Making Destiny

ぼくの”メンター”の定義

正直なところ、僕は今まで
「メンター」たる存在を
求めた記憶が、ほとんどありません。

もちろん僕にだって
ものすごく影響を与えてくれた人は
たくさんいらっしゃいますよ。

その方々が僕にとっての
「メンター」であることは
間違いないんだけれども。

ただ誤解して欲しくないの
「メンターを求めて」何か行動したり
動き回ったりはしてないということ。

依存的というか
なんかメンター探しに疾走するのって
違和感を感じてしまって。

そんなこともあり
いわゆるメンター探しに
僕は積極的に動いたことが
ほとんどはないんです。

それに、冷静に考えると
そもそも論なんだけど。

僕にとっての「メンター」の定義って
普通の人とはちょっと
違うような気がします。

僕にとってのメンターの定義は

「痛いフィードバックを言われても
傷つかず、素直に受けいられれる人」

こんな感じ。
ちょっと分かりにくいかな?

例えば会社の上司から

「お前、何でこんなこともできないんだよ」
「お前のこういうところが、ダメなんだよ」
「もっと、ここをこうやって仕事をしろよ」

なんて言われると
非常にムカつきますよねw

それに言われていること自体が
間違っているわけ。

落ち度があるのは自分の方だっていうの
気づいている。

だからこそ上司に対するむかつきに加え
自尊心が傷ついてしまう。

いってみれば、痛いフィードバックというのは
非常に苦痛が伴うものなのです。

でもね、一方で。

間違いや自分の未熟さを
誰からも指摘されないっていうのは
それはそれで、問題なわけで。

だって未熟なところがあるから
ミスをしたりだとか、結果が出ないとか
そういうことが起こる理由でしょ。

ステップアップさせたいとか
もっと高いレベルの結果を出したいという時には
そういう未熟さを改善しなくちゃいけない。

そもそも、認識しなくちゃいけない。
ダメな自分を受け入れなくちゃいけない。

これって非常に
難しいことなんです。

ネガティブなことを誰かに言われると
腹も立つし、むかつくし
同時になんだか悲しくなるし。

ネガティブな感情が
これでもかってくらいに湧いてくる。

これが普通の反応です。

ただ、時々ね。

この人だったら、ミスを晒しても
そんなに気にならないだとか。

この人だったら、痛いことを言われても
傷つかず素直に受け入れられるだとか。

そういう人っているでしょ?

それが僕にとっての
「メンター」なんです

結局のところ
外界からのフィードバックを
たくさん受け取ってさ

それを改善することでしか
人は成長しないわけで。

そこを拒む様子を一つでも多く
取ることができれば、それでいい。

勝手に自分のステージは
上がっていくから。

だからこそ、痛いことを言いわれても
気にならない、傷つかない
素直に受け入れられる人。

そういう人は大切にしなくちゃ
いけないわけです。

そして、僕自身も
メンターになりたいってわけじゃないけれど
クライアントさんには
そういう存在出なきゃいけないと思うわけ

当然言わなくちゃいけない所があるけれど
それで相手を傷つけてはいけない。

一番技術が問われる部分なのです。

PS

冷静に考えると
このメンターていう言葉は
非常に打算的ですよね。

僕の周りにもメンター、メンターって言いながら
「なんだかそれって保護者を求めてるの?」
みたいな人も少なからずいる。

自分が得することばっか
自分が引き上げてもらうことばっか

なんかそんなことをしてくれる
魔法使いがメンターだと
勘違いしてる気がする。

そんな暇人、、、
どこにもいねぇよw

しかもメンターっていうぐらいだから
自分より立場が相当上の人を
想定しているんでしょ?

にもかかわらず相手の時間に対する
リスペクトがない時点で
それは相手にしてもらえないって。。。

もっとメンターを大切にしましょう^^+

ピックアップ記事

  1. セミナーを開催しました
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. あ、また1位になってる!

関連記事

  1. Making Destiny

    【第109回】器用貧乏って悪いこと?

    11室惑星集中で、器用貧乏と鑑定をされたと、ショックを受けられた方が、…

  2. Making Destiny

    色気の哲学

    以前結構流行った話で聞いたことがある人もいるかもしれないけれど…

  3. Making Destiny

    頭が良すぎる!?

    昨日村上春樹さんの本を読んでいてその中にこんな一節があったの「い…

  4. Making Destiny

    エネルギーを確保する

    「何でお前ってそんなに仕事遅いの?」「何でお前ってそんなに行動遅い…

  5. Making Destiny

    損することは怖くない

    昨日ライフコーチの面談がありましてその時こんな質問を受けたんです…

  6. Making Destiny

    アンソニー・クレバリー

    革靴からボロボロになってしまったのでそろそろ新しいものを買おうかな…

  1. Mail For You

    思考を現実化する方法
  2. Mail For You

    人生を飛躍させるために、絶対に捨てなきゃいけない感情とは?
  3. Making Destiny

    一回じゃ無理
  4. Mail For You

    セルフヒーリングの方法
  5. 運がいい人

    Podcast

    【第171回】メンタルは消耗するから
PAGE TOP