Making Destiny

感謝の反対語

●感謝の反対語

ライフコーチングの受講生の皆様には
日々、日常に紛れている幸運を拾い上げる
そんな練習をして頂いているのですが。

このトレーニングというのは
ものすごく重要なトレーニングです。

自分自身の運勢は上げるための
必須条件と言っても良いでしょう。

なぜこんなにも
大げさなことを言ってるかと言うと。

ある方から教えていただいたこの言葉が
僕にとっての座右の銘の一つになっているから。

「感謝の反対語は、当たり前」

冷静に考えてみてください。

今目の前にあるペットボトル。

これが製造されて
私たちの手元に届くまで
どれぐらいの人が関わって
くださっているのでしょうか。

またこの液体を作るために
どれだけの工場や設備などに
投資をされたのでしょうか。

ものすごい金額と
ものすごい人の手てが関わって
ようやく手元に届くわけです。

しかしペットボトルの性質上
自動販売機でボタンひとつで
しかもたった160円で手に入るので。

その背景に流れている
ものすごいコストと労力なんて
普通は想像できないわけです。

しかしペットボトルのお茶が安全に
手元に届くというのは
奇跡以外の何者でもない。

ありがたい。。。

そうやって感謝の気持ちを
自ら育む練習しておかないと
毎日不満だらけになります。

不満だらけになると
運勢が落ちてきます。

その人の持っているポテンシャルに蓋がされて
運の悪い人になっていくのです。

ネガティブな言葉が
潜在意識にどれほど悪影響を
及ぼすのか。

どんな入門書にも書いてある
こんな簡単なものの。

本を手放した瞬間に
ほとんど忘れてしまう。

なぜでしょうか?

「当たり前」にハマってしまうからです。
これが諸悪の根源なわけです。

1本のペットボトル。

海外に行かれた方であれば
よくわかりだと思いますが。

同じ分量で
しかも安全に蓋が閉まっていて。

これですが実は
普通でない国もあるのです。

平気で蓋が開いていたり
平気で分量が違ったり(笑)

当たり前のことなんて
何一つないわけです。

「ありがたい」を一つ一つ
丁寧に拾い上げていく。

「当たり前」の感覚をすて
「ありがたい」の感覚に育てていく。

運を育てるということは
そういうことなのです。

そしてこれは
きちんと習慣化し
意識して鍛えていかないと
育っていかない感覚なのです。

育てないと「当たり前」ばかり
不満ばかりの日常になります。

当然運は悪くなります。

運の力は育てなければなりません。

育てなければ運が悪くなるのは
当然のことなのです。

ピックアップ記事

  1. セミナーを開催しました
  2. あ、また1位になってる!
  3. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. Making Destiny

    ストイックさは本当に運を上げるのか?

    ・自分に厳しくなれないんですこのてのご相談は僕のところにも…

  2. Making Destiny

    My Notebook

    「おうし座水星は紙に書いて、頭を整理する」昔西洋占星術を先生に…

  3. Making Destiny

    ぼくの”メンター”の定義

    正直なところ、僕は今まで「メンター」たる存在を求めた記憶が、ほとん…

  4. Making Destiny

    スタートライン

    昨日の「むちゃぶり」のつづき。ベンチャー企業に入ると、とに…

  5. Making Destiny

    規則正しく、美しく

    ここのところバタバタしておりまして自分の生活リズムが崩れてしまった…

  6. Making Destiny

    七輪

    普段、出不精で付き合いが悪い僕も今月だけはやっぱり飲み会が増えてき…

  1. Podcast

    【第38回】金運を上げる秘密
  2. メルマガ

    残り164時間の恋愛術
  3. メルマガ

    軽い人”だけ”が、時代の波に乗れる!?
  4. Making Destiny

    とにかく走ろう
  5. メルマガ

    挫折は愛のメッセージ
PAGE TOP