Making Destiny

努力「していない」時間がキモ

練習や勉強をたくさんすれば良いってもんじゃない。

じゃあどこで差がつくかと言うと、それ以外の時間だったりする。

つまり、実は「努力していない時間」の過ごし方がすごく重要だったりする。

先日、キックボクシング選手ののスポンサーの人と話をしていたんだけどね、

この人が非常に面白いお話を聞かせてくれまして。

ボクサーというのは、実は練習時間は2時間ぐらい。

それ以上やってしまうと、オーバーワークになるらしいだって。

ということは、冷静に考えても、

練習量で差がつくということは、ほとんどないのです。

だって2時間ぐらいだったら、誰だって練習するし。

そもそも、プロボクサーだったら毎日練習するでしょ?

それは当たり前のことであって。

そんなことはみんなやってるから、実は差がつくところじゃないんだって。

じゃあどこで差がつくのか?才能?

もちろんそれも、そのひとつ。

マイクタイソンのホロスコープなんか見ると、あれは尋常じゃないからね。

でも、実は才能以外の部分もあってね。

才能でもなく、練習時間でもなく、どこで差がつくかと言うと、、、

「練習していない22時間」

ここでめちゃくちゃ差がつくらしい。

一流の選手というのはね。

練習時間の2時間を、濃密で、内容の濃いものにするため、

最大限の注意を払うらしい。

つまり、この2時間を常にピークにするために、残りの22時間を使うんだね。

例えば食事のタイミングだとか、睡眠時間だとか。

もちろんきちんと昼寝をするだとか。

ある選手は、心のリフレッシュのために

毎日毎日、まったく同じ犬のドキュメンタリーDVDを1日1時間見るのが、習慣なんだって。

全く無意味に感じるかもしれないけれども、
この1時間があるとないとでは、練習時間のクオリティが全く変わってくるんだって。

もはやプロの世界だよね。

つまり、全く何の関係のない、犬のドキュメンタリー映画を見ることも

もはや、練習の質を上げるために意図的に見ているってことなんです。

こういう考え方は、僕のような凡人でも非常に学びがあるわけ。

仕事をしていない時間、余計なエネルギーを発散していないか?

例えばSNSを見ていいねの数に一喜一憂したり。
どうでもいいタレントのゴシップ記事を何分を見てしまったり。
何度も読み返したLINEのタイムラインを、もう一度見直したり。

そして夏休みの思い出写真を、何10分も眺めてしまったり。

それによって気が休まって、仕事のパフォーマンスが
向上するのであればいいんだけれども。

必ずしもそうじゃないよね。

実は努力しない人っていうのはそうはいません。

結構みんな裏では頑張っています。

だけれどもそこに差がつくのは、このように

「努力していない時間」

の使い方なのかもしれませんね。

ピックアップ記事

  1. セミナーを開催しました
  2. あ、また1位になってる!
  3. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. Making Destiny

    保護中: 神様は優しいから、教えてくれないよ

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  2. Making Destiny

    スタートライン

    昨日の「むちゃぶり」のつづき。ベンチャー企業に入ると、とに…

  3. Making Destiny

    望まない結果を占い師に言われたら、、、

    昨日は直接鑑定のセッションをさせていただきました。色々と相…

  4. Making Destiny

    しつこいくらいじゃなくちゃ

    場を乱すような発言をする奴って、どんな場所にいても、ウザがられるものな…

  5. Making Destiny

    必要なものは人によって違う

    予備校に通っていた当時尊敬していた先生がおっしゃっ…

  6. Making Destiny

    第二の脳

    今期のライフコーチングも、スタートさせたから早くも2ヶ月目に突入して、…

  1. Mail For You

    悲運から抜け出す方法
  2. Making Destiny

    悩みに大きいも小さいもない。
  3. Mail For You

    運が悪いんじゃない。努力が下手なだけ
  4. Mail For You

    2種類の努力
  5. Podcast

    【第103回】どうせやるなら、おすすめ瞑想
PAGE TOP