For you

世間に自分をさらけ出そう

この前、ちょっと仕事の用事があり
渋谷のとある居酒屋に入ったんですね。

僕はあまり居酒屋が好きではなく
でも、付き合いなので仕方なく入ったのですが。

そのお店、、、最悪でした笑

もう、刺身の色もくすんでいたし
鍋のお魚も大丈夫?って感じ(笑)

それに、定員さんを呼んでもなかなか来ないし
テーブルも片付けてくれない。

レストラン派の僕には、あまりの酷さに
かなりイライラしました(笑)

でもね、こんなひどい店すぐ潰れるかというと
そういうわけでもなく、何とこの日も超満員!

入り口でお客さんは列をなしているわけです。

しかも僕の記憶が確かならば
このお店、数年前からずっとあるお店で
激戦区の渋谷で生き残っているのです。

不思議に思いますか?
でもね、これが現実。

そして、これが今日ちょっと考えて欲しいことなんです。

確かに僕自身は、このお店は正直嫌い(笑)

料理は僕の口には合わないし、狭いし
何より空気が悪いし、いいところを見つけられません。

でもね。

そんな空間やクオリティが好きな人も
少なからずいるわけです。

だからこそ続けていられるわけですから。

●人の価値観は人それぞれ
●クオリティと低いと自分が思ってもニーズはある。

僕らはどうしても自分の主観で
いいもの、悪いものを判断してしまいます。

しかし、いい悪いって、すごく曖昧で
人によってバラバラ。

自分の価値観が少数派だってこともあるんです。

でね。

この自分の価値観ってことに縛られないで欲しいのです。
そして、それを自分に置き換えて考えて欲しいのです。

例え自分が未熟だ、まだまだだと思っても
外に打って出ることを忘れないで欲しいのです。

先日ある占い師の卵さんに出会いました。

すごく勉強熱心でとてもよくいろんなことを
知っておられました。

リーディングもちゃんとできています。

「じゃあ、デビューすれば?」

って僕は思うんだけど、彼女いわく
「いやいや、まだ自分はお金をもらえるレベルじゃないんです」
っていうんです。

いやいや、そこはお客さんが決めることだから。
自分の価値観で決めちゃダメだよって話をしました。

先ほど居酒屋の例も挙げましたが
自分がダメだと思っても、それを喜んでくれる人も
存在するんです。

「わたしなんてまだまだ」
「お金をいただくなんて申し訳ない」

でも、それって自分の価値観でしょ?
自分で決めることじゃありません。

そして、僕にはそうやって言ってしまうこと自体
心のブレーキとしか思えないのです。

自分がまずいと思っても、それを欲しがる人もいます。
それを求めている人がいて
ちゃんとお金を払ってくれる人もいるんです。

つまり、もし、占い師として生計を立てたい
お金をいただきたいと思っているのであれば
いつまでも自分なんてダメダメなんて思ってないで
思い切って表に出る必要があるんですね。

たしかに、外に出るのは怖いです。

人の評価は、よければ嬉しいけれど、
酷評は多大なダメージを受けます。

僕だってそうです。

でも、それを恐れて
「自分はまだまだ」と言い聞かせ
いつまでも外に出て行かないと
何も始まらないんです。

占い以外ももちろんそう。

とにかく運が上がって行かない人って
勉強ばかりしすぎ。

外に出てない。営業してない。マーケティングしていない。

でもね。

確かなど実力を努力も必要だけど
それを広げる努力をすることも必要なんだよ。

それを怠って、いつまでも勉強ばかりしてても
道は拓けていきません。

ある人がまずいって思っているお店でも
何年も満席が続いているんです。

つまり喜んでいる人がいるんです。

それはしっかり営業して、マーケティングして
世の中に広げる努力をしているからなんですね。

クレームや人の評価を怖がらず
表に出ているからなんです。

いつまでもこもってないで、表に出ていきましょう。
自分に厳しい人ほど、ゴーサインはいつまでたっても訪れません。

自分で踏み出すしかないんです。

もし、本当に怖いんだったら
無料にすればいいんだから。

僕だって占い師としてデビューするのが
初めはすごく怖かった。

お金をいただくなんておこがましいと思ってたのです。

だからこそ初めは、無料でスタートしました。
すると、こんな僕でも
「お金を払うので詳しくみてください」
って人が現れたのです。

その方の後押しもあってサービスを始めたところ
今では、行列ができるまでになれたのです。

もし僕がいつまでも怖がって表に出なければ
今の自分はありません。

勇気を持って一歩踏み出したから今があるのです。

勇気を持って一歩踏み出す。
とにかく外に出ていくということも
努力の一部なんだってことを覚えておいてください。

表に出ないと、運が良い悪いという議論にすら
ならないレベルなのです。

それに、人って思った以上に優しいですよ。

自分が未熟と思っても、本当に涙を流しながら
喜んでくれる人もいるんです。

あなたが飛び出して行かないと、
その人の感動だって生まれないじゃないですか。

外に出よう。自分を社会にさらけ出そう。

僕も初めは怖かった。でも、
案外受け入れてもらえるものなんですよ。

ピックアップ記事

  1. Podcastで一位頂きました!
  2. 【第65回】あなたの成功は何室タイプ?
  3. 運勢をコントロールする方法 ~テスト費を作る~
  4. 【第68回】失敗しないチャレンジの仕方

関連記事

  1. For you

    夢や目標が重たくなってしまった時は!?

    既に1月も末です。時間が経つのも早いですね(笑)年…

  2. For you

    誤解で人間関係を壊す前に

    最近、「人間関係に困っている、コミュニケーションに悩んでいる」…

  3. For you

    焦らず、ゆっくり、落ち着いて

    仕事柄、私も多くの占い師やスピリチュアルカウンセラーと呼ばれる人に…

  4. For you

    60点でスタートする

    さて、実は週末に、サラリーマン時代の先輩に会いまして。彼は50…

  5. For you

    遊ぶからこそ開運できる

    ソチオリンピックの女子フィギュア。浅田真央選手もキムヨナ選手も…

  6. For you

    嫌いと言って投げてしまうのはもったいない。

    この前久しぶりにテレビをつけたんです。学校の問題を題材としたク…

  1. For you

    苦痛が自分らしさへの入り口!?
  2. For you

    大殺界の時、本当に注意しなくてはいけない事
  3. For you

    思考は現実化するってどういうこと?
  4. For you

    社会的弱者???
  5. Podcast

    【第112回】木星逆行、あなたは大丈夫?
PAGE TOP