メルマガ

高野山で

今このタイミングしかない。

そう思って今週の頭に
高野山に行ってきました。

緊急事態宣言を解除され
ようやく外出が許された
このタイミング。

少し時間が経ってしまったら
それこそ第二波が
やってくるかもしれない。

また外出ができなくなったら
今年は参拝できなくなってしまう
ということで。

皆様の無病息災と
新型コロナの早期終息を祈願しに
行ってまいりました。

今現在の高野山は
空気感が漂っています。

いつも観光客でごった返し
インバウンドのお客様で
奥の院も人だらけなのですが。

今回は、ほとんど
人がいらっしゃらず。

本来の奥の院はこんなにも静かで
ただならぬオーラが漂っているんだと。

そんな元の高野山の姿を
体験させていただきました。

今回も、元お坊さんにガイドしていただき
いろいろお話を伺いながら
奥の院を回ったのですが。

今回こんな素敵な話を
聞かせていただきました。

お坊さんは皆さん、
いよいよ一人前となったところで
師匠から名前をいただくのですが。

ここで真言宗の
とても深い思想が流れています。

お坊さんの名前を作るには
師匠が姓名判断などを駆使して
考えてくださるそうですが。

ここでね。

ちょっと変わったことを
するそうなんです。

それは何かというと。
あえて画数を外すんです。

一画、減らすなどして
不完全な状態にするそうなんです。

なぜそんなことをするのか?

「いつまでも修行中の気持ちを忘れないこと」
「完璧なものは、後は朽ちていくだけ」
「不完全ということは、まだまだ成長できる」

そんな願いが
こめられているそうなんですね。

完璧なものは
後は朽ちていくだけ

この考え方はとても重要です。

心が不安になり
神経質になってしまうと。

どうしても完璧なものを
求めてしまいます。

それが故に
目の前にあるチャンスが見えず
いつのまにか何も経験できず
時が過ぎてしまいます。

完璧主義というのは
意味合いとしては
ポジティブなものかもしれませんが。

現実問題、
ネガティブな 現象を引き起こす
一番の要因だったりします。

そんなに完璧を求めることが
尊いのでしょうか?

そもそも自分が求めている完璧というのが
下り階段のてっぺんであると分かれば
そんなにしがみつかなくてもよいはずです。

正しいか、 間違ってるか
そんな話をしているのではありません。

どう考えれば
自分の人生が好転するか。

それだけを考えて欲しいのです。

そう思った時に
高野山のお坊さんのように

「完璧を捨てる」

という思想を持っていた方が
明らかに人生うまくいくのです。

不完全を好めるようになれば
それだけで、チャンスが掴める。

覚えておいてください。

今後、状況がさらに悪化していくと
どうしても完璧を求めてしまいます。

だからこそ完璧を求めると
何も手に入りません。

目の前にチャンスはいくらでもあるのに
それを自ら手放してしまうのです。

「こんなもの、自分のやることじゃない、、、」
「こんなもの、求めてない、、、」
「こんなもの、自分に相応しくない、、、」
「こんなもの、やっても意味がない、、、」
「こんなもの、理想と全然違う、、、」
「こんなもので、妥協はできない」

全てその通りです。
ね?わかったでしょ?

それくらい「正しい」というのは
怖いのです。

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. セミナーを開催しました
  3. あ、また1位になってる!

関連記事

  1. メルマガ

    動乱期を生き抜くコツ

    無事一週間を終えることができました。一部では、この一週間の…

  2. メルマガ

    生活にお漬物を作る

    最近忙しくてなかなか料理ができず、外食に頼ってしまっています(笑)…

  3. メルマガ

    悲運から抜け出す方法

    昨日まで公開しておりました無料のオーディオセミナー「運のコント…

  4. メルマガ

    すごい人を惹きつけるテクニック

    ここ最近、ゴリゴリの精神論が多かったんで今回は、フランクに…

  5. メルマガ

    優秀なだけじゃ上手くいかない

    人生を真剣に生きる人ほど自分にも、人にも、厳しくなってしまいま…

  6. メルマガ

    絶対必要な『リスタート力』の鍛え方

    12月も早くも半ば。あっという間に2015年が過ぎて、20…

  1. Making Destiny

    一回じゃ無理
  2. メルマガ

    振り向いてくれない彼に愛を注ぐ!?
  3. Podcast

    【第167回】イライラしない思考法
  4. Podcast

    【第225回】開かずの扉を開くために
  5. Podcast

    【第30回】直観力を鍛えるには?
PAGE TOP