Making Destiny

運の良さは遊び心から

とっても良いご報告が
クリスマス前に飛んできました。

ちょうど一ヶ月前くらいですかね?

クライアントさんとお話ししていたのですが
今の時代はくそ真面目に仕事をしていたとしても
なかなか報われないねってになりまして。

そんな時に必要なのはクリエイティビティだとか
独自性だとか、そんなこと言うわけですが。

そういうものってトレーニングして鍛えられるものじゃないし
クリエイティビティとは独自性とかいうんじゃなくて
「遊び心」って行った方がいいんじゃないか?

ってな結論に落ち着いたんです。

それがいいか悪いかは別にしてね。
ラーメン屋さんの社長さんなんですが
結局お店に来ているお客さんの7割が
新規のお客様。

つまりその店のラーメンを食べたいって言うかは
営業途中に歩いてたら、たまたまそのラーメン屋さんあった
というような雰囲気で来店されることが多いそうで。

だったらもっと目立ちつつ
取り込むしているお客様を抱え込んで行かないと
だめだよねって話になって。

色々言っていたんです。

それでね。場所を特定されるので
詳しいことは言えませんが。

その後は非常に外国人もおおく
英語のメニュー表も必要になるくらいの
立地だったんですよ

だったらここは、軒先の看板は
ラーメンではなくて、
サムライにラーメンをすすらせたらどうだ?
みたいな話になってね。

当然そこにはコストがかかるから
「じゃあとりあえずポスターだけあってテストしてみたら」
みたいな話になってね。

それもなかなかOKが出ないんじゃないのって
話になったら
「じゃあそこのドンキホーテで侍のコスプレ買ってきたら」
みたいな話になってね。

まあ、こんなノリでぽんぽんぽんぽん
アイデアを出わけです。

んで、その中の一つを実際にゲリラ的に行ったら
それだけでその週の売り上げは1.8倍だそうで!!!!

これはすごいって。
だってほとんどコストゼロで
売り上げは約2倍ですよ

でね。じゃあこういったアイディアが
ビジネス書を必死に勉強したんだとか
その姿勢で湧いてくるかって言うと
そんなこと絶対無理なわけです。

じゃあ何が大事になってくるかって言うと
やっぱり日頃からちゃんと遊んでるかどうかっていうことなんですね。

真面目な人ほどどうしても
堅苦しい発想しか出てきません。

だけれども運勢という点で見たとしても
やはり運気は楽しい所には流れてくるわけでやって
日頃から遊んでないと厳しいわけです。

こんな話をすると絶対に
・私にはお金がない
・私には時間がない
・私にはそんな無駄なことをやってる余裕はない

なんてことになるんですが。
だから”遊び=無駄”じゃないんですよ。
むしろ”遊び=最優先事項”くらいに思えてた方が
絶対にいいんですね。

ほとんどの日本人はこの考え方に
強烈な抵抗感を覚えます。

だからこれを突き抜けることができれば
他が真似できないアイデアが出てくるわけです

運のよさってそういうことじゃないの?

嘘だと思うなら浅草の方に行って
侍を探してみてくださいw

ピックアップ記事

  1. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  2. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?
  3. Podcastで一位頂きました!
  4. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~

関連記事

  1. Making Destiny

    33分33秒

    コピーライティングをされているひとはよく知っているかと思いますが。…

  2. Making Destiny

    論拠が乏しすぎる

    【 願望実現しないわけ、、、 】ライフコーチングの直接面談も…

  3. Making Destiny

    新・7つの習慣

    新・7つの習慣昨日新しいオーディオをリリースしまして多くの…

  4. Making Destiny

    飛び込み営業こそ最強の学び

    あの時はしんどかったけどあれをやっといてよかったなあ。そう…

  5. Making Destiny

    ないものねだり

    昨日非常に面白い話を聞きまして。きっと時代の流れだと思うん…

  6. Making Destiny

    損して自由に?

    先日ライフコーチングの方とお話をしていまして。僕がすすめる…

  1. For you

    結果がすべてじゃないと人は言うけれど
  2. For you

    人生は平泳ぎのようなもので
  3. For you

    その占い師、信用できますか?
  4. Making Destiny

    本を読まなくなった理由
  5. Podcast

    【第39回】天職を探して路頭に迷わないために
PAGE TOP