Making Destiny

今の自分、1年後の自分

あっという間に8月も半ば。

甥っ子のリカちゃん、いよいよ夏休みの宿題にエンジンがかかったらしく、女子にドリルと向き合ってました。

僕は8月31日に宿題に取り掛かり、5分後に挫折して諦めるタイプだったので、少しでもやり遂げようとする若者を見ると、将来有望だなあなんて思ったり。

しかし子供の成長はやっぱり早いね。

このあいだ小学校に上がったばかりだと思ったら、あっという間に3年生になり、なかなか難しそうな問題集をこなしてたりする。

僕ら大人というのは黙っていたら、体も頭も年々弱くなっていたけれど、子供というのは1年前と今では、あれは1年経った今日とでは、顔つきも変わるし、脳みそだってはるかに成長している。

ちょっと話は別なんですが、知り合いの社長さんのお子さんは、すぐにマックを使ってプログラミングをやったり、パパが毎日読んでいる日経新聞に興味を示したりしているらしい。

恐ろしいね、、、

子供の場合は、それほど意識をしなくても、毎日新しい刺激が、そして新しい知識が飛んでくるので、どんどん成長していけるわけだけれども。

一方、大人の場合は、こういった新しい刺激や知識というのは、自ら意識をしないと手に入るもんじゃないからね。

子供ほっといてもそれなりに成長するけれども、大人というのは成長を「意図的に」自ら促していないと、あっという間にその場で止まってしまう。

学生時代のバイト先の先輩が「これ5年前と何も変わってない気がするんだよなぁ」とおっしゃってたけど、まさにそんな状態。

だからこそ意識をして刺激や情報を取りに行く人と、自動的に任せている人では、あっという間に大きい差がついてしまう。取り返しがつかないほど差がついてしまう。

やっぱり主体的に動かなきゃいけないわけだ。

こういう話をするとね、必ずこんなことを言ってくる輩がいる

「へー、●●さんは、毎月たくさん本を読んで、ちゃんと全部頭に入っているわけだ、すごいですね」

これすなわち「どうせお前そんなに本を選んだって、頭に入ってないだろう?その努力は無意味なんだよ、へへへっ」ってこと。

何もわかってないね。

確かに読んだ本のすべては頭に入っている人なんて言うのは稀かもしれないけれども、知識に飢えていて、それを自らつかみに行こうっていう姿勢が大事だっていうことなのに。

その延長線上に、キラリと光る宝物をつかめるようになるというのに。

最終的にはやっぱり自分責任。学習、成長も自己責任。

「どうせ無意味でしょう?」といって、努力を放棄するのも自己責任。

当然のことながら、それによって得られる結果も、そして人生も、自己責任。

スマホをずっといじって、遊びほうけていた、それ今は楽しいかもしれないけれども、将来は差がつくよ。

なんだかんだ言って、時間をかけて積み上げたものには、かなうわけがないんだから

ピックアップ記事

  1. あ、また1位になってる!
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. セミナーを開催しました

関連記事

  1. Making Destiny

    色気の哲学

    以前結構流行った話で聞いたことがある人もいるかもしれないけれど…

  2. Making Destiny

    災害に備える

    千葉で大きな地震があって以来、我が家でも日々防災グッズがやってきていま…

  3. Making Destiny

    現実を拒否すると、成長も変化もできない。

    以前広告関係の人がねこんなことをおっしゃっておられまして。…

  4. Making Destiny

    めんどくさいこと

    なんで、お金にもならない無料鑑定を未だにやっているんですかって…

  5. Making Destiny

    天才のぼやき

    昨日はひょんなきっかけで、美容師さんが集まる食事会に呼ばれてね。そこで…

  6. Making Destiny

    人生の主導権を握る方法

    ぼくは中学校1年生の時に、東京に引っ越してきたわけですが、正直…

  1. Mail For You

    運を上げる簡単な方法
  2. Podcast

    【第82回】誰も知らない特別な占星術的裏技
  3. Mail For You

    幸運は、ブサイクくん!?
  4. Making Destiny

    まずはリズムから
  5. Making Destiny

    別世界
PAGE TOP