Making Destiny

「幸せって何?」って考えてる私は、、、、

「自分の幸せって何なのでしょうか?」この手の質問もう何千回と受けてきたわけた。

僕なりに「たった一つこれ!」っていう答えがあるっちゃあるんだけど、

ブログでサラッと書いてしまっても、だれも、真剣に捉えてくれないから、

この事は直接お会いした時にだけお話しするようにしてる。

10人中10人が納得してくれるから、これはこれで自信があるんですけれども、今日はそれとは似て非なるお話。

会社にも人生にもビジョンが必要だ、なんて話を聞いたことあると思うけど、ありゃなんでだと思いますか?

僕も会社を作った時に、手探りでビジョンを作ったこともあるんだけど、作って2ヶ月ぐらいで捨てちゃった、。。。

なぜかと言うとね。

現実は、そんなこと言ってらんないよって状況だったからw

起業当初って、もうたいべていくことに必死なんです。そんな簡単にお金なんていただけないし。

だからこそ、ビジョンを掲げるってことよりおm、利益を出すということに集中しないこといけない状況に追い込まれるんだね。

どんなに素晴らしいビジョンだって、どんなに素晴らしい使命感だって、ちゃんと社会で独り立ちしていないと、なんら意味はない。誰も話を聞いてくれない。

自立する力すらないビジョンは、ただの幻想だし、絵空事でしかないからね。

だからこそ、ビジョンなんてものよりも、利益が優位になる。お金を稼ぐってことが主になる。

これはこれでいいんだよ。むしろそっちの方が大事だったりするんだよ。

僕も独立当初はよくこんなことを思ってた。

お金が入ってくればそれでいいじゃないかと。死にはしないじゃないかと。実際問題その通りなんだよ。

最初の頃ってのは、ビジョンなんてものがあってもなくても、ほとんど、支障はないけれど、お金がないとやってけないからね。

むしろ、お金さえあればなんとかやっていけるんだよ。これが現実。別に汚い話をしているわけじゃない。

問題はここから。

勤めていても、独立をしてもね。

何年かも同じような仕事をしてると、当然のことだけれども、スキルも身につく。経験も手に入る。

そして、お金を稼ぐってことが自然にできて、生活に支障がなくなってくる。

言ってしまえば食うに困らないレベルに達することができる。

それっていいことだって思うでしょ?

実はそうじゃないんだよw

会社でも個人でも、将来に対する不安が亡くなったとたん何が起こるか?

実は急激にモチベーションが下がってしまうの。毎日毎日充実感がなくなっちゃうですよ。

朝起きて、さあ今日も頑張ろうなんて思った矢先、待ち構えてるの日々のルーティンワーク。

昨日と全く同じこと。そりゃやる気も出てこない。

お金をもらえるから生活が出来流ってことに関しては問題はないんだけど、心がどんどんどんどんやられていくんだよ。

すると人はこう思い始める「私の幸せってなんだろう?」

今日言いたかったことはね、幸せとは何かあって偉そうに問うことじゃなくてね、気づいて欲しいんですよ。

「私の幸せってなんだろう?」って思える時点で、実はある程度生活には困ってないってことなんです。

「いやいや毎日ローンもあるし、パートに出かけて行ってもそんなにお給料もらえないし。残業も激しいし、SNSの皆さんによるがすごくみすぼらしい生活してるし、生活が成り立ってるなんてそんなことない。もう不幸だらけの人生ですから」

そのように反発するかもしれない。確かにそうかもしれないよ。

で明日の食べるご飯に困ってたらSNSなんて見てる時間お余裕ないからw

ここなんですよ。心が満たされてないけど、食べてはいけちゃっているわけ。

明日飢え死にしちゃうっていいんであれば、何も考えずとにかく仕事行くし。働くし。嫌な仕事だって食べるために頑張るし。

その時は、ビジョンも何もないかもしれない、生きるのに必死かもしれないけど、実は生存本能があるから、モチベーションが高かったりするんだよね。

僕が独立当初、3ヶ月ぐらい収入がゼロだった時代があるからよくわかるw

ある意味飢餓状態の時って、生きるために必死だから、モチベーションって高かったりするんです。

そうじゃない、実は中途半端に食べていける、余裕のある状態だから、ふとした瞬間に自分の幸せって何だろうといつも考えてしまう。

明日も食べるに困らない。

これって本当は幸せなはずなのに、それに気づけないっていうのが人間の難しいところ。

でも、まずはここから始めないと。

実は今の自分での食べるのに困らないぐらいの生活はきちんとできているんだ。

そういうありがたい状況にいるんだっていう認識をところから始めないと、空回りしちゃうからね。

こうやって欠乏感と充足感のバランスを取った上で、はじめて、次のステップに進んでいくことができるし、本当の意味でビジョンが必要になってくるフェーズに入っていけるんです。

そう、 ビジョンが必要なのは実はここから。

いろんなクライアントさんと格闘してきて、そして僕自身の人生とも格闘してきて、実は一番難しいのはここなんです。

「そんなに必死こかなくても(幸せが何かなんてわかんなくても)、生活すること自体には困ってない。。。だから本気になれない。。。」

これが一番のネック。不満を抱えつつ、生活できちゃってるから、今の仕事を捨てられない一番の理由だったりするわけ。

これができて初めて、ビジョンが必要になってくるわけだ

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. セミナーを開催しました

関連記事

  1. Making Destiny

    (カッコ付き)の真実

    「その劣等感いらなくない?」僕らとしては仕事が増えるの…

  2. Making Destiny

    エリート浪人生

    僕の友人で国立の医学部を卒業してお医者さんになられた方がいるん…

  3. Making Destiny

    複数あれば落ち込まない!?

    失敗すること自体はむしろ歓迎すべきことなんだけれども。その…

  4. Making Destiny

    期待と失望

    昨日良くして頂いている社長さんとお食事をご一緒させていただきまして…

  5. Making Destiny

    規則正しく、美しく

    ここのところバタバタしておりまして自分の生活リズムが崩れてしまった…

  6. Making Destiny

    和牛レトルトカレー

    運を上げるためには絶対条件がありましてね。それは何かと言う…

  1. Mail For You

    「ここ一番!」で、ちゃんと運を掴めますか?
  2. Making Destiny

    飛び込み営業こそ最強の学び
  3. 頂いたご感想

    頂いたご感想 M様
  4. 2019年の運勢 九星気学

    2019年 一白水星の運勢を占いました
  5. Podcast

    【第149回】変えられる運と、変えられない運
PAGE TOP