西洋占星術

惑星の年齢域

それぞれの惑星の意味を覚えていくにあたって、その惑星の「年齢域」というのを覚えておくと、その後非常にスムーズに学習が進んでいきます。

年齢域というのは、例えば0歳から7歳、7歳から15歳、15歳から20歳といった具合に、ある程度の年齢を区切ったもので、10個の惑星がそれぞれを担当しているというふうに考えます。

例えば0から7歳の年齢域を象徴しているのが月になります。

まさに幼少期、自分の骨格にある部分が出来上がる時期ですから「毎日繰り返すような自分に馴染んだ感情」という意味合いが出てきます。

まさに人間自身が、0歳から7歳の間に発達させる部分とリンクしていることがお分かりになると思います。

それでは他の惑星の順番に見ていきましょう

・月(0歳から7歳):毎日繰り返すような自分自身に馴染んだ感情

・水星(7歳から15歳):情報の集め方や広げた方。学び方。知性の発達

・金星(15歳から25歳):個人の楽しみ方。趣味、快楽。

・太陽(25歳から35歳):社会活動、人生をかけて全うする公的な目的意識。

・火星(35歳から45歳):攻撃性、活動性。活性化させるもの。

・木星(45歳から55歳):拡大、発展、やさしさ、寛容さ。

・土星(55歳から70歳):制限、枠組み。

・天王星(70歳から84歳):独立性、一部の改革。

・海王星(85歳以上):無意識、スピリチュアル、神秘的なもの。

・冥王星(死後の世界):死と再生。徹底的な改革。

このように、惑星が象徴する時期と、その意味合いををリンクさせると、非常に理解が進みやすいことが分かると思います。

惑星の持つ意味というのは、人間の成長する段階にシンクロさせて覚えておくと良いと言えるでしょう。

またそれぞれの惑星は、どのように活用するかというのがひとつのポイントでもあります。

わかりやすい例で言うと、牡羊座に太陽がある方は、要素として、火の活動宮、つまり、何か自分から始めたい、自分から発動することが多くなり、ということは人生の目的になりやすい部分は確かにあります。

ただしこれは決定事項というよりも、このような自分をいかに活用し、自分自身の人生で使うのか、もしくはあえて使わないのか、判断をすべきところでもあるので。

星それぞれの意味を活かすということが、つまり惑星を使うということにもなり、惑星の要素は十分引っ張り出すためには、自分の中にその惑星がになっている部分を、しっかり見ておく必要があるのです。

年齢域にはもう一つ意味があります。

それぞれの意味という意味だけではなく、この年齢域の時期に、惑星が強く発達されるという風にも言われているのです。

つまり月の要素は、0歳から7歳の間に、発達するというふうに考えられているのです。

この年齢期の発達という考え方を利用すると、おおよその未来の出来事を予測することも可能です。

先ほど出てきた、牡羊座月の方は

月(0歳から7歳)牡羊座:非常に明るく生きようと元気のある家庭で育つ

という風に読むことができるのです。

年齢域の惑星のサインを書き込んでいくのは、一つ一つ単調な作業となりますが、このように、たとえ簡単な手法であってもリーディングの一歩を踏み出すことは、学習を進めていく上で非常に重要なポイントとなります。

まずは出来ることを一つ一つ覚えて、それを上手に活用することから始めて行ってください。

ちょっとでも「占っている」という時間を持つことが、自分の技術を高める上で何よりも重要になってくるのです。

ピックアップ記事

  1. セミナーを開催しました
  2. あ、また1位になってる!
  3. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. 西洋占星術

    3区分4元素で読む

    占星術と言うと、「どの惑星が、サインにあるか?」「惑星と惑星の角度がど…

  2. 西洋占星術

    月の特徴

    それではここからは、各惑星の意味合いや象徴についてお話をしていきましょ…

  3. 西洋占星術

    水星の特徴

    水星について解説していきます。水星がコミュニケーションを表す惑星で…

  4. 西洋占星術

    惑星とサインの意味の違い

    西洋占星術と言うと、惑星があり、サインがあり、これらを組み合わせていろ…

  1. Mail For You

    本当は強いあなたへ
  2. Making Destiny

    必要なものは人によって違う
  3. Mail For You

    軽やかに運良く生きるためのコツ
  4. Making Destiny

    25:25:50
  5. Making Destiny

    エネルギーを変なところに使うなよ
PAGE TOP