Making Destiny

与えられないから守られてる

手に入らないことで、守られてる!?

「僕らは大きな力に守られている」

このことを実感できるのは
何かを与えられた時ではなく
主の何かを与えてもらえない時なんじゃないかと
最近よく思うわけ。

この時期になるとね
当然各会社には新卒生が入ってくるんだけども
まぁ大体2週間も経てば
どの子がスターになり、どの子が置いてかれるか
見る人が見たらわかるようで。

特にね最近多いit系の会社だと
「自由な社風」
「個人の裁量」
なんて言葉を誤って解釈して
しまう人が後をたたない。

そして一部の人だけがチャンスを掴み
ほとんどの人が重労働で潰れていく。

そんなことはざらにあるわけ。

手に入れることで人生を破綻してしまう
そんな強力なパワーを持ってる典型的な物

それは僕が思うに
「自由」と「お金」

そう僕らみんなが欲しい
あれとあれだw

でもね、この二つほど
手に入れた人をぶっ壊す
危険な要素をはらんでいるものはないと思う

以前どこかで
宝くじが当たった人の顛末みたいな
そんな人の話をしたけどね。

例えば宝くじで1千万当たりました。
ぱっと見ここだと

「超ラッキーじゃん!」

なんて思う。
そして、目の前にまとまったお金があるから
嫌な仕事を辞めてしまうwww

2年後どうなるか?

手元に一千万はもう残っていない。
しかも2年間棒に振っている。

今更社会復帰はできない。

どうなるか?
言わなくても分かりますよね?

そんなことは普通にあるわけ。

だからたとえ大金を手にしたとしても
嫌な仕事から逃げないだとか
質素な生活を続けられる方とか
そういうことが問われるの。

そしてそれが出来ない人は、、、
お金を手にしたら危険な理由。

自由も同じ。

残酷なことを言うけれど
実力もない新人が
自由を求めることほど怖いものはないよね。

だって自由ってのは
孤独に耐えながら努力を続けられる人
誰にも怒られないでも成長し続けられる人
与えられた特権だから。

それがない人が自由を手にすると
ただの体たらくになってしまう。
ただの怠け者になってしまう。

それは会社にとってマイナスになるんじゃない。
(申し訳ないが何もできない新人の代わりはいくらでもいる)

また自分自身ができていないのに
自由を手にしてしまって
一番危ない目にあうのは、本人だから。

だから僕らは手に入らないという形で
守られているわけであって。

そのことを常に頭に入れておかないと
いけないわけだ。

僕らができることはこれを手にしても
潰れず、自分を律することのできる精神を
あらかじめ持っておくこと。

これができたら黙っても
お金と自由は手に入る。

感謝感謝って言うけどさ。

与えられないことに感謝できる人って
どれだけいるんだろうか。

だから口先だけのポジティブが
僕は嫌いなんだよ。

ピックアップ記事

  1. セミナーを開催しました
  2. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. Making Destiny

    世界を飛び回るなんて、ださくね?

    世界中を飛び回って自由に仕事をする。そんな生活に憧れている人もい…

  2. Making Destiny

    正しさなんてどうでもいい

    正しさを追求すると迷路にはまってしまうことがあります。占い…

  3. Making Destiny

    大前さんの話、初期仮説の話

    今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか。僕は仕…

  4. Making Destiny

    リスク貯金

    現実を冷静に見つめると。白が、真っ白になった時ってもう遅い…

  5. Making Destiny

    その汗、百害あって一利なし!?

    時間がないので単刀直入に言います。間違った努力は百害あって一利なし…

  6. Making Destiny

    33分33秒

    コピーライティングをされているひとはよく知っているかと思いますが。…

  1. Podcast

    【第142回】シューズボックスは右?左?
  2. Making Destiny

    魅力って何?
  3. Podcast

    【第157回】結果を出す人の特徴
  4. Podcast

    【第167回】イライラしない思考法
  5. Mail For You

    豪快さと繊細さ
PAGE TOP