メルマガ

うまくいかない時ほど、絶好運!

緊急事態宣言の延長の発令されて、何かと気持ち的に落ち込んでしまわれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

昨年の2月以降、まさにコロナの影響で、各方面で二極化が進んでいるという風に言われています。

はっきりと見えやすい部分が、経済的な格差と言えるでしょう。

各国の中央銀行が、一時的な救済という名目で、じゃぶじゃぶとお金を刷っては配り、刷っては配りを繰り返しているわけですが。

そのお金の行き先は、ほとんどの場合局所的に、一部に集まっているのが現状です。

アメリカではgoogleやamazon、ちょっと前だと、半導体銘柄や、テスラ株に大量の資金が流れ込み、ちょっとしたバブル状態でした。

日本でも日経平均株価は、足元多少もたついてるとは言え、一時期は16000円台まで低下したところから、すでに3万円近辺まで回復しています。

つまり、にお金はあるところにはあるのですが、残念なとこになかなか広く、まんべんなく、ムラなくて渡っているわけではありません。

これはの活動の中では、なかなか苦しい状況で、現場で走ることに、そろそろ疲れてしまったというかたもいらっしゃいます。

でも安心してください、占星術師としては、そういう方ほど、僕はこれから楽しみだと思っています。

なぜならば、いつも黄色信号が灯っているのは、絶好調な時だからなのです。現状でちょっと苦しいぐらいが、先があるのです。

占星術を使って、僕自身が一番役立ったなあと思う、どこだと思いますが?

この点において、ほとんどの方が誤解されているという事実があります。なぜならば、多くの方が想定されるものと僕の答えは、逆だからです。

多くの方が、占星術で運勢を読み解くことで、いつチャンスが来るとか?いつ運命的な出会いがあるとか?

そういうチャンスをつかむという意味合いにおいて、占星術の答えに、大きなご関心をお持ちかと思います。

もちろんそういった点でも占星術は使えるのですが、一番重要な点と言われれば、僕は迷わずこう答えます。

「絶好調の時に潜む、盲目的なリスクを回避するため。」

そう。占星術は、リスクを回避するために非常に役立つツールだということが言えるのです。

絶好調の時というのは、それだけで気持ちが大きくなっていますし、行動も非常に雑になっている部分があります。

つまり、そこに、既に破綻のリスクが潜んでいるということが言えるのです。

絶好調なときほど、人は天狗になってしまったり、万能感に支配されて、これから全てが順調に進むかのように感じてしまいます。

そして一番怖いことが、人の意見を聞かなくなってしまうこと。誰かの忠告を聞けなくなってしまうことなんです。

自分自身が客観的に判断することができない、このような状態が一番強い状態だということが言えるのです。

過剰に興奮している時に、人は冷静な判断ができませんし、気持ちがハイになっているので危険を察知する感覚が鈍っています。

私の場合、各企業様のお手伝いもさせていただいていることもあり、このことを非常に実感しているのですが。

社長が乗りに乗って気分が高ぶり、人の意見を聞けなくなった時が、その歯医者の一番危険な状態なのです。

先日ある社長様からこんな相談をいただきました。ちょっと困ったことになり助けて欲しいとのことでした。

わかりやすく言ってしまうと、数千万単位の損害を出してしまい、このままでは今期赤字に転落してしまうということなのです。

この社長様が私の鑑定に来てくださったのは、おおよそ3年前のことでした。

店舗型のお仕事をされており、まさに、当時は破竹の勢いで、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長をされていました。

この社長様は起業当初から非常に占いなどに興味が終わりで、新店舗を出されるタイミングや、ビジネスパートナーとの相性など、占い師さんに見てもらっていたそうです。

ただその場合の占い師さんが、ちょっとした大人の事情で、鑑定してもらうことができなくなってしまったということで

その流れで僕のところは来てくれました。

絶好調なのになぜ占いに興味があるか不思議だったのですが、その方曰く、「なんだかうまくいきすぎるのも怖いものなんだ」と

本当なのか、謙遜なのか、真意が掴めないような言葉をおっしゃっていました。

まあ勢いのあるし、社長も元気がいいし、パッと見何の問題もないように感じるこの会社。正直私は第一印象ではあまり心配をしていませんでした。

しかしです。

ホロスコープ見た時に、そろそろ潮時。つまりブレーキを踏まなければならないタイミングが来ているとリーディングしたのです。

あなたも既にご存知の通り、音声で言うものは、良い時期もあれば悪い時もあります。常に上下に動くのです。

ですから調子の良い時に、未来の悪い運勢を捉えたらそこに向けて徐々にブレーキを踏んで行かなければならないのです。

ただし、これがめちゃくちゃ難しいのです。

現状では、何の問題もないのです。おもしろいほどにすべてがうまくいくのです。だからこそここでブレーキを踏むことは、チャンスロスに感じてしまうのです。

すべてがうまくいってるのだから「今こそチャンスの時。もっと攻めなくちゃ」となります。

この社長さんだって、調子の良い時に僕のところに来てくださったわけですから、多少の警戒心はあったはずです。

それでもそういう忠告に、素直に従って行動に移せる人というのは、正直なところなかなか難しいのです。

僕はしつこいぐらいに伝えました。少しペースを落としましょう、そろそろ足元を固めましょう。売上ではなく、スタッフも幸せを考えてあげましょう。

何度も何度も伝えました。しかし分かっているんです。彼にとっては、そんな話ははっきり言ってつまらないものだと。

「もっと攻めても大丈夫」「もっと拡大しても大丈夫」

そのような励ましが欲しかったんでしょう。僕もこの仕事が長いので、目の前の方が何を言って欲しいかぐらいはかかります。

しかし僕は彼に、がっかりされることを分かっていながら、僕の思ったことを伝え、それ以降彼との連絡が途絶えました。

そして事件が起こったのに。

リーディングの通り。彼の右腕の優秀なスタッフが謀反を起こし、彼の会社から多くのスタッフを引き連れて独立してしまいました。

当然のことながらお客さんもそちらに流れてしまい、本体である社長さんの会社の売り上げが激減してしまったのです。

聞いてみたところ、社長様この右腕の方に、それほどお給料も渡していませんでしたし、特別待遇していませんでした。

つまり心のどこかで、「こいつは俺を裏切るはずがない」という慢心があったのです。

このように、絶好調な時ほど強いのです。

それに比べ苦しい状態の時というのは、少しずつ今の状態を改善させようと、頭がフル回転している状態です。

確かに目に見えた成果がすぐに出ていなかったとしても、あなたには確実に力も運気も宿ってきています。

後はそのタイミングが来れば、あなたは間違いなく飛躍できるのです。

今辛い状況にいらっしゃる方。そんな方ほど、2023年以降は非常に楽しみだということが言えるのです。

今はまだ諦めるタイミングではありません。あなたにはまだ長い人生、そして多くの幸せが待ち構えているのです。

その喜びに出会うまでは、体を休めつつも、まだまだ諦めないでください。

繰り返しますが、今絶好調であるよりも、今絶不調でいることの方が、長いスパンで見た時には、正しい状態でもあるのです。

ピックアップ記事

  1. セミナーを開催しました
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. あ、また1位になってる!

関連記事

  1. メルマガ

    不幸願望!? ~あなたは不幸になりたいの?~

    『幸せになりたいんです!』世の中のほとんどの人がこのようにおっ…

  2. メルマガ

    魔にひかれる。

    『魔にひかれる』我々の世界でよく使われる言葉です。聞いた事あり…

  3. メルマガ

    天職を探して路頭に迷わないために

    自分の天職を知りたい。こう思う人はとても多いはずです。私の…

  4. メルマガ

    大きな夢が実現しないワケ

    『夢は、年収1億、豪邸に住むことです』『私は将来、セレブ生活を手に…

  5. メルマガ

    人生は平泳ぎのようなもので

    最近スイミングなんてやってないなぁと思う今日この頃。真冬に水泳…

  6. メルマガ

    イライラから生まれた大発明

    イライラ、イライラ、、、ムカムカ、ムカムカ、、、なかなか現代と…

  1. Making Destiny

    「やってよかったな」は、人生を変える
  2. Podcast

    【第5回】大きな夢を持たない
  3. さそり座

    Podcast

    【第212回】結果を出す人の秘密。実は彼も、、、
  4. Making Destiny

    自分らしい仕事
  5. Podcast

    【第144回】一番重要な開運グッズ
PAGE TOP