Mail For You

好き勝手仕事がしたい!?

世間はゴールデンウィーク真っ只中ですね!

みなさんどうお過ごしですか?

僕は、もちろん、、、お仕事です(笑)

独立してから、仕事とプライベートの境目がほとんどなくなっちゃったので

当然、祭日って概念があまりないのです。。。

休みたい時に休めるってのはもちろんありますが、

なかなか、思いっきりホリデーをエンジョイ!

なんてのは難しいですね(汗

ところで、お仕事というと

『好きなことを仕事した方が、うまくいくか?』

って議論がありますよね?

僕のところにもこの手のご相談、よくいただきます。

今日はこれに、ついて少しお話ししたいと思います。

●極論で考えない。

まず何でもそうなんですが、

『極論で考えない』

『いい面と悪い面、両方がる』

って考えておくことが重要です。

日本人って、二極論が好きなようで、白黒はっきりさせたいと思うんですが

物事ってそうじゃないですよね。

良い面もあれば、悪い面もある。

その両方を客観的に見て、判断することが重要です。

まずはこれが前提になるので、押えておきましょう。

●『好きなことを仕事にする』の良い点。

では、まず『好きなことを仕事にする』の良い点を見ていきましょう。

『楽しく仕事ができる???』、、、NO!

どんな仕事にもストレスはあります。

『好きなことをして、ワクワクしていれば、儲かる???』、、、NO!

お商売って、そんなに単純じゃありません(笑)

じゃあ、『好きなことを仕事にする』の良い点の良いところってなんでしょう。

一言で言うと、、、『やめられない事』です(笑)

●目が出るまでに時間がかかる

ご経験上わかると思いますが、

仕事って、ある一定期間ずっ続けないと、なかなか力がつきません。

3ヶ月くらいで、『私にはこの仕事あってない、、、』って

やめちゃう人もいますが、それはちょっと注意です。

いきなり楽チンにできる仕事なんて、そうあるもんじゃありません。

やっぱりお仕事ですから、それなりのストレスがあったり

自分自身のスキルを上げる必要が出てきます。

これには、仕事しながら、もがく期間てどうしても必要なんですね。

初日から、ぽんと上手く行っちゃう方が珍しいんです。

となると、そもそも『仕事が楽しいな!』って思えるには

『ある一定期間続けなくちゃいけない』っていう

当たり前の結論に辿り着きます。

でもね、これって、結構難しい。

特に、嫌いな分野、やりたくない仕事は、

いつもこんな誘惑が頭をよぎります。

『1日でも早く、やめてしまいたい。。。』

でも、好きな事を仕事にしていれば、多少はこの誘惑が起こってきても

【なんとなく】続けられちゃうんです
^^^^^^^^^^^^^^^^^

この、【なんとなく】が一番重要。

『理由はないけど、、、理屈はないけど、、、』

『もう少しだけ続けてみようかな、、、』

こういうモチベーションが、あなたと仕事を繋げてくれます。

そうこうしているうちに、仕事にもなれ、本当に好きが仕事になっているんです。

ですから、『好きなことを仕事にする』の良い点は、『やめられない事』。

なんとなく、続けられちゃう事なんです。

●『好きなことを仕事にする』の悪い点。

じゃあ、逆に悪い点、デメリットはなんでしょうか?

これはもう明白。ズバリ

『ニーズに合わないと、仕事にすらならない』って事。

当然な事ですが『仕事 = 人様、企業様から、お金をいただく事』です。

つまり、お金を払ってくれる人がいないと、仕事にはならないのです。

(もちろん、お金がいらないなら、趣味で良いですよね。)

でもね。

『お金を払ってくれる人がいないと、仕事にはならない』って当たり前のことが

ここがどうして、抜けちゃう人が後を絶ちません。

どれだけ好きなことでも、どんなに価値を感じていることでも

自分ではなく【他人が】価値を感じてくれないと、仕事として成立しません。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そして、ほとんどの場合、

『自分が好きな物 = 相手が欲しがっている物』

という関係になるのは、非常に稀なケースなんです。

『自分が好きな物 ≠ 相手が欲しがっている物』

という関係の方が、9割なのです。

●仕事運の問題じゃない。

こんな事僕が言うと、『占い師のくせにえらそーに!』って

そう思われちゃうかもしれないけど、、、言っちゃいます(笑)

『●●で、独立しようと思っています。上手くいきますか?』

『●●の資格の勉強しています。これで将来食べていけますか?』

この手のご相談すごーーーーーく多いのですが。

一度『そのサービス(商品)、誰がお金払ってくれるの?』

って考えて欲しいんです。

これは仕事運とか、金運とかの問題じゃなくて

うまくいかない時は大抵、そもそもの仕事の組み立て方が間違っているんです。

どんなに、好きな事を仕事にしても、それを求めてくれる人がいなければ

それは、仕事になりません。お金を払ってもらえないのです。

でも、『好きなことを仕事にする』という言葉には、どこか

『好きな事をしていれば、自然と人が集まってくる』という、

まったく根拠のない誘惑を含んでいるのです。

この、誘惑にとらわれてしまうのが一番怖い。

これが、一番のデメリットですね。

『好きなことを仕事にする』の悪い点は、

『ついつい、ニーズを無視してしまいがちになる事』なんです。

●じゃあ、どっち?

じゃね、結局どっちなんだよって話なんですけど(笑)

これは、僕の個人的意見です。

その程度に聞いてもらえればいいのですが。。。

『好きなことを仕事にする』に対する僕の意見は。

『1ヶ月以内にそれで仕事が見つかって、収入が発生すればOK』

『じゃなきゃ、一旦保留』

これだけ。

結局ね、そもそも『仕事がスタートし、お金が発生しないと、この議論は意味がない』んです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

好きな事で、仕事が見つかる。だったらやればいいんです(笑)

ニーズがあるって事ですから。

でも、たいていの場合、自分の好きな事を仕事にできていない時ほど
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

『好きなことを仕事にするってどうなんだろう?』って悩むんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

つまり、その段階では、自分の好きな事にお金を払ってくれる人がいないです。

だったら、一旦仕事は仕事と割り切って、できる事から

就職できた仕事から始めちゃいなよ。

って思うわけです。食べていかなきゃいけないんだから。

●もう永久就職の時代じゃない。

でね、ぜひ覚えておいてください。

『1つの仕事で平穏に暮らせる時代じゃない』

冒頭で、ある程度同じ仕事を続けてないと力つかないよ、って言いましたが

でも、現実には、同じ仕事を10年、20年続ける事

なかなかない時代なんです。特に若い人に関しては。

どうせ、いずれ仕事は変わるのです。

それくらいの軽い気持ちで、今の仕事に取り組んでください。

『一生、こんな嫌な仕事を続けるんだ、、、、』

って、思うとつらいじゃん。

でも、

『いずれは、この仕事も変わるんだろうなー』

『一生のうち、1回くらいは、好きな事を仕事にできるかもなー』

って、思っていてください。

現実は、そういうもんなんだから(笑)

極論で考えない。

今やっている仕事にあまりやりがいを感じられなくても

いずれは、自然と『好きなことを仕事にする』タイミングがやってきます。

『好きなことを仕事にする』のは、その時でもいいんじゃない?

そんな気持ちで、今日も僕は仕事をしています(笑)

お互い頑張りましょうね。

ピックアップ記事

  1. あ、また1位になってる!
  2. Podcastで一位頂きました!
  3. セミナーを開催しました

関連記事

  1. Mail For You

    いらぬ劣等感

    この仕事をしていて、一番残念だなーって思う時って、『あー、この…

  2. Mail For You

    人の力を巻き込む方法

    結局のところ運の良い人というのは、周りの力を巻き込むのが非…

  3. Mail For You

    当てにいくから、当たらない?

    先日、ある初体験をしました。それは何かというと『ゴルフの打ちっ…

  4. Mail For You

    自分自身を満たすのに罪悪感を感じます。。。

    大切な人。それは親だったり、恋人だったり、友人だったり、先輩だ…

  5. Mail For You

    頑張りすぎて上手くいかないワケ

    僕は常々『チューニング』という言葉を使います。辞書的には『調律…

  6. Mail For You

    絶好のスタートで運気上々

    今年も早くも12月となり、残り約一ヶ月となりました。2013年…

  1. Making Destiny

    問題が見えていないことがいちばんの問題
  2. Podcast

    【第83回】口癖を変えても人生が好転しないワケ
  3. Making Destiny

    My Notebook
  4. Mail For You

    流れを読む方法
  5. Making Destiny

    自由の代償
PAGE TOP