西洋占星術

月の特徴

それではここからは、各惑星の意味合いや象徴についてお話をしていきましょう。

まずはじめに、月です。

最近は月星座というものも非常にメジャーとなりましたし、ご自身の月がどの際に在住しているかご存知の方も多いのではないでしょうか。

年齢域で見ていくと、この月の意識が発達するのは7歳までと言われています。

7歳までにその方が吸収されるもの、つまり家庭環境だったり、狭い世界の印象だったり、こういったものがその方の個人的な生活の送り方や、好き嫌いの基礎的な感情パターンとして刷り込まれると言われています。

当然この0歳から7歳までの間に、どこか満たされないような生活を送ってしまうと、生涯を通じて精神的に安定させることが難しいと言われています。

この世に生まれ落ちてから、ずっと弾き続け個人の曲だったり、感情的な傾向だったり、また、気質といったものは、この月によって表現されます。

そしてこの一番重要な、物心がつく前に家に着いた曲というのは、鬼が全く無自覚に、その人のアイデンティティに刷り込まれると言っても良いでしょう。

また月というのは、占星術で使う天体の中で最も速度が速く、変化がめまぐるしいともいえます。

冷静に考えてみると、私たち個人の毎日も、日々様々に気分が変化したりしますよね。それとリンクをしているのです。

また、月というのは母親の影響や、男性にとっては奥様を表す惑星でもあります。

女性にとっては、結婚後、自分がどのような家庭を築くのかも表現しているのです。

このように月というのは、自分の感情の土台を安定させる上で、非常に重要な惑星だと言えるでしょう。

ご自身の月のサインがなんなのか、一度確認してみると非常に面白いと思います。

自分の真の意味のプライベートな空間は、この月の意味を満たして、心を落ち着ける空間でしょうか?

そういう場所をしっかり把握しておくことで、ストレスの解消になったり、自分の居場所を実感できるようになります。

牡羊座:本能的に何かを求めたいという欲求が非常に強くなってきます。他の学生との影響で、表面的には穏やかでも、実際には勝気で情熱的な部分が強くなります。何事にもエネルギッシュに大胆に求めていくその姿勢は、この月の影響だと言えます。この要素が良き形で出てくると、どんな困難にも負けない姿勢になります。かき氷新しいことにチャレンジできる空間が一番落ち着きます。

牡牛座:安定した状態を無意識に求めてしまうのが牡牛座の月の特徴です。落ち着いた環境を求めていて、これはすなわち、経済的にも安定した生活を意味しています。これがないと穏やかさを保てません。美味しいものを食べたり、芸術を鑑賞したり、心豊かに暮らすことが、一番の喜びだと思います。美しいものに囲まれていたり。自分自身が気に入ったものに囲まれた空間に癒されます。

双子座:常に新しいことを求め、強く好奇心を持っているのが双子座の月の特徴です。一つの所にじっとしていられないような活発さがあり、感情的にもどんどん変わっていくのが特徴です。この月が良い形で作用すると、多くの物事に興味を持ち、情報を収集し、人との交流も盛んになります。好奇心を刺激されるような面白い場所に居心地の良さを感じます。

蟹座:優しく穏やかで、母性本能が強く、情感にあふれた関係を求めるのが蟹座月の特徴です。月はもともと蟹座の支配星でもあるので、この蟹座に入ってる時に一番力を発揮します。この月の影響が良い形で出てくると、情緒豊かで人情深く、世話好きなみんな出てくるでしょう。人をおおらかに包み込む温かさが生まれます。生活感があり、スーパーなど馴染みの空間に居心地の良さを感じます。

獅子座:自己表現をしたいという本能を持っているのが獅子座の月が特徴です。自分をアピールし、人から認められることによって自分自身の心が満たされてくるのです。この月の影響がプラスに作用すれば、非常に自信家であり、また考えな性格になってきます。何をするにもダイナミックに行動することができるでしょう。自分自身が目立ち主人公になれるような場所に居心地の良さを感じます。

乙女座:繊細でナイーブな部分と、思慮深さを表現しているのがこの乙女座の月です。どこかロマンチックな感情を持っていますし、秩序を重んじ、無意識のうちに完璧さを求めてしまうのも月の乙女座の特徴と言えるでしょう。この配置はプラスに働くと、細やかな気配りが出来ますし、随所に目が行き届く人となります。清潔な場所だったり、日常的な作業を淡々とこなす場所に居心地の良さを感じます。

天秤座:この配置をもつ方は、本能的に、他人のことを意識し、バランスを取ろうとします。自分がどう見られているのかということを常に考えているので、どのようふるまえば、相手と良い関係を築くことができるかを常に考えているのです。この配置がプラスに作用すると、社交的で人間関係のバランスを保つのがとても上手になります。協調性がある人物になれるので。人との車高を穏やかに楽しめるような空間に居心地の良さを感じます。

蠍座:物事の本質を見抜く洞察力、粘り強さが与えられるのがこの蠍座月の特徴です。じっくりと時間をかけて物事を見据え、それに加え水のサインですから、心の裏側にある本には嘘を見抜くこともできます。この配置がプラスに働くと、トラブルなどがあっても慌てずに、世界と自分の取るべき方向性を見極めることができるでしょう。一つのことに徹底的に関わる良い意味でのしつこさがあります。親密の人と一緒にいられる空間に居心地の良さを感じます。

射手座:この配置を持つ方は、本能的に広い世界に憧れ、生活に変化と刺激を求めるのが特徴です。いわゆる束縛を嫌い、常に自由な状態を無意識に求めてしまいます。この配置がプラスに働くと、いわゆる無邪気で自由奔放、屈託のないポジティブな人になれます。まさに象徴のように、回りくどいことは避け、一直線に進む、そして追求する潔さが生まれます。なににも縛られない自由な空間に心地の良さを感じます。

山羊座:秩序やルールを非常に重んじるところがあるのがこの配置の特徴です。そのために何事に対しても真面目に取り組み、責任感もとても強いでしょう。しかしその心の奥底には、社会的に成功したいという欲求が内在しています。この配置がプラスに働けば、土の活動なので、コツコツと努力をし、忍耐強く物事を成し遂げる力が宿ります。起立通り物事が進んでいく、秩序のある空間に居心地の良さを感じます。

水瓶座:この配置をもつ方は、個性的でありたいという欲求が非常に強くなります。そのため人と違うことによって自分自身を安心させることができるのです。この配置がプラスに働くと、非常に独特かつ独創的なキャラクターを持ち、周りの目を気にすることなく自由な発想で物事を判断することができます。感情的にも差が探しているのが特徴です。自分自身の独創性を発揮できる空間に居心地の良さを感じます。

魚座:この配置をもつ方は、感受性が非常に鋭く、直感力が優れているということが言えるでしょう。そして自分と他者との境界線が曖昧な部分という特徴を持っています。この配置がプラスに働くと、ムードや雰囲気を直感的に感じ取るのが得意な人になり、他社への同情心が豊かになってきます。感情移入をして一緒になりたい、人の痛みはわかってあげられるのもこの配置の特徴です。感受性豊かなので、内面空間に浸れるような場所に居心地の良さを感じます。

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. セミナーを開催しました
  3. あ、また1位になってる!

関連記事

  1. 西洋占星術

    惑星とサインの意味の違い

    西洋占星術と言うと、惑星があり、サインがあり、これらを組み合わせていろ…

  2. 西洋占星術

    3区分4元素で読む

    占星術と言うと、「どの惑星が、サインにあるか?」「惑星と惑星の角度がど…

  3. 西洋占星術

    水星の特徴

    水星について解説していきます。水星がコミュニケーションを表す惑星で…

  4. 西洋占星術

    惑星の年齢域

    それぞれの惑星の意味を覚えていくにあたって、その惑星の「年齢域」という…

  1. 今週の運勢

    今週の占い(7/7 – 7/14)
  2. 2018年下半期の運勢

    2018年下半期のさそり座(蠍座)の運勢
  3. しし座

    2020年の運勢・12星座別解説

    2020年しし座(獅子座)の運勢を占いました
  4. 2021年のうお座の運勢

    2021年の運勢・12星座別解説

    2021年版・うお座(魚座)の運勢を占いました
  5. 2020年下半期の運勢

    2020年下半期のみずがめ座(水瓶座)の運勢を占いました
PAGE TOP