Mail For You

誤解で人間関係を壊す前に

最近、「人間関係に困っている、コミュニケーションに悩んでいる」

というお悩みを多く頂くようになりました。

(占いに関することよりも、結構普通の相談も多いんです、もちろん大歓迎です!)

もちろん「先天運的にあなたはこういう要素を持っていて、●●をすればうまくいきます!」

なんて言えばちょっとはかっこいいのでしょうが(笑)

そこまでしなくても、ちょっとした工夫でコミュニケーションというのは

だいぶ良くなるので今日はそんな話。

『コミュニケーションの極意、これだけは覚えておきましょう。』

コミュニケーション術の本などを読むと大体のテーマが

●いかに、相手に自分の考えを伝えるか。
●いかに、相手に信頼を持ってもらうか。

になるかと思います。

もっと思い切って言い切る、

恋愛攻略本にしても、ビジネスコミュニケーション本にしても、

『相手にいかに自分の主張を飲み込んでもらえるか』

というのが、一番のテーマとして書かれているように感じます。

そのために、各種テクニックや、ラポール(信頼関係)の取り方から

ちょっと怪しげな、気功術まで(笑)

いろんな技法が紹介されているようです。

もちろん、これらだってとても効果があると思いますし、

知らないよりも知っていた方がいいともいます。

ただ、ぜひとも覚えてもらいたいことがありまして、それは、、、

●大前提として自分の考えは、驚くほど人に届いていない!

ということ。

説得とか、誘導とか、いろいろ『より良い伝え方』が語られていますが

それ以前に相手にそもそも自分の考えが伝わっていないのです!

そして(ここが重要なのですが)

●往々にして、人はしゃべりすぎている。それが重要な情報をぼかしている!

ということなんです。

私は学生時代、予備校に通っていたのですが、

そこで出会ったすばらしい先生の言葉が、今でも私のコミュニケーションの根底にあります。

たしか、授業中にある学生が

『予備校の先生になるにはどうしたらいいですか?』

という質問に対しての回答だったと思います。

*****************************************

『正直ね、僕らはいくらでも難しい話もできるし、高尚な話もできる。

予備校講師って言うのは人気商売ですから、そんな話に走る先生がいるのも確かです。

僕だって、言っちゃ悪いけど「先生すごーーい」って思ってもらえるような話

幾らだってできるんですよ(笑)

でもね、どんなに僕がかっこいい話をしても、それが君たちの役に立たなきゃ、

教壇に立って話す意味はないんですよ。

君たちはまず、大学合格を目指している訳ですよね?

英語以外にも、覚えることが山ほどあるわけです。

そんな状況の中で、僕ら教師が覚えておかなきゃいけないのは

●『何を教えるか?』じゃなくて『何を教えないか』なんです。

情報というのが多ければ多いほど、大切なものがぼやけますからね。

まんべんなく教えるのではなく、いかに教えなくても良い部分を作っていくかが、技術なんです。

ここがわかれば、いい先生になれると思いますよ。

自己顕示欲にかられたよけいな話なんて、教師である僕はできません。』

*****************************************

●『何を教えるか?』じゃなくて『何を教えないか』なんです。

これが、コミュニケーションをとるときに、僕が常に考えていることです。

どうしても、何かを伝えようとすると、言葉が多くなってしまいます。

自分を大きく見せたいと思うのは人間の本能ですから無理もありません。

ただ、コミュニケーションがうまくいかない代表的な原因の一つが

『しゃべりすぎ』です。

先ほど触れたように、情報が多ければ多いほど、大切なことがぼやけてしまう。

つまり頑張れば頑張るほど、相手に伝わらなくなるというジレンマに陥るのです。

言葉にするのは簡単です。でも言葉を減らすって結構難しいです。

だからこそ、今週だけちょっと以下のテーマを持ってコミュニケーションとってみませんか?

●『何を伝えないかを考えてみる。』

その上で

●『言葉の数を、今までの80%にしてみる』

逆説的ですが、『何を伝えないか』を考えると、自然と『何を伝えるべきか』が出てくるんですね。

これを心がけるだけでも、言葉の重みが変わってきますし、伝わり方もかなり変わります。

やってみてくださいね!

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. セミナーを開催しました

関連記事

  1. Mail For You

    低運気からの抜け出す方法

    『最近、運が落ちてきてしまって、、、どうしたら良いでしょうか?』…

  2. Mail For You

    自ら人生を苦しくしないで

    先週『人生は修行じゃないんだから』ってメルマガで書いたら案の定…

  3. Mail For You

    人生を変える合い言葉は、●●●●●!?

    前回タイミングに関するお話をメルマガに書いた所、かなりの反響を頂きまし…

  4. Mail For You

    マインドコントロール

    皆さん、こんにちは、トレバー・ディフレーンです。この事はコメン…

  5. Mail For You

    大きな夢が実現しないワケ

    『夢は、年収1億、豪邸に住むことです』『私は将来、セレブ生活を手に…

  6. Mail For You

    結果がすべてじゃないと人は言うけれど

    「今年一年どんな一年でした?」この言葉を耳にするたびに、なんだ…

  1. Making Destiny

    脳を汚さない
  2. Making Destiny

    予想外を意図的に起こす。
  3. Mail For You

    恐怖心と向き合う方法
  4. Mail For You

    欲張りが上手く行かない訳
  5. Podcast

    【第4回】環境を整える
PAGE TOP