For you

可能性をノックしよう!

12月も最終週。

今年最後のメルマガとなりました。

当然のことながら、読んでくださる方、感想を聞かせてくださる方がいらっしゃるからこそ、今年も継続することができました。

本当にありがとうございます。感謝です。

今回は、今年最後なので、これからの時代、一番大切なんじゃないかって思うことを、お話ししようと思います。

●子供達の将来

米デューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソン氏が

2011年8月、ニューヨークタイムズ紙のインタビューで、このようなことを語っています。

『2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう』

あなたの子供の頃の夢はなんでしたか?

サッカー選手?

お花屋さん?

パイロット?

アイドル???

堅実なところで、サラリーマン(笑)???

きっとあなたも『将来こんな仕事に就きたい』という夢があったはずです。

それは、今も昔も同じこと。

現役小学生も、あなたと同じように『いつか僕も、あんな仕事がしてみたい』と思っています。

しかし、それは(大人のあなただからこそ言っちゃいますが(笑))

叶わぬ確率の方が高いのです。

だって、多くの子供達は、今は存在すらしていない、

つまり、夢にすら描けない仕事に就くことになるのですから。

これは、なんとなく予想できますよね。

ほんの10年前。

スマホもありませんでした。

Facebookもありませんでした。

震災もありませんでした。

政権交代もありませんでした。

ゆるキャラもありませんでした。

消費税は5%でした。。。

一言に『サラリーマン』と言っても、10年前と今じゃ、職場環境、働き方、業種業態などなど

すべてがガラリと変わっています。

社会は、今この瞬間にすら、激しく変化し続けているのです。

この変化が未来はもっと激しくなって、

今はまだ存在すらしていない仕事に、多くの子供達が将来就くことになると、予想されているのです。

こんな時代。

もし、あなたに小学生のお子さんがいらしたら、どんな教育をつけてあげますか?

大人の引いたレールを、きれいにまっすぐ歩くための教育でしょうか?

それとも、未知なる領域であったとしても、力強く進んでいくための教育でしょうか?

答えは明白ですよね。

そして、そのような影も形もない未来の社会で、力強く生きていく力は、

もはや小学生だけの話ではなく、我々大人にとっても、絶対不可欠の力なのです。

●活躍できる仕事は何?

『私の強みを生かして、もっと人から評価される仕事はなんですか?』

『もっとお金を稼げる仕事はなんですか?』

連日のようにこのようなご相談をいただきます。

しかし、この問題に向き合う時に、僕らは、ある残酷な現実を受け入れなくてはいけません。

それは、『今ある業界は、既に先を行っている人が存在している』ということ。

僕は占星術を使ってその方の強みや、長所を見つけていく仕事をしているわけですが

困ったことに、成熟してしまった今の日本では

ほとんどの業界に先行者が存在します。

『ビジネスはタイミングが命』と言われます。

先行者というのは、それほどまでに優位なポディションを取っています。

彼らを追い抜いて一番になるのは、本当に困難なのです。

●『そこそこ』は『かなり、苦しい。。。』

もちろん、『そこそこ』のポディションでいいのであれば問題ありません。

『そこそこ』のポディション、『そこそこ』の報酬。

でも、残念ながら、誰もが想像している『そこそこ』は、結構苦しいポディションなのです。

日本も格差社会に入りましたから、『1位』と『それ以外』の間には雲泥の差があり、今後もその差はどんどん開いていきます。

数年後の『そこそこ』は『かなり苦しい。。。』なのです。

●ほんとに、それで、満足なの?

それに、占星術だったりスピリチュアルだったり、

そういうものに興味を持つ人が、『そこそこ』で満足出来るわけないですよね。

僕だってそうですから(笑)

自分じゃなきゃダメと言われたい。一番になって、もっともっと世の中に自分の名前を広げたい。

そういう自己顕示欲の強さが、自分の使命への追求を促します。

きっとあなたも『あなたじゃなきゃいけない、何か』を切実に求めている一人なのです。

一番になりたい。自分じゃなきゃダメだと言われたい。

そう願うことは、恥ずかしいことではありません。立派なことです。

けれど、そんな立派な願いも、今ある仕事、先行者がいる分野では、もはや叶わない願いなのです。

●予備校業界の昔と今。

先日、本屋さんに行って、大学受験参考書のコーナーを覗いてみました。

売れている参考書、売れている予備校講師の名前は、10年前と、びっくりする程、全く変わっていないのです。

それほど、既存業界の世代交代は起こりにくく、後発組が先行者を追い越していくのは、本当に大変なことなのです。

だからこそ、覚えておいて欲しいことがあるんです。

●自分で山を作る

人は、高い山を見て憧れます。

『あの人のようになりたい』

『あんな風に輝きたい』

その山が高ければ高いほど、なおさらです。

でもね。

あなたが憧れる山は、誰かの山なのです。

どんなに惹かれたとしても、それはあなたの山じゃないのです。

何事も、先駆者、創業者が一番スポットライトを浴びます。

ソニーしかり、ホンダしかり。ピカソしかり、モーツアルトしかり。

歴史に名を残している人は皆

『高い山に登った人』ではなく『高い山を創った人』なのです。

もし、あなたも、自分じゃなきゃいけない何かを手に入れたいのであれば

やっぱり『高い山を創った人』にならなくてはいけません。

それは、今はなき山を、あなた自身が創造することに、他ならないのです。

●道なきところに道を作る

今も昔も、スターと呼ばれる人は『道なきところに、道を作った人』なのです。

しかし、ほとんどの人は『すでにある道を歩こうとする人』なのです。

つまり計画を立てようとするのです。

だから、『そこそこ』で終わってしまうのです。

未来が見えなくて不安になる気持ちはよくわかります。怖くなってしまう気持ちもよくわかります。

だからこそ、目に見える道や計画が欲しくなるわけですが、それじゃあだめなんです。

計画が立てられる時点で、それはすでに今ある世界を前提にしています。

つまり、無意識に『誰かの山』を目指しているのです。

何度もお伝えしたように『誰かの山』には、すでに先行者がいます。

その人を超えることは、あなたがどんなに有能でも、ほぼ無理なのです。

もし、あなたらしく輝きたいのであれば、

必要なのは『計画』ではなく『偶発』なのです。

●可能性をノックしよう

可能性をノックしよう。

先が見えないところへ飛び込もう。

新しい山を造るということは、今存在しない山を造るということ。

つまり、何が山になるのかわからないのです。

だからこそ、先が見えない可能性をノックし続けるしか方法はないのです。

『どうなるかわかるもの』にはすでに先行者がいます。

これでは、勝負になりません。

むしろ、『そんなことやって、何か意味あるの?』って思われることの方が

これからの時代、あなたの強みになっていくのです。

これが、『自分だけの山』を造る唯一の方法なのです。

●チャンスは『無意味なところ』に存在する。

先ほど述べたように、ほとんどの人は、目に見える計画やルートを求めます。

言い方を変えると『メリットが目に見えるもの』に飛びつきます。

資格とか、その顕著な例ですよね。

でも、『メリットが目に見えるもの』は、他の誰かも目指しています。

あなたより優秀な人が腐るほどいるのです。

そんな道を選ぶ必要はありません。

誰もが目指す道は、『あなたじゃなきゃいけない道』ではありません。

『他の誰でも良い道』なのです。

あえて人が見向きもしない、無意味に思えるところに飛び込んでみる。

その姿勢が、『あなたじゃなきゃいけない道』を作っていくのです。

●イメージを越えろ!

僕が常々会員さんに行っているのが『イメージを越えろ!』ってこと。

所詮、今の自分がイメージできることなんて

狭い世界の話、すでにある世界の話なんです。

あなたが、あなたらしく存在するには、イメージなんてできっこない

存在すらしていない世界を目指していかなくちゃいけないのです。

先の見えない時代。

それは、あなたに無限の可能性がある時代でもあるのです。

かつては職業も、結婚相手も、自分で決めることができませんでした。

でも、今の時代は、できるのです。

あなたじゃなきゃいけない道を作りましょう。

打算なんか捨てて、可能性をノックしましょう。

2015年。

あなたが本当の意味でオンリーワンになる

その元年になることを祈念しております。

お互い頑張りましょうね!

では、良いお年をお迎えください。

ピックアップ記事

  1. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~
  2. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?
  3. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方
  4. Podcastで一位頂きました!

関連記事

  1. For you

    人生を好転させる3ステップ

    状況を好転させたいけどうまくいかない。。。頑張っているのに結果が出…

  2. For you

    全てを自分一人で抱えるな!

    『全て自分の事として捕らえよ』社会人になったらまず最初に言…

  3. For you

    美人というのは得なのか?

    ハンサムスーツってご存知ですか?去年大ヒットした映画なのですが、いわゆ…

  4. For you

    占い大好き!あなたは大丈夫?

    占い師がやたら矛盾したことを言うようですが(笑)そこは最後まで…

  5. For you

    不幸願望!? ~あなたは不幸になりたいの?~

    『幸せになりたいんです!』世の中のほとんどの人がこのようにおっ…

  6. For you

    水曜日から始まるカレンダー

    今週も当たり前のようにやってきましたね、日曜日の夜(笑)『サザ…

  1. Making Destiny

    見られているのは、あなたの方?
  2. 2019年の運勢 星座別

    2019年おとめ座(乙女座)の運勢を占いました
  3. Podcast

    【第147回】トレバー流、人を動かす技術
  4. For you

    いらぬ劣等感
  5. For you

    想像以上にキケンな後悔!?
PAGE TOP