Making Destiny

つい言ってしまうんだなぁ。顔を見ると

この仕事をしていて、最初にぶち当たる壁が「言わなくていいことなのでついつい言ってしまう」ってこと。

自分自身をコントロールできないと、たとえ相手のことを思っていたとしても、それがクレームになるってことはよくあるの。

これは机の上で占いを勉強していたんじゃ絶対に分からない、現場で初めてつかめる感覚でね。

そういう意味でも、もし仕事にしたいなら、モニター募集でもなんでもいいから、すぐに現場に出て行かなくちゃいけない。

よくあるケースなんだけれど、「将来こんな仕事がしたいです」って言うご相談。

これに対して中途半端な知識があるひとほど「あー、商業界はもう斜陽産業で、やめておいた方がいいですよ」

っていう余計なアドバイスをしてしまう。

そんなこと誰も聞いていないのに。。。

でもここがポイントなんだけど、相手の事を思えば思うほど、しんどい世界に行くのを止めたくなってしまうんだよね。

でも冷静に考えなければならない。間違ってるのはどっちなんだろうか。

たとえを斜陽産業であったとしても、そこで生き生きと楽しそうに仕事をしている人はいるし。

誰もが嫌がるような仕事でも、そこにやりがいをもって充実感を感じている人もいる。

もっというと、辛い思いをすることがその人に火強だったりもするわけ。

人の感情ってのは、非常に曖昧だし、人が正しいって思うことは、さらにもっと曖昧だったりするわけ。

だからまずは、ホロスコープを読み解いてどんなことを相手に伝えるかじゃなくて、まるごとそのままを受け入れなきゃいけない。

しかし繰り返しですが、これはめちゃくちゃ難しい。人間誰しも意見があるからね。

これを抑えなくちゃいけないんだよ。

昔、万年筆のキャッチコピーでこんなのがあってね

「つい言ってしまうんだなぁ。顔を見ると」まさにそんな気持ちになるんだよね(笑)

多くの人がそうだからこそ、こういうキャッチコピーがうける理由だけど、仕事をしている人間はそうじゃいけない。

アドバイスは相手の求めてきてから。じゃないとただの余計なお節介だからね。自分の正義感を押し付けてるだけだからね。

アドバイス業ってのは簡単にできて、利益率も高くて「なんだ自分でも簡単に出来ちゃいそう^^」なんて人もいらっしゃるんだけどね。

んなわけないw

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. セミナーを開催しました
  3. あ、また1位になってる!

関連記事

  1. Making Destiny

    運を改善する

    「何かいいことないかな」では運が巡ってこないことはもうすぐにご存知…

  2. Making Destiny

    論拠が乏しすぎる

    【 願望実現しないわけ、、、 】ライフコーチングの直接面談も…

  3. Making Destiny

    チャンスは未完成!?

    頭がいい人というのは、それだけで社会のサバイバルゲームにおいて、有…

  4. Making Destiny

    昼シャン

    昨日はちょっと仕事が長引いて、久々に18時台に東海道線に乗ったんだけど…

  5. Making Destiny

    皆勤賞って、なぜあるの?

    僕は子供の頃から気になっていたことがあって。皆勤賞って何で…

  6. Making Destiny

    [2018年版] 買ってよかった、ベスト3!

    この2018年は我ながらいい買い物をしたなとそう思えるもの…

  1. お客様の声

    I様
  2. Podcast

    【第80回】飛躍のチャンスを逃さないために
  3. Making Destiny

    相手の誤りを指摘しない
  4. メルマガ

    運のいい占い師
  5. メルマガ

    目標設定の秘密~その1~
PAGE TOP