Making Destiny

チャンスは未完成!?

頭がいい人というのは、それだけで社会のサバイバルゲームにおいて、有利かのように思われるところがありますが、、

実際はそんなこと、全然なくて。

逆に頭の良いことというのが、足枷になるケースなんて、たくさんあるわけです。

日頃スタッフや、パートナーとね、「もっとこんな仕事をしてみよう」だとか、「これにチャレンジしてみよう」何ていう話をするとね

「いいえ、それはできません」

という話題が必ず出てくる。

そして、そういうふうに反応するのは、ほとんどの場合、頭がいい人なんです。

頭が良いっていうのは厄介なところもあって、それだけでロジカルに物事を考えられるので、リスクを察知することができる。問題を分析することができる。

それが故に、やらなくてもよい正当な理由を見つけてしまう。

何が厄介って、そのロジックが完璧なわけよ。どう考えても間違ってない。おっしゃるとおり、やめた方がよろしいですよねってところに行き着いちゃう。

でもさ、その正当化って、何ら意味なくない?てなわけなんです。

チャンスってやつはね、リスクが0で、障害も0。環境がぱっちり揃って、はいどうぞ^^

なんてシチュエーションで訪れるはずもなく、ほとんどの場合が、欠陥だらけで訪れるんです。

言い方変えると、未完成でやってくるわけです。

そんな状況においてね、これには、これこれなリスクがあるからやらないほうがいい。なんてことを言い出すことって、ロジックは間違ってないけど、そもそもなんかズレてない?って話なんです。

チャンスは、常に未完成。

そのような条件下において、一番重要なことはね。

いかに事前にリスクを察知し行動しない理由を並べることではなく、リスクがあるとわかっているにもかかわらず、それをしっかり管理、コントロールして、一歩前に踏み出す前進力だったりする理由。

「今日はこの後、ご飯も食べて、ママとおはなしして、お風呂にも入って、宿題もやって、10時には寝なくちゃいけないから、テレビゲームはできないや、、、」

何て言う小学生はいないでしょう?

本当にやりたければ、タイムマネジメントだとか、自分の能力だとかそんなことを置いておいて、とりあえずやっちゃうじゃないですか。

これぐらいのフットワークの軽さが欲しいんです。

やってみて「違う」と思って撤退するのは賢明です。
しかし、憶測のリスクだけで、やらないのは、ただの阿呆。

はっきりいって、チャンスに失礼だ。

賢く損を回避しているつもりかもしれないけれど、結果として一番の大切にしなくちゃいけないチャンスを逃してる。

頭が良い人ってのも、なかなかご苦労が多いようで。

いろいろ大変ですが、お互い頑張りましょう、とほほ^^;

ピックアップ記事

  1. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  2. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~
  3. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?
  4. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. Making Destiny

    天声人語を写経する

    昨日メルマガで「風邪の時でも写経する」なんてことを書いたらね。…

  2. Making Destiny

    今後の私の鑑定について

    今日lineのアカウントを開いたらなんだか大変なことになっておりま…

  3. Making Destiny

    小さくても喜べる人が運がいい

    知らない人も多いかもしれませんが。実はうちの会社で今年から…

  4. Making Destiny

    嫌いな有名人との付き合い方

    「なんであんなヤツが有名人になるかわからない」「詐欺みたいな商…

  5. Making Destiny

    頭の世界と外の世界

    【 頭の世界と外の世界 】 記憶が定かでは…

  6. Making Destiny

    人生を速させるツール

    僕は2009年に独立する前ぐらいから、日誌を書く習慣を持っていてね…

  1. Making Destiny

    思いを込めすぎるな!
  2. Making Destiny

    無駄が多いのは、信頼されていないから?
  3. Podcast

    【第119回】再現性?そんなものない
  4. Podcast

    【第86回】頑張らないからうまくいく!?
  5. Podcast

    【第89回】エネルギーが枯渇しないように
PAGE TOP