Making Destiny

人生を速させるツール

僕は2009年に独立する前ぐらいから、
日誌を書く習慣を持っていてね

この年末年始は、ほとんど
溜まりに溜まった日誌を裁断して
PDF化していく作業におわっったというw

なんととも地味なお正月を過ごしたわけです。

しかし、昔の日誌を見直すというのは
本当に素晴らしい体験で。

あの頃はこんな風に頑張ってたんだなぁとか。

あの頃は手の届かないと思っていたことも
今じゃ当たり前にできるようになってるんだなぁとか。

しみじみ思うわけです。

紙に書いたものは実現する。
まさにその通り。

僕は、ライフコーチの人にもいうのですが
最高の自己啓発本って、
自分自身で作るしかないんですよ

本読んで、あーだこーだ言われて
それが自分にフィットすれば
もちろんいいんだけれど。

それって実は、そんなに
高い確率じゃないんですよね。

会社に嫌な上司とか
「なんなのこいつ?」みたいな人って
人生のうち何度もあるじゃないですか。

というか会社って
そういう人の方が多くないw?

本の著者だって、同じ人間が書いてるんだから
こういうミスマッチが起きる可能性は
非常に大きいわけ。

もちろん、本の著者は、選抜された人だから
多くの人にフィット”しやすい”という側面はある。

でも、自分で作った自己啓発本には
叶わないなーって思うわけ。

ライフコーチの一つのカリキュラムでは、
この最強の自己啓発本作りを
僕と一緒にやってるわけですが。

その素材集めの毎日の日誌って
やっぱり最強だなあと思うのです。

子供と大人の違いってね。
やっぱりレールがあるかないかなんですよ。

子供の頃は小学校卒業したら中学校。
テスト赤点だったら追試だよ、とか。

上手に周りの大人がレールを引いてくれて
黙っていても上る階段があったわけだけど。

大人になったらそれがなくなって
自分でコントロールしなくちゃいけない。

本当に自分というものがなくて
誰かが指示してくれなきゃ
何もできない人っているんだけど

まあ、、、、大成するのは無理だよね。

メンターと出会えば
人生が変わる?

たしかにね。

でも、メンターはお母さんと違うんだから
毎日四六時中自分の面倒を
見てくれるはずないんだから。

メンターと接触できる時間なんて
限られているでしょ?

残りの時間はきちんと
自分でコントロールしなきゃいけない。

じゃあどうするかというと
日誌が登場するわけです。

日誌をつけてると、必ず毎晩その日を振り返り
足を充実させようという、何と言うか
とても良いリズムができてくるのです。

僕自身この10年間どうにかこうにか
自分の足で食べてこれた一つの要因が
毎日日誌をつけてきたことだと思うんですよね。

日誌をつけるということ。

もちろん方法ってあるので
その辺りは勉強すべきなんだけど
まずはやってみるのがいいんじゃないかな。

今までいろんなもの見てきたけれど
人生を飛躍するのに、日誌以上のツールって
今はあまり思い浮かばないな。

こんなに簡単でこんなに威力があるのに
どうしてみんなやらないんだろうか?

ピックアップ記事

  1. セミナーを開催しました
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. あ、また1位になってる!

関連記事

  1. Making Destiny

    演出しなくちゃ、始まらない

    ●演出しなくちゃ、始まらない僕は普段朝食を食べないタイプでね。…

  2. Making Destiny

    ないものねだり

    昨日非常に面白い話を聞きまして。きっと時代の流れだと思うん…

  3. Making Destiny

    むちゃぶり

    僕は学生時代、非常に厳しい会社で働いてまして。とにかくその会社が無…

  4. Making Destiny

    全ての不幸の始まり

    物事を歪んで見てしまうことが、全ての不幸の始まりである。最近ほ…

  5. Making Destiny

    問題が見えていないことがいちばんの問題

    さて、ゴールデンウィークも今日が最終日。憂鬱な気持ちになってい…

  6. Making Destiny

    兆し

    自分で言うのもなんですが、僕は、直感が働くと言うか、無意識に必要な行動…

  1. Making Destiny

    ダメな自分の理由作り
  2. Making Destiny

    頑張れる筋力
  3. Making Destiny

    チャンスは未完成!?
  4. 2019年の運勢 ソウルナンバー

    2019年 ソウルナンバー6の運勢を占いました
  5. Making Destiny

    反射的に損をする
PAGE TOP