2020年下半期のふたご座の運勢

2020年下半期の運勢

2020年下半期のふたご座(双子座)の運勢を占いました

全体運

木星が引き続き絆の部屋を運行し、双子座のあなたに特定の人との関係性を深めるよう促します。仮にあなたにそういった相手がいなかったとしても、これまで以上に周りに関心を寄せ、好奇心の一歩先の相手の心の内に踏み込むようになるでしょう。
木星が逆行している9月上旬までは、試行錯誤を繰り返しながらもあなたは相手との距離を少しずつ縮めて行きます。焦らず、ゆっくり相手と距離を取りながら接する事でこれまで見えなかった相手の本心が見える時期です。
特定の人との深い関わりが発生する一方で、火星は交友の部屋に長期滞在し大勢との関わりも発生する時期です。双子座のあなたにしては珍しく、大勢を相手にして見せる顔と、特定の人との間で見せる顔にギャップが生じます。
誰にでもフラットに接するあなたが、誰かにテコ入れしたり想いを注力するようなことが起こるでしょう。あなたはそういった現象に戸惑いながらも、人の深い想いを理解したり踏み込まなければわからない闇や愛までも発見するでしょう。
そして水瓶座で木星と土星が重なる12月22日頃、あなたは新しいチャレンジに挑みます。それはこれまで苦楽を共にした頼もしい味方がいるからこそ実現するのだろうと思います。

土星の最終課題

一旦水瓶座に抜けていた土星が再び山羊座に戻ってくる7月上旬から9月にかけては、あなたは再び深いテーマに取り組むことになります。
双子座の人達の利点と言えば深いことに拘らず、相手の価値の違いを認め、人と人はそれぞれ違うということを前提に繋がり合えるというキャパシティの広さにあります。
ただしそれだと何かを深く追及したり、奥深く隠された真実を見つけられないままに浅く広く人と繋がり表面上だけの付き合いとなってしまう危険性も孕んでいます。
どちらが良いかは別として、土星が双子座の人たちに与える試練は深く相手と繋がり、見たくない真実や闇の部分を知った上での忖度であるでしょう。双子座の人達は良いものはいい、悪い物は悪いと子供のように判断しますが大人になるとそれなりの事情があり、依怙贔屓や肩入れといった事が発生します。
あなたはこの課題を12月下旬頃までに完了させることになります。やんごとなき事情が発生したり、ただ単に実力や結果のみでは判断できない柵を通してあなたは多くのことを学びます。
相手の弱みを握ったり握られたりしながら、信頼できる関係性を構築するのが土星からの最終課題と言えるでしょう。

ラストスパートテーマ

木星が一対一の関係性を促す一方で、火星が交友の部屋を長期運行する影響で対外的な活動も活発になるのが2020年の後半です。
7月を過ぎるとこれまの鬱積を払拭するかのように、活動の場を広げて様々なグループに顔を出すようになるでしょう。
本来のあなたとしてはその方が自分らしくいられるのですが、一方で木星は一人の人との関係性やこれまでの蓄積を定着させるよう促します。あなたからすればジレンマを抱えてしまうことになりますが、いっそのこと旧知の関係や体制を定着させつつ外に出かけてみるのもありなのではないかと思います。
最初は二足のわらじを履くような気分で慣れないかも知れませんが、双子座は元々器用なタイプであらゆる価値観や人との間を行ったり来たり出来るフレキシブルさがあります。
あなた自身も一人の人間や古い体制ににじり寄られるとそれはそれでストレスが溜まると思いますので、火星のエネルギーを利用して対外的な活動も並行して行うことによって、個人的な夢を実現しつつ人からの深い理解や愛情と言ったものも得られるでしょう。
あなたに苦言を呈する人を足を引っ張ると思わず、有益な助言と捉え物事を定着させることが出来れば、あなたは人生に必要な深淵な関係性を得ることが出来るでしょう。

恋愛運

恋愛の凄味を知る、のが双子座の人達にとっての2020年後半の恋愛運です。木星が絆の部屋を通過し、火星が交友の部屋を刺激するこの時期はあなたの望む形での恋愛が展開しつつ、その相手と深い絆で結ばれる運命です。
恋愛に希望を持ちながら相手との関係性を構築出来る時ですが、深い絆というのはそれなりのすったもんだがないと一長一短では築けません。この時期は恋愛の楽しさや派手さだけでなく、相手の嫌な面や弱み、そして裏切りや許しを通してあなたの恋愛力が養われるでしょう。
進展したかと思えば後退するような恋愛模様を通して、あなたは待つ事の大切さ、そしてかけがえのないパートナーに尽くす事を学ぶのです。運命共同体のような相手と共に、一喜一憂しながら大きな愛情を育めるでしょう。
8月上旬までは金星があなたの星座に滞在し、恋愛を盛り上げます。6月下旬までは金星が逆行する影響で相手の真意が見えなかったり見かけに惑わされてしまったりしそうです。パートナーの部屋で月食が起こる6月6日頃、ひょんなことから相手の本音を知るきっかけが得られるでしょう。
また、半年間を通して火星が交友の部屋を運行する影響から、多くの人が集う場で出会いがあったり、パートナーがいる人もそういった場所に二人で出かける機会が増えるでしょう。
多くの異性と知り合い、その中から深い絆を育んでいける男性を選ぶような慎重でありながら華やかな期間となるでしょう。

仕事運

木星が定着の部屋を運行する影響で、仕事には安定感や確実性が求められる時です。派手な動きはあまりなく、ありきたりのルーティンをこなすようなパッとしない仕事運かも知れません。
しかしこんな時こそこれまでの仕事を見直し、着実にステップアップする準備期間に充てるべきです。双子座の人は新規的な要素や奇抜なアイディアを仕事に活かすのを得意としますが、今期は仕掛けるのではなく、これまでのスキルや仕事の人間関係を定着させる時期です。
必然的に裏方にまわることが多くなり、誰かのサポートにまわったり自分のタスク外のヘルプメンバーになったりもするでしょう。しかし今期は最大限に恩は売っておいた方が後で倍なって返ってきたり、自分が困っている時に助けてもらえたりしそうです。
活躍出来ないからと腐らず、目の前のことを着々とこなし困っている人がいれば救いの手を差し伸べましょう。対外的な活動も活気づく時ですから、自ら勉強会や意見交換の場を開くのは得策です。
そういった活動を通して活発な意見が交わされ、あなた自身のモチベーションも上がると同時に仕事にも活かされていくようです。困っていることの相談やアイディアの交換なども活発に行われるでしょう。
仕事の部屋で水星が逆行する10月中旬から11月上旬にかけては、慣れている仕事でもミスや行き違いに注意したい時期です。いつも以上に確認を行い、メモやメールで証拠を残すと後々のトラブルを未然に防げるでしょう。

金運

人の想いがお金になると言ったら語弊があるかも知れませんが、人からの深い感謝の気持ちや愛情といったものがダイレクトに金運に結び付く時です。
あなたを大切にしたいという人が現れ、何かと気にかけてくれたり便宜を図ってくれたりするでしょう。深い愛情で結ばれているのであれば、相手もあなたへのサポートを惜しみなく続けて行こうと思うはずです。
7月上旬までは水星が金銭の部屋で逆行する影響から、そういった状況に甘えすぎると思わぬ番狂わせが生じるようです。決して当たり前と思わず感謝の気持ちを表し、相手が困った時にはこちらが助けると言う気持ちで接して行きましょう。

ピックアップ記事

  1. あ、また1位になってる!
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. セミナーを開催しました

関連記事

  1. 2020年下半期の牡牛座の運勢

    2020年下半期の運勢

    2020年下半期のおうし座(牡牛座)の運勢を占いました

    全体運木星があなたを大海原へと後押しする中、2020…

  2. 2020年下半期の運勢

    2020年下半期のうお座(水瓶座)の運勢を占いました

    全体運2020年の3月頃から、水瓶座に進んだ土星の影響で見えない敵…

  3. 2020年の下半期の射手座の運勢

    2020年下半期の運勢

    2020年下半期のいて座(射手座)の運勢を占いました

    全体運木星があなたの隠れた才能を照らす中、再び土星も同じ部屋に戻っ…

  4. 2020年下半期のおひつじ座野運勢

    2020年下半期の運勢

    2020年下半期のおひつじ座(牡羊座)の運勢を占いました

    全体運5月中旬から逆行している木星は、社会的に忙…

  5. 2020年下半期のやぎ座の運勢

    2020年下半期の運勢

    2020年下半期のやぎ座(山羊座)の運勢を占いました

    全体運あなたの元に木星が訪れて半年余りが過ぎました。あなたは既に木…

  6. 2020年の下半期のしし座の運勢

    2020年下半期の運勢

    2020年下半期のしし座(獅子座)の運勢を占いました

    全体運再びあなたを取り巻く環境やライフスタイルを整えて行くのが20…

  1. メルマガ

    強く願っても思いは叶わない!?
  2. Making Destiny

    良い人になるのは、もっと後。
  3. メルマガ

    努力の方法、ちゃんと知っていますか?
  4. Making Destiny

    結果を出せない理由
  5. Making Destiny

    人の話は、その場で聞こう
PAGE TOP