Making Destiny

スタートライン

昨日の「むちゃぶり」のつづき。

ベンチャー企業に入ると、
とにかく無茶ぶりなことばかりさせられるって
お伝えしましたが。

一方で、僕自身
独立してからは、自分自身に対して
無茶ぶりばかり要求してきたように感じます。

そう、自分に対してです(笑)

別にドMな性格ってわけじゃないですが、
そうでもしないと食べていけなかったですから。

自分の生きがいとか、
そんなこと考えている暇がないくらい、
がむしゃらに働いてね。

それでも足りないから、
結局無茶振りになっちゃう。

とはいえ、ここまで食べてこれたってことは、
まあそれ良なりにうまくこれたんだと思う。

無茶振りも形になってたってこと。

でね、無茶振りってことをもう一度考えてみると、
つまるところ、それは結局「失敗を作る作業」
ということになる。

コレすごく重要。

無茶なんだから、失敗して当然なんです。

この感覚がなかなか最初は使わないんだとおもう。
どうしても、計画を「成功前提」で
作っちゃう人がほとんどだからね。

お勤めをされていたら
それも仕方ない。だって怒られちゃうもん。

でもね、世の中、成功する方が少ないんだよ。
一方で、成功するって確実なんだよ。

コレがつかめると早いんだけどね。

失敗前提で動いて、
失敗の原因を捉えて、
それを改善する。

コレをやればいいだけ。
でも、コレをやるには、
まず「失敗」とう前提がないと
先に進めないんだな。

占星術でうまくいきやすい仕事を見つけてもね、
失敗ゼロってわけじゃないんだよ。

そんなの、ホロスコープ見ないでも、

現実見りゃわかるじゃん(笑)

失敗せずに、成功した人なんているかい???

女性に振られたこともなく、モテる男なんているかい???

無茶振りをして、失敗をして、それを前提にしていく。

ここで初めてスタートラインなんだな。

PS,石田衣良さんの名言

「特別な方法があると思っているうちは、初心者なんだよ」

ピックアップ記事

  1. セミナーを開催しました
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. あ、また1位になってる!

関連記事

  1. Making Destiny

    運の良さは遊び心から

    とっても良いご報告がクリスマス前に飛んできました。ちょうど…

  2. Making Destiny

    ふつーに

    うどんが食べたかったなー。今日、本当は、 クライアントさんと富…

  3. Making Destiny

    納得できるとかどうでもいい。

    アドバイス業務をやっている方なら誰でも一度はぶつかる壁なんですが。…

  4. Making Destiny

    (カッコ付き)の真実

    「その劣等感いらなくない?」僕らとしては仕事が増えるの…

  5. Making Destiny

    頭の世界と外の世界

    【 頭の世界と外の世界 】 記憶が定かでは…

  6. Making Destiny

    劣等感は悪くない

    自分は素晴らしい人間だ自分はこのままで価値があるこんなフレ…

  1. ソウルナンバー 8

    2019年の運勢 ソウルナンバー

    2019年 ソウルナンバー8の運勢を占いました
  2. Mail For You

    運を上げる「質問法」
  3. Making Destiny

    実力相応?実力以上?
  4. ソウルナンバー 9

    2019年の運勢 ソウルナンバー

    2019年 ソウルナンバー9の運勢を占いました
  5. Podcast

    【第123回】風水、気にする、その前に
PAGE TOP