Making Destiny

比べてるそれって、虚像じゃない?

先月はライフコーチングの方との
直接面談のオンパレードで。

ありがたいことに今回も
日本人をあっちゃこっちゃ
飛び回った訳なんですけれども。

初回面談の時には
必ず触れるテーマが
いくつかありましてね。

それは今日はこちらのブログで
シェアしたいという風に思います。

ライフコーチングにおける
一つの重要なテーマが。

「比較対象をコントロールする」

というものです。

ライフコーチングでは
この6ヶ月間で達成したい目標を
いくつもいくつも出してもらうのですが。

このワークをやってもらうと
必ずこういう画面が出てきます

「それって本当にあなたが望んでいること?」

例えばね。

将来どんな風になりたいかと
ヒアリングをしていくと

・フェラーリに乗りたい
・ハワイに移住したい
・バーキンを買いたい
・馬を所有したい
・少ししか働かないで高収入を得たい

色々出てくるんです。

もちろん最初の段階は
全然こんな感じで問題ありません。

僕だって似たり寄ったりですから^^;

でもねこういうのって
どこか違和感を感じませんか.

そう.

「(どっかで聞いたことのある話だな。。。)」
「(誰かがSNSで自慢している話だな。。。)」

そういう風に感じる人も
多いのではないでしょうか。

他人の生活を垣間見て
そういう生活を自分を送りたいとか
そんな風になりたいと思うことは
決して悪いことではありません。

むしろエネルギーを充電させるという意味で
すごく重要なことだったりします。

、、、それが本当の話であれば。。。
の話です。

特にSNSは
リッチな自分をアピールすることが
もはやマーケティングの一部になっています。

つまりそういう風なことをやって
人の注意を引いているわけです。

もっと突っ込んだ話をするとね。
リアルリッチじゃない人は
そういうものにお金を投資する理由です。

(前にも書いたかもしれないけど
本物はSNSで自慢しません。。。なんかと不都合の方が多くなるから。)

だからそのリッチな生活は
影でカードローンで手に入れたものだったりする。

つまり悠々自適な生活をアピールしている一方で
裏では、その借金返済に
血眼になっていたりするわけです。

栗橋ですがこれだってビジネス何で
何も悪いことではないのです。

今日の話はそんな話じゃなくて
「比較対象をコントロールする」
ってはなし。

つまり
「現実にはかなり無理がある生活を見て(比較対象にして)
それに届いていない自分の生活を悔やむのっておかしくない?」

て話なんです。

SNSのリッチな住人たちを比較対象にすると
強烈な劣等感を抱くかもしれません。

だけれども極端な話。

遊園地でジュースを買うのを渋っている人を横目に
さらりと200円払える自分に優越感を覚えるかもしれません。

人間の感覚って
こんなもんなんですよ。

だからこそ比較対象を上手に
コントロールすることが何よりも重要で。

それが結果として
振り回されない自分を作っていくわけです。

簡単に入っちゃえば
「人は人、自分は自分」
で自分で終わっちゃうんですが。

なかなかこれを実行するのは
難しい話ですね。

PS,今年も渋谷は凄かったようですね。。。
でも、人は人、自分は自分(笑)

ああいうお祭りに参加できないからって
ネクラでもないし、友達が少ないわけでもないですよ^^;

いらぬ劣等感は捨てましょう。

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~
  3. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?
  4. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方

関連記事

  1. Making Destiny

    マニュアルに頼るからバカになる

    ドローンて、何であんなに綺麗な動画が撮れるんですかw?…

  2. Making Destiny

    ちょっとは専門的なことも、、、

    お気づきだと思いますが僕はコテコテの占星術の理論をえらそうに書…

  3. Making Destiny

    細かいことをあれこれ悩むより、今すぐできることを、今すぐやった方がいい

    【完璧を求めない】持病の薬を飲むようになって朝がめっきり弱…

  4. Making Destiny

    欲望ってのは、大事なガソリン

    僕の印象というのは人によってだいぶ違うようで。ある人には…

  5. Making Destiny

    完全に、、、

    風邪をひきました。季節柄、皆様もどうぞご自愛ください。。。。…

  6. Making Destiny

    人生の主導権を握る方法

    ぼくは中学校1年生の時に、東京に引っ越してきたわけですが、正直…

  1. For you

    ネガティブキャンペーンなんて知らねーよ
  2. For you

    理解されない悩み
  3. For you

    騙されました。。。
  4. For you

    決意はしちゃいけない!?
  5. For you

    頭の良さって一言で言うけど
PAGE TOP