Making Destiny

自分をぶっ壊していこう

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

新年ということで、何か気の利いたことも書きたいのですが、器用にタイミングに合わせてアイデアが降ってくるほど僕は利口ではないので、いつも通り行きたいと思います。

僕は常々思うんですけれども

・今の自分をキープしながら、幸せになりたいと思う人
・今の自分をぶっ壊して、幸せになりたいと思う人

2パターンいらっしゃると思うんです。

前者は自己承認欲求が強くて、自分が大好き(それを人に認めてもらいたい)。いっぱいセミナーを受けてるから、使ってる言葉もポジティブ。後者は自分に対する否定的な感情が強く、劣等感が強い(1秒でも早く、今の自分を脱ぎ捨てたい)タイプ、自分に厳しいから、使う言葉もネガティブ。

ということが言えるかな。

で。僕が見ていて、はっきり言えるのは、最終的にすごく伸びるタイプは(そして僕がそうありたいと思うタイプは)明らかに後者なわけです。

特に若い人と接すると感じるのですが、今は自分に鞭打って成長させようっていうよりも、現状が楽しければそれでいいじゃん!今の俺たちって、なんやかんやいけてるじゃん!って言うふうに思ってる人がすごく多く感じる。

もちろん、それはそれでいいんですよ。

見方を変えれば、日本がとても豊かになった証拠でもあるし。

でも、自分だけを見て今の自分をキープすると言うならばいいんだけれども、世の中ってのは、黙っていても成長するわけであって、つまり君の気づかない間に、周りはぐんぐんぐんぐん成長してるのであって。

相対的に見れば現状維持っていうのは、衰退と全く同じこと。

そして、現状維持っていうのは非常に自然界では不自然な状態であって、草木なって妙だし成長し花を咲かせ枯れていくっていうサイクルをずっと続けているわけでしょ。

花がずっと咲いている植物があったらすごく気持ち悪くないですか?

だけどなぜか人間は満たされてしまうと(もしくは自己承認欲求が強すぎると)それをキープしたくなる、もしくは、今の自分をキープしたまま、もっともっと幸せになりたいなんて思う。

捨てるのが怖いし、自分を否定なんかしたくないからね。

でも、考えてみてほしいんよ。

チューリップが咲いたまま、脇からタンポポが生えてきたら気持ち悪いじゃん。おまけにひまわりが咲いてきたら、もう怪奇現象だぜ。

常に新しいサイクルに入っていくには、一度破壊しなければならない理由であって。中学校に進学するためには小学校を卒業しなきゃいけないわけです。

どんなに小学校が楽しかったとしてもね。

僕は劣等感のある人が大好きで、そういう人っていうのは言ってみれば向上心がものすごく強いから、自分に鞭打ってでも成長させようっていう意欲があるわけ。

結果的に2年もすりゃ、口先だけの自分大好きちゃんより明らかに恵まれた状況になってるわけよ。

そう、ネガティブの方が勝ってるんだよね、どうみても。

自分をぶっ壊していこう!今の自分なんてどうでもいい。

、、、、とこんなこと言って、この仕事に支障は出ないのだろうか。。。

本音と現実だから、仕方がないw

ピックアップ記事

  1. セミナーを開催しました
  2. あ、また1位になってる!
  3. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. Making Destiny

    周りを疲れさせる人

    いやーやっぱり福岡っていうのはいいですね。昨日まで出張で福岡の方に入っ…

  2. Making Destiny

    勝負服

    もう10年以上前のことですが。新卒一年目の時にふらりと渋谷…

  3. Making Destiny

    実力相応?実力以上?

    自分に対して厳しすぎる人はどうしても間違った価値観を持ってしま…

  4. Making Destiny

    しつこいくらいじゃなくちゃ

    場を乱すような発言をする奴って、どんな場所にいても、ウザがられるものな…

  5. Making Destiny

    マニュアルに頼るからバカになる

    ドローンて、何であんなに綺麗な動画が撮れるんですかw?…

  6. Making Destiny

    1日20時間!?

    朝から晩までスケジュールがいっぱい。。。そんな経験あなたにはないで…

  1. お客様の声

    M様
  2. Making Destiny

    仕事の意味ってなんじゃらほい?
  3. Making Destiny

    子供に勉強をさせる方法
  4. Podcast

    【第41回】リア充の影 (あの人は本当に運がいいの?)
  5. Making Destiny

    短時間労働の末路
PAGE TOP