Making Destiny

3月28日、大阪でセミナーをやります

先日スタッフより
ご報告させていただきました通り。

3月28日の土曜日に、
大阪で、僕のセミナーを開催させていただく予定と
なっております。

ぜひとも、ふるってご参加頂ければと
思っております。

僕が現時点で一番大事に思っている
運を上げるための秘訣ですが。

今回の内容でお話しするのは、
おそらく最後だと思います。

また僕自身が一人で喋るのも
今後は機会を減らしていく予定です。

去年あたりからでしょうか。

「あー、急激に時代が変わったなー」
と思うところがありました。

その変化に対して、
「このままのやり方ではいけない」と
そう思ったことが、正直なところです。

変化とは何か?

それは、トレバー占星術を始めた11年前と比べ
「とてつもない格差が生まれつつある」
ということです。

その大きな原因の一つは
いうまでもなくインターネットです。

インターネットの普及により
情報量が爆発的に増えました。

情報量が増え、
誰でも自由に貴重な情報に
アクセスできるよになりました。

となると、情報格差というものが
少なくなってしかるべきですが。。。

現実問題どうでしょう?

ぶっちゃけた話。

情報格差は、以前にも増して
残酷的なほどに広がっています。

ネットの情報というのは
確かな情報よりも、刺激的な情報の方が
重宝される傾向が強いという性質があります。

意表をついた話、真実を塗り替えた話の方が
PVが増えるのです。

その専門家でもある
アフィリエイターさんやyoutuberさんたちは
そこを狙っていきます。

つまり、情報は増えたとしても
そこには、かなりのジャンクが
含まれているのです。

見る人が見ればわかります。
でも、圧倒的に気づけない人が多いのです

見る方が情報の選別ができないと
誤った情報を信じてしまいます。

これは恐ろしいことです。

情報の選別能力に
かなりの格差が生じている。

こういう変化は、こどもの教育現場にも
如実に現れてきています。

先日、30年間も公文の先生をされてこられた
クライアントさんとお話ししていたのですが。

この30年で
教室に訪れる子供の様子が
ずいぶん変わっていったそうです。

そして今の子供たちが大人になるということに
非常に恐れを抱いてるそうです。

なぜか?

今の時代において、
子供を学習塾に通わせる親御さんのニーズというのは
以下のようなものだそうです。

・宿題は出さないで欲しい
・居残り勉強はさせないで欲しい
・ストレスはかけないで欲しい
・でも成績をあげて欲しい

僕は一瞬、耳を疑いましたが
こういう親御さんが、非常に多いとのこと。

つまり、簡単に苦労もせず、時間をかけずに
あっという間に成績が上がる方法が存在する。

そう本気で信じ込んでいらっしゃるわけです。

このような現象は当然、
正確性よりも刺激物を優先した
ネット情報の影響でしょう。

ネットには至るところに

・すぐ成績が上がる
・勉強しなくても良い
・1日5分で英語が読める

そんな誘惑満ちたキーワードが
あちらこちらに溢れています。

それを信じてしまうのも
無理はない。

親御さんにも悪気があるわけでは
決してないわけです。

ただし、わかっている人は、わかっているのです。

「そんなこと信じるなんて、馬鹿じゃないの?」と。

そして、正攻法で子供に鍛錬を繰り返させ
最新メソッドも、正しいものだけを取り入れる。

親の情報選別力の差で、子供の学力にも
埋め切れないほどの差が
生まれてしまっているのです。

自分の子供。

何がなんでも幸せになって欲しい。
できれば成績もあげて欲しい。

そう本心で願っているのが
親というもの。

しかし、そもそも親御さんが
ジャンク情報に踊らされてしまい
正しい情報がキャッチできない場合。

逆方向へ子供をリードしてしまう。

そのような現象が、30年前に比べて
圧倒的に増えたと、公文の先生はおっしゃるのです。

情報を制御できない親御さんの方が
圧倒的に多いのです。

先生はこうおっしゃっています。

「今の子は、本当に弱くなってしまいました」

「方法論を求めて、すぐにあちこち転塾するので
地に足がつかないのです。」

「常に裏技とか、魔法のような方法を探しているのです」

「そんなよそ見ばかりするものだから
長時間、姿勢正しく椅子に座って勉強するという
当たり前のことすら身についていません。」

「そんな子は結局、成績が上がらず、
全て塾のせいにされてしまいます」

「30年前には、決して見られなかった光景です」

「そもそも、鍛錬をすると言う考えがないのでしょう。」

「一方で、わかってる親御さんは、子供にコツコツ努力させています」

「そういう素直な子は、あっという間に、成績を上げます」

「つまり、楽な方法を探す親御さんと、そうでない親御さんの間で
子供の学力に、ものすごい格差があるのです」

かつて、ホリエモンさんが
「偏差値60以上の人間はみんな自習できる」
「だから学校はいらない」
と言っていました。

確かに的を得ているコメントだと思います。

しかし、僕なりに言い換えるならば

「偏差値60以上の人」が大事なのじゃなくて
「偏差値60以上の人は正しい情報をキャッチできる人」

と言った方が正確ではないでしょうか?

つまり、偏差値よりも
「正しい情報がキャッチできるかどうか?」
の方が大事なのです。

いま、多くの人は
正しい情報をキャッチできていません。

当然の話ですが
モデルさんが、化粧品と一緒に写っているインスタ画像は
提供を受けている商品です。

モデルさんが使っている私物ではありません。

それすら知らない人が
ワンサカいらっしゃるのです。

わかっている人と、わかっていない人の格差が
物凄いのです。

ちょっと恐怖を覚えたりもしています。

わかる人はわかるけど
気づけない人は、全く気づけない。

言い方きついですが
食うか?食われるか?

そんな時代が、訪れてきてしまっているのです。

当然、僕の力不足もありますが、
なんだか最近は本音でお話しするのが
難しい環境になってきました。

端的にいうと、直球でお話しすると
古い人間と、疎ましく思われるケースも
事実、増えてきたのです。

なかなかこのトレバー占星術という活動の中で
本音でお話しするのが、難しくなってきました。

僕自身も変わらなければ。

なので、次回のセミナーで一区切りをつけて
つぎのステップへ進む決断をしました。

ということで、、、

3月のセミナーは、最後の本音トークだと思って
一生懸命お届けしたいと思います。

昨年、来ていただいた方は
よくわかりいただけると思います。

決して楽しい話ではないですが
人生がガラリ変わるほど刺激的な話です。

ぜひお越しいただければと思います。

ピックアップ記事

  1. あ、また1位になってる!
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. セミナーを開催しました

関連記事

  1. Making Destiny

    事実だけが正しい

    僕らはどうしても期待で物事を判断してしまう悪い癖っ…

  2. Making Destiny

    ちょっとは専門的なことも、、、

    お気づきだと思いますが僕はコテコテの占星術の理論をえらそうに書…

  3. Making Destiny

    エチオピア

    神保町に「エチオピア」という美味しいカレー屋さんがありまして。…

  4. Making Destiny

    人に仕える

    嬉しいご報告がありました。昨日お会いしたお客様はなんと僕の…

  5. Making Destiny

    兆し

    自分で言うのもなんですが、僕は、直感が働くと言うか、無意識に必要な行動…

  6. Making Destiny

    別世界

    なぜ願望が叶わないのか?それは願望がイメージだから。妄想す…

  1. メルマガ

    絶望するから、チャンスがつかめる
  2. Making Destiny

    無意識の壁
  3. メルマガ

    イライラから生まれた大発明
  4. お客様の声

    いただいたご感想 M様
  5. Podcast

    【第183回】批判に負けないメンタルを作る方法
PAGE TOP