Mail For You

運を上げる「質問法」

昨年の12月から始めた
トレバー流・ビジネススクール。

僕としては新しいチャレンジで
しっかり参加者の方に
成果を出していただけるかどうか。

不安なところもありましたが。

昨日ものすごく嬉しそうな
メールをいただきました。

彼はまだ20代後半で
勉強をたくさんしているけれども
なかなか成果が出ないということで
僕のとこに来てくださったわけですが。

知識のバックボーンがあったせいか
読み込みがものすごく早く。

開始から2ヶ月目にして
早くも成果を出してくれました。

ぐっじょぶ ٩(ˊᗜˋ*)و

彼は開校当初から
非常に熱心な姿勢を見せてくれて。

うざいくらい
毎日メールが届いていました。

「質問」をする。

この姿勢はものすごく重要です。

これがあるかないかによって
成果が別れるくらいの
インパクトがあるんです。

元々学習というのは
主体性があって初めて身につくもの。

どんなにたくさん本を読んでも、
どんなに沢山セミナーを受けても。

そこに主体性がなければ
その場は学んだ気になるけれども
次の日朝起きたらスッカラカン。

なんてことはよくあること。

受講者側の立場になった時は
あくまで先生にまかせっぱなしじゃなくて
しっかり主体性を持つことが大事。

では、主体性は何か?というと
「質問をする」だったりする。

日本人というのは
恥ずかしがり屋さんが多いのか。

もしくは、気を使ってしまうのか。

「ちょっとかっこ悪いな」
「なんだか恥ずかしいなあ」
「なんだか先生に申し訳ないなぁ」
『こんな事も知らないのか?なんて言われないかなぁ』
『バカだと思われないかなぁ』

ってな具合にね。

遠慮をしてしまって
質問をしない人も多いんだけれども。

先生にとって一番嬉しいのは
参加者が成果を出してくれることであって。

そのための質問だったら
ウェルカムなわけです。

本を何冊読んだって
自慢する人もいるけれども。

質問をもって答えを探すように読むのと
ただ冊数だけにこだわっているのでは
身につくものも当然変わってくる。

「疑問を持つ」「質問をする」

それ自体は自分自身が積極的に
関わっている証拠だから

むしろ良いことなんだよ。

、、、と、まあここまでは
普通の話なんだけど。

この彼のマシンガンのようなメールに対して
僕は最初、ちょっと怒ったんです(笑)

若いということもあるし
将来有望ということもあったんで
正直に言っちゃったのね。

いやいや、
「おまえしつこいよ。。。」なんて
たくさんメールを
くれたことを怒ったんじゃないんです。

何を怒ったかというと

「ねえ、それって「質問」か?」
ってこと。

「質問」をする。

それってすごく簡単なことで
積極的で良いことのように感じるし
現に僕も良いことだと思っている。

だけれどもそれが本当に
「質問になっているか?」は
ちゃんと確認した方がいいよってこと。

勉強しているのに、
そして、積極的に質問しているのに
何も成果が得られない時ってのは
ほとんどの場合「質問」に
なっていないんだよ。

例えば彼の場合。

ビジネススクールが始まって以来
よくこんなメールを送ってきました。

「トレバーさんにとって、仕事とは何ですか?」
「意義のある働き方って何ですか?」
「仕事において大切にしていることってんですか?」
「僕は何をすれば世の中に喜ばれますか?」
「セールスレターを書くときにどんな思いを超えますか」
「利益を出すことと社会貢献すること、どっちが大事ですか?」
「お客様の役に立つため、何を意識していますか?」

、、、あのさあ。。。

それって、答え出なくね(笑)?

というか、それって聞いたところで
君の業績が上がるの(笑)?

昔、大好きな予備校の先生が言っていました

「君たちが心にいるのは
来年大学試験に合格するためであって
それ以外のことを目的にするな。

受験に関係のない知識集めや
答えのでない禅問答を繰り返して
時間を無駄にするな。

そういうことは、大学に行ってからやれ」

冒頭にお話しした通り
質問することは重要なんだけれども

本当にそれが「質問」になっているか?

これは絶対にチェックしなくちゃダメ。

ポイントは2つ

・ その問いには答えがあるか?
・ 自分の目的に向いた問いであるか?

ここは外しちゃいけないんだよ。

講師の先生に質問するのはいいんだけれども
あくまで業績を上げるために
ビジネススクールに参加しているのであって。

先生の哲学を聞くために
そこにいるわけじゃないんだよね?

もちろん趣味レベルや
最終的にそんな話も聞きたいって言うんだったら
全然いいんだけれども。

成果の出ていない今
そんなことに時間を割くべきじゃないよね?
エネルギーを割くべきじゃないよね?

それに答えの出ない質問を
ぐるぐる考えても。

疲れるだけで、意味ないよ?

趣味なら良いんだけど
業績を上げることとは、全く関係ないよ?

なんて話をしたんです。

おそらく彼はこれまで、数百冊と
ビジネス本を読んできたわけだけど。

それでも成果を出せなかった原因は
間違いなくこの観点が抜けていたから。

「質問」になっていなかったからなです。

脳みそを満足させることが
目的になってしまって

業績を上げるということが
目的になっていなかった理由。

ここを改善しただけで
彼は一気に伸びました。

ちゃんと自分の人生を前進させる
「質問」をしないと。。。

・質問をする。
・ その問いには答えがあるか?
・ 自分の目的に向いた問いであるか?

この3点を注意して
情報収拾するなり
勉強するなりすると
ぐっと世界が出やすくなりますよ。

ビジネスだけじゃないよ。

運の悪い人は
ほーーーーーーーんと全員

答えの出ない問いで
悶々としてる。。。。

それじゃあ、状況は改善しないよね。

ピックアップ記事

  1. あ、また1位になってる!
  2. セミナーを開催しました
  3. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. Mail For You

    正しき道ほど、苦しい?

    今週は先週お伝えしましたとおり、『魔にひかれる』の続編です。ざ…

  2. Mail For You

    凡人より始めよ!

    先週『名誉欲は運を落とす』っていうお話をお送りしましたがとても…

  3. Mail For You

    嫉妬してもいいじゃない

    「嫉妬は悪の感情です」いろんな本に書いてありますよね。…

  4. Mail For You

    規則正しく『ない』生活で掴む夢

    規則正しい生活。心身の健康のためにも、毎日同じ時間に起き、食事…

  5. Mail For You

    月末にやってみよう!とても強力な開運法!

    今日は前置きが長くなったので、あまり小難しいお話はせず(笑)と…

  1. Podcast

    【第32回】セルフヒーリングの方法
  2. Making Destiny

    ブルガリのチョコレートをあの人へ
  3. Podcast

    【第117回】外の世界に連れ出してもらおう
  4. Podcast

    【第9回】許可を求めるな、謝罪せよ
  5. Mail For You

    本当は強いあなたへ
PAGE TOP