して「質」を求めるようになります。

(逆の言い方をすれば、あなたがもし人生に対して質を求めているのであれば、すでに生物的には恵まれた状況にいるということも言えるのですが、、、)

もちろん、そこに至るまでには、 好きだ嫌いだ言ってられない、 とにかく頑張らなくちゃいけない段階ということもあるし、 それはそれで大事なことなんです。決して醜い仕事なんかじゃない。

だって生活がありますからね。 やりたくない仕事もやらなくちゃいけない。 売りたくない商品を売らなくちゃいけない。

ただこれが出来る事って、 正直言って経済的に苦しい時だけであって、 ある程度余裕ができた時にそれを続けるって言うことは、、、

正直とても難しいのです。

このサラリーマンの方は非常に真面目で、 そのことに対し悩んでしまったわけで、 どうすればこの悩みを突破できるかということで僕にご質問していただきましたが。

気持ちはすごくよくわかって 、僕もそういう経験があって半分病んだ時期がありましたからね^^;

長くお付き合いいただいている方はご存知だと思いますが、 僕は2016年に一旦、 このトレバー占星術という活動を休止したことがあります。

休止というよりかはもうやめてしまおうと思っていました。

それはなぜかというと正直に話し、 この占いというものに、 あまり良いイメージを持っていなかったからです。

占いをサービスってのは、 何と言うか依存体質というかね、、、 正直な話とても嫌に思えるようになこともたくさんあり、 もう嫌になってしまったのです。

当時の年収は、 いやらしい話ですが、〇〇○○ぐらいあったと思います(内緒(笑))。

そしてやろうと思えば、 いくらでもクライアント数を増やすことができるぐらいの、 環境にはいました。

ただこれが非常にしんどく、 僕にとって精神的な負担になっていたのです。

間違った占いの使い方をする人に占いを提供して、なんというか、ある種の問題を増やしているかのような感覚に襲われてね。

現にそういう人にはお金を返したりもしていたんですが、 エネルギーを使って鑑定をして、 あーこの人はわかってくれないと思ってお金も返して、、、

そんなことをやっているうちに僕の心が疲弊して言ったんですね。やってらんねーと。

当時はメンタルがやられていたのか、 よく風邪を引くようにもなり、 鑑定にも支障が出るようになってしまいました。

そんな時は仕事もできず、 お受けできるクライアントさんの数も減るわけで、 必然的に収益が下がる理由です。

しかしそんな状況にホッとしてしまったということもありました。 それで思ったんです。

「あーもうこのまま突っ込んだらダメだ、こんな仕事をしていたら自分がダメになってしまう」

そして、2016年に一旦このトレバー占星術を閉じました。

幸いなことに、この時点ではすでに、トレバー以外の仕事も頂いていたので、 収入にこまる状況ではなかったので、 もうやることやったし、いいかなというような状況です。

ところがです。

自分でもびっくりですが、 嫌イヤやっていたこのトレバー占星術の活動を、 一年後、再開することになったわけです。

そこにはある心境の変化がありました。 やっぱりこの仕事は捨てちゃいけないと。

ちょっと長くなったので、このつづきは次回をお話しします。

自分の将来が嫌で嫌でたまらない営業マンの方には、 何かしらヒントになるんじゃないかなと思います。

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. あ、また1位になってる!
  3. セミナーを開催しました

関連記事

  1. Making Destiny

    数字に踊らされない自分を作る

    僕自身にも癖があるから分かるんだけど。いろんなご相談をいただく…

  2. Making Destiny

    数値目標より現物目標

    クリスマスも終わり学生さんたちはすでに冬休み入った頃でしょうか。…

  3. Making Destiny

    一つの事を、何回も。

    ビジネスのことを考えるわかりやすいのですが人と同じことをやっていた…

  4. Making Destiny

    大前さんの話、初期仮説の話

    今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか。僕は仕…

  5. Making Destiny

    新・7つの習慣

    新・7つの習慣昨日新しいオーディオをリリースしまして多くの…

  6. Making Destiny

    予想外を意図的に起こす。

    僕はAmazonではなくて本屋さんで本を買うのが好きでして。…

  1. Podcast

    【第127回】財位にゴムの木を
  2. メルマガ

    思いやりが、人を不幸にしてしまうのってなぜ?
  3. Making Destiny

    「わかってくれない。。。」の真実
  4. Podcast

    【第139回】頑張りすぎじゃ、金運が逃げてしまう?
  5. メルマガ

    人生を飛躍させるために、絶対に捨てなきゃいけない感情とは?
PAGE TOP