For you

孤独な時間が大切なものを運んでくれる

『あー、今年も嫌なクリスマスがやってきた。。。嫌な季節だ。。。』

ひとりぼっちでいる時、この季節程苦しく惨めな時期はありません。

町は華やかに、恋人たちは楽しそうに、すべてが幸せそうに見える社会の中で

自分だけが取り残されたような気持ちになってしまう。

私も、そんなつらい12月を何度も何度も経験してきたので、

その切ない思いは、痛烈によくわかる気がします。

今日は、そんな事も絡めて、ちょっと僕の話をしたいと思います。

●孤独が作ってくれた、あなたとの出会い ~トレバーの学生時代~

今でこそ、多くの方からトレバーさんトレバーさんと呼んで頂き

少しでも社会から必要とされる喜びを感じていますが、

私の学生時代は誰からも存在を求められない、孤独の毎日でした。

私はワケあって、人よりも年齢を重ねて大学に入学しました。

しかも夜間の大学です。

入学当初、もう心身ともにボロボロだったので、もう誰とも話をする事もできず

マイナスオーラ出まくりだったと思います。

だって、あれだけ賑やかなサークル勧誘の在学生たちが

私には誰ひとり、一言も声をかけてくれませんでしたから(笑)

そんな事もあり、恋人はおろか、友人すらいない。

寂しい思いはありつつも、そういう存在を作る努力すらしない。いや、できない。

まさにひとりぼっちの中、どうする事もできませんでした。

そんな時、ある一冊の本に出会い、この本が僕の大学時代を決めました。

その本にはこう書いてありました。

●『大学時代は、孤独になれるチャンスです。無理に友人作りに走らず、

徹底的に孤独になって、自分を掘り下げてみましょう』

つまり、もっと暗く孤独になれと(笑)

ただ、この言葉は当時の私に取って好都合だったのですね。

だって、心身ぼろぼろで、完全に対人恐怖症の大学1年生ですよ。

孤独になる事自体、後ろめたい事、惨めに思っていたのに、

それで良いと書いてあったのですから(笑)

そして、僕は決意しました。大学時代は『友達を作らない』と。

それ以来、冒頭にも述べましたが、私の大学時代は

それはそれは、寂しくひとりぼっちの日々でした。

この際、強がりは言いません。正直に言います。

やっぱり周りが羨ましかったし、自分が惨めだったし、

いつも悲しみに押しつぶされそうでつらい毎日でした。

ただ、私はなんとかその状況に耐えようと、また

『なんで、自分は普通の人のように楽しそうにできないのだろう?』

という疑問を解決する事に、時間とエネルギーをかけ始めたんですね。

占星術を学び始めたのも、この一つ。

古今東西、様々な本を読み、どうにかこうにか突破口を求め疾走したのも、この一つです。

暗くてつらい、惨めで悲しくて切ない毎日を過ごしながら

私はひたすらひたすら耐え、ひたすら踏ん張り

孤独と付き合いながら、書物に目を向けました。

あれから数年。

ぼくは、思うんです。

●『あの惨めでつらい大学時代が、僕の核になっている』と。

こう言う仕事をしている以上、社会人になっても勉強は続けていますが

私の中の核のような部分は既に大学時代に出来上がってしまったように感じるんです。

僕の中の「0から1」を作ってくれたのは間違いなくこの時期なんですね。

そのいわば、核となる部分があるからこそ、努力が積み上がって行く。

木に例えると、幹が出来上がっているから、枝葉が伸びるというか。そういう感じなんです。

作家の村上春樹さんも、自分の文章の核の部分は

大学時代の経験と読書で培われたというような事をエッセイを書かれていてそれを読んだ時

『あー、世界の村上さんも自分と似たような道を歩いていたんだ。』

と、妙にうれしい思いをした事を今でも覚えています。

そして、今。

苦しみながら孤独の中で学んだ一つ一つの経験と知恵があって

はじめて鑑定ができたり、アドバイスができたいするわけです。

そう、孤独の経験が、皆さんとの尊い出会いを作ってくれたといっても過言ではないわけです。

占星術を勉強するとはっきり分かる事が一つあります。それは

●『運勢は必ず変る』ということです。

これは実際に数字、データとして出るので、はっきり分かります。

どんなに孤独で苦しい毎日を過ごしていても、そのままでいられない時期が、

誰にでも来るんです。

誰からも必要とされない、つらく悲しい孤独の毎日が

大切な人から必要とされる、尊く喜びに満ちた毎日を作ってくれるんです。

私のところには、連日のように

『毎日つらい。。。』『悲しい。。』『誰にも心を許せない。。。』

という心の叫びが届きます。

だけれども、私は自分が経験してきた事ですから、胸を張って言えるんですね。

『間違いなく、その経験が人から必要とされるあなたを作ってくれます』と。

余談ですが、いつも私を応援してくれる、大切なA型のパートナーはこう言うんです。

「わたし、B型の男って仕事でも絶対パートナーシップ組みたくない、相性悪いと思っていたけど

苦労を知っているB型は逆に良いかもしれないわね!」と。

、、、たまには苦労もするもんです(笑)(トレバーがB型ってばれましたね笑)

寒さも厳しく、町のにぎわいが増せば増す程、孤独感が身にしみる季節になりました。

この際、綺麗事や、生温い事を言うつもりはまったくありません。

孤独はつらいです。かなしいです。

だけれども、そんな事を味わえるのも今しかないかもしれません。

この孤独感が、のちのち大切な出会いを連れてきてくれます。

●『孤独が大事な出会いを連れてくる』

その事を頭のどこかにおいてもらえたらうれしいなと思います。

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~
  3. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  4. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?

関連記事

  1. For you

    『運貯金』と『運借金』

    今日はとても重要な話をします。(いつも重要な話をしているつもりでは…

  2. For you

    「私だけの仕事」を見つける方法

    Quite frankly , the American Expres…

  3. For you

    食費をあげてダイエット!?

    年末年始の暴飲暴食(汗若干お腹周りがふっくらしてきて、…

  4. For you

    不安の取扱説明書

    僕は、自慢するほど我慢強いわけでもなく意志が強いわけでもなく…

  5. For you

    結果が出ない原因

    『頑張っているのに結果が出ません。。。』『なぜかいつも災難ばか…

  6. For you

    あの子からのメール、あなたからのメール

    ただの文字の羅列、でも,どうしようもなく心が揺さぶられる。…

  1. Making Destiny

    小さくても喜べる人が運がいい
  2. For you

    すごい人を惹きつけるテクニック
  3. For you

    ランチに誘え
  4. For you

    気になることを言われたら
  5. Making Destiny

    ほんとの”オリジナリティ”
PAGE TOP