Mail For You

健全な恐怖心

AI技術に仕事が奪われてしまう。。
そんな話を最近よく聞くようになったけれども。

別に何を更って?話であって。

今やっている仕事では10年後
食べていけなくなるリスクがあることは
いつの時代だってあるわけです。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
15年ほど前は、Web制作という分野が
非常に儲かる業界でありました。

一つのサイトを作るのに最低30万円はしたし
平気でもっとふっかける業者もありました。

ところが現状はどうでしょうか。

参入者が増え
単価ははどんどん下がる一方。

今では一部の大手はを残して
Web制作だけでは
ほとんど会社が食べて行けなくなりました。

今と同じ仕事を10年後も継続している。
これでは確実にキャリアは駄目になります。

もっと残酷な言い方をすると
給料が上がらないし、どんどん辛くなります。

なぜなら給料が上がらなくても
家族が増え、責任が増えれば
黙っていても出費は増えるからです。

そのように考えると
いつの時代も生き残れる人というのは
他人に頼んだらクオリティが落ちるだとか
そもそも他人には頼めないだとか。

そういう体温を感じる仕事ができる人こそ
生き残っているとも言えるのです

僕の友人は15年ほど前から
Web制作会社をやっていましたが。

彼は非常に頭のいい人なので
そこに安住するのではなく
Webマーケティングを必死になって勉強し
売上を上げるというところに
徐々に軸足をシフトしていきました。

そしてお届けしているコンテンツは
単純なホームページだけではなく
そこに彼のノウハウをつけるということ
やっていらっしゃるのです。

彼とのコミュニケーションの中には
当然体温を感じる部分があり
するとお客様の方から
「もうあなたじゃないと仕事ができない」
というような段階になる。

これが唯一の差別化ではないでしょうか。

そう考えるとね
当たり前の話なんだけれども

「誰でも簡単すぐできる」

なんてものに飛びつくのは
時間の無駄以外の何物でもないってこと
すぐに気がつくと思うんです。

これは売り手側の意図がかなり含まれていて。

実際問題、Quick&easyにしないと
物が売れていかないのが
マーケティングの世界の常識

だからこういうサービスが世の中から
なくなることは決してないだろうし。

そもそもなくなる必要も
全くないんだけれども。

ただ10年後も生き残るということ
最優先に考えた場合には、、、

時間の無駄になるよね?ってこと。

自分の力で、自分の収入を上げなければいけません。
そのためには、独自の価値創出ができる
「知識・スキル・経験」を身につけるしかないと思います。

体温の感じる仕事ができるように
今から準備をしておかないと。。。

でないと、今の延長線上では10年後では
必ずしんどい状況になっていくのです。

恐怖心を持てば動けます。

健全な恐怖心は
人を正しい方向へと導いてくれます。

目をそらすものじゃないんです。

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. あ、また1位になってる!
  3. セミナーを開催しました

関連記事

  1. Mail For You

    ワクワクしてれば仕事になる?

    今日は「夢を叶える力」って話をしたいと思います。みなさん勘違い…

  2. Mail For You

    マイペースの本当の意味

    『マイペースで頑張りましょう』良くいわれるセリフですよね。そし…

  3. Mail For You

    ズレを直さなきゃ、努力が水の泡?

    先日、ある女性とお会いしました。仕事上のパートナーの方なんです…

  4. Mail For You

    来年の運気を機にするの早くない?

    『2013年こそは、絶対に良い年にしてやる!!!』こんなご依頼…

  5. Mail For You

    想像以上にキケンな後悔!?

    『してしまったことを悔やむより、したかったのにしなかったことのほうが、…

  6. Mail For You

    寄りかかるから逃げていく

    今年ももうあとわずか。ほんと早いですね(笑)毎年毎年、この時期…

  1. Mail For You

    怖くなったときにあなたはどうする? ~不安を1/3にする方法~
  2. ソウルナンバー 3

    2019年の運勢 ソウルナンバー

    2019年 ソウルナンバー3の運勢を占いました
  3. Mail For You

    運命って変えられるの?
  4. Making Destiny

    「私の周りは冷たい人ばかり」って人へ
  5. Podcast

    【第94回】運気の良い土地、悪い土地
PAGE TOP